のほほんタイ暮らし

<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧




羊水検査

サミティベート病院で妊婦健診を受けたとき、
同時に、羊水検査をしました。

年齢がバレますが、こんどの妊娠・出産は、“高齢出産”の域です。

今どき、30代後半や40代で妊娠して、
元気なベビーを出産している女性は沢山いるけれど、
やはり実際に第2子をほしいと思い始めて、妊娠しにくかったり、流産したり、
妊娠生活が体力的にも前回と違うということを考えると・・・

歳を重ねての妊娠は、若いときと違う、と感じています。

つまり、年齢を重ねての妊娠や出産は、
それなりのリスクも高くなっていることを実感。



子どもは授かり物・・・とは言っても、
夫の仕事上、今後も各地・各国を転勤していくライフスタイルで、
ベビーの状態によっては、“ケアー”の準備が必要な事も出てくるわけで・・・。

任意ではあるけれど、羊水検査を事前に受けることにしたのです。




じつは、産科担当医のサンキアット先生に会うまでは、
まぁいいっか・・・ 羊水検査しなくても。
という気持ちがあったんです。

だって、
お腹に針指すって、怖いだもの。
c0253488_16345536.jpg

(こうやって、羊水の一部を吸引します)

でも、先生に穏やかに
「私を信じてくださいね」 と言われると、不思議と安堵。

もちろん、羊水検査をすることでの、
流産の可能性やリスクについての話を聞きましたが・・・

やると決めたら、もう、問題はこれ1つ。
痛いのか、痛くないのか。




羊水穿刺(羊水を針で吸引)の時間は、ほんの1~2分。
その前後を足しても、ものの10分くらいで羊水検査は終了。

お腹を刺すときは、注射を打つくらいなチクリ。
子宮を刺すときは、ズキンと激しい痛みあり。

でも、時間が短かったので、看護師さんの手を握って何とかなりました。

生まれて初めて見た自分の羊水。
羊水っておしっこ色 なのね・・・・。



なぜ、羊水を採取するのか。
簡単にまとめると、羊水は胎児の代謝産物を含むので、その情報から
胎児発育や先天疾患などの診断を得ることができるということらしいです。

そして、2週間後に染色体解析結果が出ました。
「46,XX」 正常核型の女子 とのこと。
c0253488_1636455.png


日本での羊水検査は、場合によっては入院が必要だったり、
高額な検査料(5~10万円)が必要になると聞いたことがあります。

今回の羊水検査@サミティヴェート病院は、
即日検査可能で、羊水検査費は15000バーツ(約4万円)でした。



この検査結果を受け取って、思ったこと。
染色体レベルで、坊っちゃんには妹ができるの確定。
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-24 16:32 | 妊娠・出産

フィリピン渡航@タイ航空

そろそろマニラへ帰ります。
某国へ出張だったとぉちゃんも一足早くフィリピンに帰国しているし。


バンコクの空の玄関口、スワンナプーム空港へ。
c0253488_12251724.jpg

(沢山の窓口がオープンしていて並ぶことなく手続き中)

スワンナプーム空港の場合、これまでの利用経験から、
子連れ・妊婦、お年寄り・身体の不自由な人は、混雑時は、
ビジネスクラスカウンターで手続きさせてもらえるケースが多いです。

復路は、妊娠6ヶ月であることを告げると、
 “医師の診断書” 提示 を求められました。 (あればなお良し、な感じ)
サンキアット先生が診断書を持たせてくれていたので助かりました。


出国手続きエリアへ向かっていると、
あれ、中の様子がモニターで見られるようになっている。
c0253488_1226418.jpg

(搭乗者以外立ち入り禁止の出国イミグレーションエリア)

ここ、時間帯によってはものすごく混雑することがあるから、
混み具合を見ながら、時間を調節するのもいいかも。
 
そして、もう1つ変化が。
これまで搭乗口付近でのセキュリティーチェックが、出国手続き直後に。
c0253488_12272615.jpg

(靴やベルトまでX線に通して、細かいチェックへ)


さて、坊っちゃんですけど、
空港へ向かうタクシーの中から昼寝を始め、爆睡中。
c0253488_12274455.jpg

(またしてもThat's Thailandな写真撮影スポットにて)

しめしめ・・・。その合間に、タイ料理の食べおさめ
本当は「Mango Tree」(タイ料理レストラン)のヤムウンセンを
食べたかったけど、東西ウイング違いで遠かったので、適当にそこら辺で、と。
c0253488_1228045.jpg

(本日のタイカレーセット250B也。空港はどこも高いのよね・・・)

タイ土産に何を買ったらいいか、とよく聞かれるけど、
バンコク都内で買いそびれたものがあるのなら、これらの店がおススメ。
いずれも王室プロジェクトのブランドで、上質で素敵な物品が多いです。
山岳民族プロジェクトの 「DOITUNG」  
一村一品プロジェクトの 「OTOP」
c0253488_12283145.jpg

(空港内にもショップがあるので立ち寄ってみるのもいいかも)

そして、日本人のタイ土産の王道といえば、「JIM THOMPSON」。
c0253488_12285131.jpg

もしバンコクに観光で来て、時間があるのであれば、
ジムトンプソンが暮らした家 “JIM THOMPSON HOUSE” や、
アウトレット “JIM THOMPSON Factory Outlet” へ行くのもおススメ。

それに、2000B以上だったかな? 買い物をしたらVAT7%が返ってくるので、
会計時にTAX FREEの手続きをしておき、(&出国前に空港専用カウンターで手続き)
空港の東西ウイングにそれぞれ、TAXカウンターがあって、ここで現金が戻ります。

また、バンコク都内の免税ショッピングモール「キングパワーコンプレックス」
で購入した品物もここで受け取ることになります。
c0253488_12301840.jpg

(ウイング2つにカウンターが隣あってあるので便利)



話が戻って、さぁ飛行機に乗る前にトイレを済ませ・・・
ベビーカーごと入れる&おむつ替台もちゃんとあります。
c0253488_12304819.jpg

(荷物が多いときの小さなトイレは本当に不便よね)

いよいよマニラ行きの搭乗口へ向かいます。
あぁ、さようならバンコク (泣)。
c0253488_12311184.jpg

(機体まではバスで向かうので坊っちゃんうひうひ)

思いもよらず、こんな近くで飛行機が見られて、
坊っちゃんは大興奮ですけど。
c0253488_12313422.jpg

(機体見物に粘る坊っちゃん)

タイ航空のキャビンアテンダントのお姉さん。
サワディーカー
c0253488_12314577.jpg

(子供によく絡んでくれるタイのお姉さんが大好き)

しばしお別れバンコク (泣)。
c0253488_123283.jpg

(窓からみるスワンナプーム空港)

搭乗前に昼寝してしまったので、機内で絶好調の坊っちゃん。
ホント、周辺の人にとっては “うるさい子供”で迷惑かけてしまい申し訳ない。
c0253488_12323139.jpg

(復路も2座席確保してもらい、のびのび坊っちゃん)



・・・マニラ到着。
出国時も入国時も、なぜ
“アロヨ大統領” がフィリピンの顔なのか不明。
c0253488_12324792.jpg

(鳩山首相の顔で成田で迎えられたらビビりますよね)
            
しかも・・・、
やはり、マニラの空港は鬼門。
この国へ帰ってきたことを後悔する出来事の連発で、思わず涙が出てきました。
フィリピンがホスピタリティー溢れる国だと、いったい誰が言うのでしょうか。

そうは言っても、ここが我が家の暮らす場所、
明日からマニラ暮らし、のほほんと過ごすよう、努力します。




                                
 
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-18 12:15 | 交通

fun arium

ちょっとお疲れモードだったある日の午後、
3歳児の元気モリモリの坊っちゃん同行だと、何かと気が休まらず・・・。

そんな時、友人に、
「じゃ、うちの子と一緒にとっておきの場所へ放り込もう」
と提案され、向かった先はここ。

 「fun arium」
スクムビット ソイ26の カルフールラマ4世通り店の裏に
2009年4月に登場した、屋内型の大きなプレイスペースです。
c0253488_11462080.jpg

(週末は多くの親子連れでにぎわいます)

前のバンコク滞在が4月~5月で、まさにファンアリウムがお目見えの時。

ママ友に「様子見に行くよ~!」と、誘われていたにも関わらず、
寝坊して置いていかれてしまった、坊っちゃんとかぁちゃん。
 「マジ、すごかった」と報告を受けたので、
いつかは絶対に行きたいと思っていたところだったのです。



たしかに、広い。 施設もすごい。楽しそう。
c0253488_1147875.jpg

(このエリアは4歳~13歳対象のプレイエリア)

入場料は決して安いわけじゃないかもしれないけど、
これだけ楽しめるのなら、納得な感じ。

ボールを吸い上げ天井から落ちてくる不思議パワースポット。
c0253488_11473460.jpg

(ボールプールと、同時にボール浮遊遊びを楽しめる)

超ロング滑り台。3歳児の坊っちゃんはかなりビビり気味。
c0253488_11474428.jpg

(安全フォローするスタッフが見守っている)


おっと、ここで坊っちゃんおしっこタイム。
急いでフードエリア奥のお便所へ向かうと・・・
あら、子供サイズのトイレ。
c0253488_11475681.jpg

(親が同行すると、ついドア枠に頭をぶつける)

坊っちゃんが憧れる自転車レーンもあり。
ヘルメットも貸してくれるし、スタッフも常駐しているっぽい。
c0253488_1148743.jpg

(別エリアだから駆け寄ってくる子にぶつかる心配なし)

この日は、生後4ヶ月からの親友みーちゃんと一緒に遊んでます。
0~2歳にかけて、この2人って単独プレーでさほど協調性がなかったけれど、
“旧知の仲”がここで発揮されてるのかな、久々なのに意気投合して遊ぶ2人。
c0253488_11483250.jpg

(3歳にして、すでに3人きょうだいのトップに君臨するみーちゃん)

まるで、お猿のように登ったりおりたり、くぐったりジャンプしたり。
運動不足解消=体力消耗には、最高の環境設定ですなぁ。
c0253488_11484822.jpg




ここのエリアのほかにも、
ベビー~4歳児までが遊べるプレイエリア、フードエリア、
お絵かきエリア、パーティールーム、付き添いの親くつろぎルーム、
そして、アートクラフトルームも2Fにあります。
c0253488_1149254.jpg

(さっそく繰り出してみました)

ママ友は、どうやら彼女自身が工作好きだったらしい。
2人の子供を両脇に、幼稚園の先生みたいに工作教室を始めてくれた。
c0253488_114917100.jpg

(なぜかティアラをうひうひ作った坊っちゃん)

いやぁ~、親は何もしていないのに、
子供が遊んで体力を使ってくれるラクチンさ。

6ヶ月の妊婦にとって、
息子の不意打ちのバックドロップとか、抱っことか、ひっつきもっつき攻撃
には、相当体力を吸い取られるので・・・ 
ファンアリウムは、妊婦母にとっても“天国のような場所”でした。



ここの駐車場から見える、スクムビット ソイ24のコンドミニアム群。

このたびの滞在は、ソイ24の新しくできたサービスアパートだったんですけど、
この周辺がどんどん進化していて、現在進行形ということを実感。
c0253488_11501217.jpg

(隣に日本村が完成するとか。在住日本人にはさらに便利になりますね)


いずれにしても、ファンアリウム、
また坊っちゃんを連れて来ることになりそうです。

「fun arium」
111/1 Sukhumvit 26 
URL:→www.funarium.co.th/
c0253488_11503058.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-17 11:36 | 子育て

オイスカ幼稚園@バンコク

第2子出産の前後で、約3~4ヶ月バンコクに滞在することになるので、
その間、坊っちゃんの通う幼稚園も大切なこと。


バンコクには日本語幼稚園だけでも12園くらいあるから、
海外といえども日本語での保育環境には困らない感じ。

さらにインター幼稚園はもっと数があるから、幼稚園の選択肢としては
教育方針や保育時間・月謝、立地や、給食・スクールバスの有無とか、
幅広い中から選べるってこと。

でも、その中でも人気の幼稚園は、
ウエイティングがあるとかないとか、いろいろ噂は聞きます。



さて、坊っちゃんがマニラで通っているオイスカ幼稚園は、
バンコクにも姉妹園があり、期間限定編入させてもらえることに。

幼稚園の保育スタイルやカリキュラムが同じなので、
きっとすぐに馴染めるんじゃないかな、と期待しています。
c0253488_12394432.jpg

(バンコクの幼稚園にご挨拶にお邪魔しました)

坊っちゃんの大好きな砂場もあり、(砂場がある幼稚園はごく稀@マニラ)
ご挨拶に同行していた坊っちゃん、さっそく駆け寄ってました。
c0253488_1240118.jpg

(清潔に保たれていて、緑も多い園庭の一角にあります)



その後は、友人と一緒に、甘いものでも食べてリラックスしよう、ってことで、
トンローソイ13にある「After you」へ。
c0253488_1241408.jpg

(ちょっとどころじゃなく、がっつり食べました)

オイスカバンコク幼稚園もずいぶん気にいった様子。よかった、安心。
園庭を駆け回って、ご機嫌の坊っちゃんでした。
c0253488_12421942.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-16 12:36 | 託児・幼稚園

新生児に必要なもの

臨月の腹ボテになってしまうと、暑いバンコクで身動きをとるのは過酷。
しかも出産予定は、暑気まっただ中・・・。

そういうわけで、出産前後に必要になってくるものを
軽~く様子見しておこう~、と思い、スクムビット界隈へ。



と言いつつ、出かける先々で、暇さえ見つけては、
ベビー用品のチェックしているんですけどね。


なぜなら、
ベビーは女の子だから。
新生児服もなにからなにまで男の子用しか持っていないから、
なんだかこの先、別世界に足を踏み入れる気分・・・。

スクムビット ソイ49にあるサミティヴェート病院前の店、「I am」
c0253488_13282494.jpg

(カノンと隣合わせである小さなショップ)

友人の出産祝い探しに、何度か来店したことがあるけど、
よくよく見ると、いろいろ揃っているのね。
授乳枕もカラフルに揃ってる。
c0253488_13283894.jpg

(1つ約600B。 授乳枕って本当に助かりますよね)

友人にも早産でベビーを産んだケースがあるんだけど、
正産期で出てきてもちっちゃいのに、早産だと本当に手のひらサイズ。

もちろん、そうなれば保育器に入ることになるんだけど、
ちっちゃいサイズで生まれてきたベビーの為の服も置いてあります。
c0253488_13294985.jpg

(GAPの極小サイズのベビー服)

これって、些細なことかもしれないけど、
小さなベビーに合う服があることは、出産したママにも嬉しい事だと思う。




スクムビットソイ33/1にある “フジスーパー”
行ったついでに、正面にあるベビー用品の店をチェック。
c0253488_13301480.jpg

(在バンコク日本人奥さんご用達の日本食材スーパー)

ママ友が、「掘り出しモノがある」と熱弁するので、様子見~。
ワゴン内には“Baby Shelter” の新生児服もあって、いい
c0253488_13303544.jpg

(なんと1着128Bとか。安くて相当ナイス)

特にワゴンは、そこらの市場とかSALEと同額かもっと安くて、
その気がなくても、つい手にとってしまう・・・

GAPのおくるみ。
坊っちゃんも同じ柄のパンツ持ってます。
c0253488_13304717.jpg

(種類もけっこうあります)

タオル地の新生児サイズの服。
お腹から出てきてから・・・ と思っているけど。かわいいな。
c0253488_13311123.jpg

(商品入れ替えもよくあるから、次はもうないよね・・・)


なんだか、バンコクで買い物三昧しているような行動だけど、
ベビー用には、この店で3m~6mのTシャツ1枚ゲットしただけ!

無駄な先物買いが多いかぁちゃん、“様子見” に留めてます。
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-15 13:24 | 買物(こども)

バンコクマダムとタイ料理

ここぞとばかりに、友人や知人と会いまくり、
ここぞとばかりに、タイ料理を食べまくる日々。

朝食こそ、滞在しているサービスアパートで済ませるものの、
昼と夜ご飯はタイ料理率90%
            
友人たちと食事の約束をすると、
「何を食べたい?」 って聞かれるけど、迷わずタイ料理。



というわけで、ある日は、
ママ友宅で、“ソムチドさんのタイ料理”。
c0253488_11544774.jpg

(気が知れた友人達が友人宅へ集合)

私たちがスーパーメイドさんと呼ぶ、ソムチドさんの作る
タイ料理は最高においしい。 もう、大好き。 懐かしい。
もはや、“タイの母の味” 。

朝から市場で食材を買ってきてくれ、あっと言う間にランチにはこの通り。
c0253488_11553453.jpg

(大好物のラープムー)

カレーだって、激うま。
c0253488_11554427.jpg

(スパイスがきく濃厚なタイカレー)

タイ料理を堪能した後は、友人たちお手製&持参のデザート。
手作りタルトの上には、オリエンタルホテルのアイスで贅沢。
c0253488_1156546.jpg

(育児しながらお菓子作れるのって尊敬するなぁ)




また、ある日は、
偶然この時期にバンコクへ戻ってきていたエリコさんとお茶。

エリコ先生といえば、バンコクで育児中のママでは
知らぬ人はいないくらい、カリスマ的存在よね。
c0253488_11562468.jpg

(坊っちゃんとは1年半ぶり?2年ぶりの再会)

今は日本にしばらく滞在していて、「Kinder Baby」の教室はお休みだけど、
ベビーマッサージやリトミック教室は、つねに予約待ちという人気ぶり。




そして、ある日は、
タイ在住歴50年、バンコクマダムの中のマダム、エイコさんのお宅へ。

タイ人華僑のウタイさんと結婚した、日本人マダムで、
バンコク在住時もそして今も、家族ぐるみで仲良くしてもらっています。
c0253488_11565444.jpg

(エイコさんに遊んでもらう坊っちゃん)

国際結婚に理解がなかった50年前に、
結婚してタイへ渡ってきて、華僑の家系ならではの苦労も沢山あった、と
時折話すエイコさんだけど、今の上流階級のマダムな暮らしぶりは羨ましい。
 

この家の3人娘の孫達に遊んでもらう坊っちゃん。
同じ敷地の別宅に住む長男の3人娘は、昔から坊っちゃんのお世話が上手。
c0253488_11572518.jpg

(本宅内で自分の家のように遊ぶ坊っちゃん)

エイコさんのお宅で、プライベート夕食会の時は、
かぁちゃん好物のタイ料理メニューを御用達屋台から取り寄せてくれます。
c0253488_11573787.jpg

(タイ料理、和食、子供用料理などいろいろ並ぶ食卓)

料理専用のメイドさんがいるんですけど、お取り寄せ。
ルンピニー公園横の屋台のガイヤーンとか、どこそこの屋台カオニャオとか、
アサワプラパー家がひいきにしている屋台があり、それがまた美味しい。

そんな美味しい屋台の情報は、次男が仕入れてくるそうだ。


その次男、ただいまファッションデザイナーとしても活躍中ですが、
自宅ではパンツとTシャツ姿でウロウロしています。

そんな姿を見た直後に手渡された雑誌、
「THAILAND TATLER」の表紙を飾っているじゃないですか。
c0253488_11581946.jpg

(様々な雑誌に登場する常連の次男です)

余談ですけど、
次男、ポンパット氏がデザインを手がけるブランド「asava」の衣装、
映画「サヨナライツカ」で、中山美穂さんがいくつか着用してるんですよ。

サイアムパラゴンにショップがあるので、
よかったらチェックしてみてくださいね。



そんなこんな、
バンコクマダム達と美味しいタイ料理を満喫する日々も、残りわずか。

あ~、マニラへ帰りたくないな。



      
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-14 11:52 | 暮らし

健康診断と予防接種

坊っちゃんの“健康診断” へ行きました。

周辺各国から健康診断のためにバンコクの病院へやってくる
駐在家族は多いと聞きます。 (マニラの駐在友人も毎年通ってます)
それほど、バンコクの病院は設備も整っていて、
何か見つかった場合の治療の医療レベルも高いと思われます。


私達の夫婦はいつも “BNH病院”で健康診断を行っていますが、
坊っちゃんがは、生まれた病院、
“サミティヴェート病院” へ。
c0253488_1275665.jpg

(小児科は別棟にあり、病院内感染のリスクは少々回避かも)

今回は 「子ども用健康診断パック」 で受けているので、
健康診断専用フロアーで検尿を済ませてから、小児科へ移動―。

小児科にも“日本語通訳カウンター”があり、
通訳を希望すれば、すぐに診察に同行してくれます。
c0253488_12101314.jpg

(診察予約していれば、なおスムーズ)

海外で、しかも初めての育児となると
ちょっとした熱とか症状や病気に、ひどく不安になりがち。

坊っちゃんが初めて高熱を出したときも、
24時間対応の日本語窓口に電話して相談し、安心できました。



子供って、病院が好きな子と嫌いな子に分かれると思うけど、
おそらくバンコクで育っている子供の多くは、病院好きの子が多いと思うな。
病院がプチ遊園地みたい なんだもん。
c0253488_12103565.jpg

(大型遊具が置いてある広場が小児科内にいくつかある)

子供が高熱だったりすると、親は不安でたまらないけど、
診察待ちの時間だって、高熱が出ていても遊ぶこともよくありました。

ギャーギャー泣かれるより、本当に助かります。



さて、健康診断。
まずは身長と体重と体温測定からスタート。
身長101.5cm、体重16.7kg。
c0253488_12105259.jpg

(出生時4kg級~3歳半まで、常にデカ街道をゆく坊っちゃん)

続いて、身体のあちこちチェック。
診てくれたのは、日本語を少々話す女医、Dr.Wantana。
c0253488_121128.jpg

(これまで何度か坊っちゃん担当医不在時にお世話になってます)

バンコクの病院は、出産直後に、
ベビーは産科担当医から小児科担当医へ委ねられるので、
分娩前に、妊婦(親)が小児科担当医を指名しておかねばなりません。

坊っちゃんの小児担当医は、Dr.Buppa。
生まれた時から定期検診・病気・予防接種を診てもらっています。
     
              

そして、健康診断とは別に、
任意の予防接種ですけど、“A型肝炎” を打つことに。
c0253488_12112429.jpg

(さすがに最近では注射は痛いものと知った様子・・・)

痛い思いをしても、会計待ちのときはこの通り。
再び遊びはじめ、気を取り戻してご機嫌復活です。
c0253488_12114586.jpg

(うひうひ遊びに戻る坊っちゃん)


坊っちゃんが新生児(低月齢乳児)の域を脱したときから、
足を踏み入れていないけど、この“新生児診察室”に
母子ともに元気に通える日が来るといいな。
c0253488_12121763.jpg

(小児科の中でもここはさらにガラスドアで隔離されてる)


サミティヴェート病院に勤めている友人がお土産にくれたぬいぐるみ。
勝手に、“クマのサミー君” と名付けて、坊っちゃんは可愛がってます。
c0253488_12123736.jpg

(創設30周年記念ロゴ&牛年だからモー模様なんだとか)


バンコクは、環境面でも医療面でも、
海外育児には恵まれているなぁ、とつくづく思います。
  
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-13 12:00 | 病院・病気

木曜タラート

今回のバンコク滞在中、飽きもせず、2週連続で出かけた先、
 “ 木曜タラート ”。

どこの国にも曜日ごとに開かれる市場ってあると思いますが、
バンコクのスクムビットエリアで、定番の市場と言えば、通称“木タラ”。

毎週木曜日の早朝から、スクムビットソイ23の奥にある
シーナカリンウィロート大学の構内に露店が出るのです。
c0253488_11331100.jpg

(市場周辺には大学生がウロウロしています)

バンコクはどの大学も開放的な雰囲気です。
もちろん警備は大学によってはしっかりしていますけど・・・
  
ちょっと話がそれちゃうけど、
タイの大学生は制服のようなモノがあって、白シャツ+黒ボトムが定番。
新入女学生はフレアー、年上お姉さんはタイトスカートにヒールってスタイル。



さて、その木曜タラート。
露店の配置が大きく2つに分けられるようになったのね。
c0253488_11332441.jpg

(ご飯エリアと物品エリアみたいに大分別)

以前は、一直線だったからよかったけど、
この配置は、押しくら饅頭状態になって、暑いし狭いよぉ・・・。
c0253488_11333622.jpg

(スリの発生率、あがりそうなぎゅうぎゅう状態)


ここはバンコクマダムの出没率が高い市場。
日本人に限らず、欧米人、インド人、もちろんタイ人も、みんなに人気です。
c0253488_1134337.jpg

(価格設定は他の市場より高めかもだけど、品質がよい確率高し)

バンコクに住んでいる頃は、滅多に足を運ばなかったけど、(居住エリアが遠い)
タイを離れてみると、木タラのありがたさが身にしみる。
c0253488_11343738.jpg

(大人・子供服もいっぱい、買い物が楽しい)

ひょいっと下を見ると、
野良ワンコが気持ちよさげに昼寝しているのも、バンコクな風景だな。
c0253488_11344988.jpg

(暑くても、ぐーぐー寝ているワンコ)

少数民族の刺繍モノは、本当にかわいいと思う。 大好き。
でも、タイ北部で買うのとバンコクでは、2倍も3倍も値が上がるのよね・・・。
c0253488_1135440.jpg

(ウィークエンドマーケットにも同じようなショップが数店あり)
 


去年、同じくバンコク出産のためにオマーンから妊婦健診に来ていた友人が、
木タラ買い出しで、まさに “買い漁って” いた露店がここ。
c0253488_11352249.jpg

(タラートの入り口の道路を隔てた歩道に沿ってある)

「女の子の服がかわいくてGYMBOREE物が多い」と言っていた。
たしかに、そうだ。
c0253488_11353281.jpg

(大きめ月齢の乳児・幼児サイズが多い感じ)



で、2週連続で、木タラに何しに来たのかと言うと、
先週買いそびれた「バーバパパ」のDVD 日本語版を買い足すため。

バンコクでは、英語のDVDは溢れているけど、 なんと!
坊っちゃん大好き「バーバパパ」の日本語吹き替えDVDがあったのです。
これ、とっても貴重。 ありがたや。 木タラ。
c0253488_11355216.jpg

(坊っちゃん、大喜びでDVDみてます)

大好きなバーバパパのセリフから、
どんどん日本語を吸収している様子。 ありがたや。
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-12 11:31 | 市場

SIAM OCEAN WORLD (3歳)

今週は坊っちゃん、保育園へは行かず、
かぁちゃんに同行してあちこちにお付き合いの日々です。

坊っちゃん接待として、
ものすごく久々、在住時は近すぎてあまり行かなかった水族館、
“サイアムオーシャンワールド” へ行くことに。
c0253488_11254879.jpg

巨大な水族館は高級デパートの1つ、“サイアムパラゴン”の地下にあります。

ご無沙汰している間に、かなりパワーアップした様子。
坊っちゃんが0歳児の時に行ったっきりでした・・・。


          
驚いたことに、客層の多くは外国人観光客なのね。
さっそくチケットを買いに並ぶと、けっこうな入場料金でビビりました。
たしか、600Bとか、800Bとか見えたような・・・・

お財布を出したところ、
タイの免許証が財布にさしてあるのが見えたようで、
チケット兄さん 「在住者の方ですね。大人350Bになりますよ」 と。
  (タイは、外国人(観光客)価格と地元価格がある施設が多い)
                 
へぇ~、へぇ~、ラッキー。
タイの運転免許証は更新すると5年有効だから、
たとえ今、他国に住んでいても、タイのIDとして使えるのね~、と知りました。
c0253488_11271676.jpg

(この時期はウミガメが一押しなのかな、坊っちゃんもうひうひ)



涼しい館内をテクテクゆきます。
大きな足長カニのお出迎えに坊っちゃん、一気にテンションアップ。
c0253488_11273181.jpg

(全部じゃないけど子供目線の位置で見られる水槽も多い)

ベビーカーでもラクラク進める広さがあります。

ニモもこんなにいっぱい!大小のニモがスイスーイと泳いでます。
c0253488_11275363.jpg

(水族館の定番、カクレクマノミ達)

初めて間近で見るうつぼに少々ビビりながら・・・
c0253488_1128323.jpg

(「へびが泳いでだよ~」とか言ってました)

こっちは正真正銘のヘビ。
水族館の休憩エリアの横で、写真撮影のお供(無料)をしてました。
坊っちゃん、今回は積極的にヘビ触りに挑みます。
c0253488_11282675.jpg



途中、子供の遊びエリアやジム、小劇場があって、
子供たちが自由に遊べたり、定時に海物語の寸劇が始まったり。
c0253488_11283719.jpg

(観るばかりじゃなく遊べる水族館)

魚介類の遺跡発掘体験の砂場では、ハマって動きません・・・。
c0253488_1128487.jpg

(凝るとエンドレスな子供は要注意な場所です)


大きなウミガメはとても人懐っこく、
水槽ギリギリに何度もごあいさつに来てくれます。
c0253488_1129476.jpg

(やはり「ニモ」に登場するカメに坊っちゃん釘付け)

海の回廊はかなり長く、
頭上を泳ぐエイを見ては、「エイ先生だ~」 と大喜び。
c0253488_1129229.jpg

(すべて「ニモ」のストーリーが基本の坊っちゃん・・・)

ものすごく喜んでもらえて、母、満足。
水族館の観覧のほかに、4D映画観賞も付いてきました。
c0253488_11293934.jpg

(いろんな置物で遊ぶ坊っちゃん)

船に乗って、海中の魚を観賞するクルーズがあったり、
オプションもいろいろあるようだけど、
3歳児連れには、見て回るだけでも十分楽しめました。



立地的に、ママはパラゴンで買い物。
パパと子供は水族館もあり、よね。

これは、出産時のバンコク滞在中は、年間パスを購入し、
坊っちゃん対策として、爺・婆に通ってもらう手法もありだな。
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-11 11:19 | おでかけ (BKK)

プラティナムファッションモール

1年を通して夏な国に暮らしていると、
子供服はぜんぶ夏服ですむので、親としては助かります。

乳児は成長が早いけれど、季節ごとに衣替えするわけもなく、
がっつり着倒して、ボロボロになるまで活躍するので、
衣類代の出費<お得感な感覚になるから。

とか言いながら、
いろんななブランドの工場があるタイに暮らしていると、
市場で、B級品や過剰生産品や横流れ品が買えるので、
“子供服にはお金をかけない” が基本理念。



そんなわけで、バンコクで子供服の買い物で欠かせない場所、
“プラティナムファッションモール”へ。
c0253488_11145963.jpg

(冷房がきいていて平日の昼過ぎならベビーカーでの移動もOK)

衣類問屋市場として知られている“プラトゥナーム市場”の
大通りを隔てた場所にある、数年前にできた衣類専門のモール。

新鋭デザイナーのショップや、バイヤー買いつけ用のショップなどが入り、
ブラブラするだけでお気に入りが見つかる女性には嬉しい場所です。

暑くて混む外の市場で掘り出し物を探すより、
ずっと快適で、親子連れ、観光客にもおススメの場所で、
いまでは、在住日本人ママご用達のショッピングスポットとなってます。




今回は、坊っちゃんが現在ハマりまくっている
“バーバパパ”のTシャツをゲットする目的で乗り込みました。

ところが、お腹のベビーが女の子だと知るママ友は、
「女児の洋服ならここはチェックするべし」と言い、B1にある、「PEGGY」へ。
c0253488_11154116.jpg

(乳児~小学生までのサイズがあるキュートな服多し)
つい、先物買いの気分。
つい、手が伸びそうになるのをぐっと抑え・・・
“せめてお腹から出てきてからだー” と言い聞かせます。
c0253488_11163294.jpg

(じつは男児用の服も種類豊富です)

散財地帯となる危険度高し。
それくらい、かわゆくて安値の子供服が揃うショップです。



次に、ママ友が一押しだったのが、
「Mr.Men & Little Miss」 。
c0253488_1117748.jpg

(1Fだったか? アニメのキャラクターTシャツの店)

これまでもは、スルーしていて気に留めなかったけど、
「いま日本人ママの間で人気があるんだよー」 とママ友は言う。
たしかに、マニラでも若者女子がこのキャラのTシャツ着てたりしてます。

1枚80~90Bと安かったし、縫製もしっかりしているので、
流行に乗って、1枚購入っと。
c0253488_11172126.jpg

(すごい数のキャラがあるので、なぜか1枚選択に迷う)



そして、このたびの標的。
バーバパパのTシャツのショップへ。
c0253488_1118988.jpg

(店頭は思いっきり別キャラで占領されてますけど・・・)

外の陸橋からモールへ入る通路入り口のすぐ隣のショップ。
2F?だったかな。

ここも以前、ふらりとのぞいたことあるけど、気付かなかった。
ここにバーバパパが隠れていたとは・・・・
おぉ~、いるいる
c0253488_1118205.jpg

(残念ながら、この日はサイズが品薄でした)

1枚80~90Bくらいで購入。
これまた生地も縫製もしっかりしてて丈夫。

ふふふ。 坊っちゃん喜ぶだろうなぁ~

バンコクの最大級の衣類市場“ボーベー市場”や他の市場同様、
ここでも探せば、Cater’s、Gymboree、Laura Ashley、ラルフローレンなど
Made in Thailand (or周辺国)の子供服がひょっこり並んでいます。
c0253488_11184568.jpg

(ローラアーシュレイのワンピースが豊富に並ぶショップ)

やっぱり衣類の買い物は、
女の子のママの方が、断然わくわくするものよね。

まだ実感なしだけど・・・。



今回は、坊っちゃんのパンツを大量購入。
GAPやGYMBOREEのパンツ、3枚セット150B也
c0253488_11190100.jpg

(大きいサイズでも値段が変わらないから先物買いもあり)

次回は、臨月のお腹をゆらしながら、
ベビーの女の子服をチェックしに来ることになりそう。




      
[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-10 11:12 | 買物(こども)

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧