のほほんタイ暮らし

<   2008年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧




足裏マッサージ@Health Land

坊ちゃんが高熱で寝込んでしまっているので、一気に療養モード。

熱はなかなか下がらず、
病院から出してもらった解熱剤も効果がイマイチで、38度越えが継続中。

“坊ちゃん高熱”という情報を聞きつけたタイ人の友人が,
家に様子をみにきてくれました。
                     


坊ちゃんを看病していてくれるという友人。
言葉に甘えて、母、疲れた身体を癒しに いつものところへ。
c0253488_14463634.jpg

(行きつけのマッサージ店 ヘルスランド です)

この日は、団体の観光客も来店していてなかなかの繁盛ぶり。


大きな邸宅を改造してマッサージ店にしたようなスタイルのHealth Landは、
収容できるお客さんの数も半端じゃなく多い!
c0253488_1451221.jpg

(受付を済ませ、10分ほど待てば大抵マッサージを受けられます)

タイはマッサージが安いので、いろんな所で足裏マッサージを受けてますけど、
Health Land の足マッサージ用の椅子ほど
                 寝心地のよい ふかふか椅子はありません。
c0253488_14533262.jpg

(極楽ソファーで足裏マッサージをうけるかぁちゃん)



友人のおかげで、生き返りました。

坊ちゃんは、相変わらず高熱があって動きは鈍いけど、
ソファーに座ってTV鑑賞できるほどになりました。

数日間、家にこもってしっかり母子で療養します。
c0253488_1454714.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-31 14:44 | 暮らし

40度の高熱

いつも寝覚めのいい坊ちゃんがめずらしく不機嫌な今朝。
朝食もまったく手つかずだし、おかしいな・・・ 
なんて思っていたところ・・・

たった1時間くらいの短い間に、一気に体温がぐんぐんあがって、
体温計で計ろうとした頃には、ついに40度まで上昇してました。


大急ぎでマイカーを走らせ、病院へ。
きょうは、雨期並みの大雨が朝から降り出して、道はいたるところが川状態に・・・。
c0253488_1441088.jpg

(サミティベ―ト病院がある、スクンビット ソイ 49もこんな状態)

高熱はまったく下がる様子もなく、
病院へ到着して、看護師さんに検温してもらっている時も大泣き。
c0253488_14411527.jpg

(真っ赤な顔して泣き続ける坊ちゃん)


あまりにも高熱だと、身体を冷ますのに、
裸にして冷たいタオルで身体を拭いて体温を下げる処置がよくとられます。

初めてその処置を見た時は驚きましたけど、
どこの病院でも高熱の時はそうするんですね・・・。   



坊ちゃんの小児科担当医のブッパ先生は、自身の体調不良で入院中とのこと。
急遽、別の先生に診てもらうことに。

今、バンコクではインフルエンザA型などが流行しているそう。
いくつかの考えられるウィルスの検査をしました。


その一つに、検尿がありました。
c0253488_14421133.jpg

(オムツをしている男児の検尿って、こうするんです)
テープ付きのビニールで覆い、水分を飲ませオシッコが出て来るのを待ちます。

じつは、坊ちゃん身体拭きのときに大量に放尿してしまい・・・
なかなか検尿が成功しません。

ひたすら、この状態で待ちます―。
c0253488_14425927.jpg

(いちおう布を巻いてみましたけど、お尻半分出てますね)

しかも、前ばかり意識していて、後を忘れてました。
体調不良の坊ちゃんが、「後ろ」から緩いのを大放出・・・。
そこは、たちまち惨状と化しました・・・。   
                     (ちゃんと消毒して周辺を掃除ましたのでご安心を)


1時間待ちで、検尿完了。
流行中の何のウィルスにも陰性。

ここにきて、旅の疲れが出たかな?      
申し訳ない。                 
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-30 14:38 | 病院・病気

カスタードナカムラ

スクンビットは多くの日本人の駐在家庭が住むエリアで、環境もいいし便利です。
日本人に限らず、在タイ欧米人や裕福なタイ家庭の邸宅もここにあったりするし。

そのなかでも、特にスクンビットのソイ 33/1 は、“駐妻通り”といっても
過言ではないくらい、ここを日本語が聞こえてくるし、奥様も歩いています。
c0253488_14124214.jpg

(スクンビット 33/1。両側には日本食レストラン、本屋、などが並ぶ)
この通りの奥に駐妻御用達の「フジスーパー」があります。


パンを買いに、ベーカリー「カスタード ナカムラ」へ。
c0253488_14345690.jpg

(33/1 スクンビット通りから入って約100m右手にある)

きっかけは、
ネパールのカトマンズで出会ったタイ人マダムが
 『スクンビットの「ナカムラ」行ったことある? 最高に美味しいわよね』 と
話していたことを思い出して・・・
c0253488_14363972.jpg

(店内には焼きたての手作りパンがずらりと並びます)

パン1つ20~30Bとか、とても良心的な価格だし、
種類も豊富で、まるで日本のパン屋さんみたいな雰囲気です。

ネパールで出会ったタイマダムの話などについて、マネージャーと話したり。
バンコクでパンを焼き続けてもう17~18年にもなるんですって!
c0253488_1437193.jpg

(毎日パンを焼いています)

小さな子供食べきりサイズのクロワッサンなどは、坊ちゃんにも好評でした。
c0253488_14372632.jpg

(あっという間に全部食べてしまった坊ちゃん)


パンだけじゃなくて、ケーキもオススメです!
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-29 14:10 | 食べもの

ナーサリー転園

坊ちゃんが日々楽しく通ってきたナーサリー(託児所) 。

ここ2ヶ月は、長期旅行などが重なって
お休みすることが多かったんですけど、ナーサリー通い再開です。
c0253488_1483497.jpg

(香港の上海灘(シャンハイタン)で買った 通園リュック)

久しぶりの同じ年頃の子供たちとの遊びで、大ハッスルした様子。
昼過ぎに迎えに行ったときは、この通りぐっすり夢の中・・・
c0253488_1484798.jpg

(0~1歳児用のお昼寝ルームでお友達と眠る坊ちゃん)



じつは、坊ちゃん、
この通い慣れたナーサリーに来るのは、きょうが最後なんです。
ナーサリーが今月から、新しい教室を別エリアにオープンさせました。

坊ちゃんはその新教室の方へ通うことになります。


同じナーサリーの教室違いってことで、先生も数人があちらへ異動。
大好きな園長も、ときどき新教室に来るとのこと。 ホッ 
c0253488_1494179.jpg

(園長と、先生に抱っこされる坊ちゃん)


どうもありがとう。 お世話になりました。
これからもどうぞよろしく―。


   
                 
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-28 14:06 | 託児・幼稚園

CM撮影@ルンピニー公園

旅の疲れもなんのその、1歳児。

朝から体力を持て余しているようなので、
ママは重い身体をひきずってルンピニー公園 へ向かいました。



旅行中は、思う存分遊べなかったという欲求不満があるのか、
坊ちゃん大喜び。
c0253488_13583474.jpg

(子供の遊び場あるエリアには朝早くから親子連れが集まっています)

ブランコ乗りだってこの通り
c0253488_140187.jpg

(すっぽり座れるタイプのブランコで坊ちゃんうひうひ)
こんなにも座りやすいブランコなのに・・・ 
なぜか、椅子から落ちて泣きべそかきました。

見渡してみると、欧米人は
本当にパパと公園に遊びにきている親子が多いなぁ、と感心しちゃいます。




しばらく遊んでいると、お遊びエリアのすぐ横の湖の畔で、
大勢の撮影クルーが何やら忙しくしている様子がありました。

ルンピニー公園って、タイのドラマでもよく撮影に使われているので、
またそんな地元TVドラマでも撮っているのかな、なんて思っていました。
c0253488_1405873.jpg


遠目に見ていると、
あっ、あれ、パフィーじゃない。
c0253488_1414049.jpg

(何かドリンク系の商品のCM撮影っぽい感じでした)

おもむろに、タイの撮影スタッフに「何の撮影?」き聞くと、
タイ人 撮影スタッフ  『日本のスーパースターの撮影だよ』
                  おぉ、そうか。そういう説明になるのか、たしかに。

これが、いつどこで放送されるのか知りませんが、
湖の畔で雰囲気のいいところで、Puffyのお2人が戯れている映像が流れたとしたら・・・
それは、バンコクの憩いの場 ルンピニー公園ってことで。
              

その後も遊び続けた坊ちゃん。
遊具の上では、タイ人のお姉ちゃんと“運転手ごっこ” に励んでおりました。
c0253488_1435346.jpg

(結局、意志の強いお姉ちゃんに運転席、乗っ取られました)

穏やかな1日です。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-26 13:56 | 暮らし

買物 @ 香港国際空港

買物天国の香港へ来たはいいけれど、ほとんどショッピングはせず。

でも、そんななかでも「香港ブランド」だけはチェックしたいと思い、
タイへ帰国前に、数店を厳選して足を運んでみました.


まずは、『レニー・K』。
香港のファッションセレブとしても人気がある、デザイナー レニー・コックさんは、   
ニューヨークで活躍した若手デザイナー。東洋と西洋ミックスの服が斬新です。
02年にソーホーにブランドを立ち上げ絶大な人気に。


そして、『上海灘 シャンハイタン』。
香港人の実業家であるデビット・タン氏が94年に設立。
上海の外国人居留地でのファッションをイメージしたデザインで、
中国古来との融合センスが光る!
c0253488_13505415.jpg

(上海灘のショップスタッフと。 素晴らしくスマートなセンスです)

いづれのブランドに共通するのが、
中国らしさをデザインに取り入れ、際立たせていること。

c0253488_13513135.jpg

(かわゆい子供用リュックを坊ちゃんに購入@上海灘)

上海灘はバンコクにもショップ展開(サイアムパラゴン)しているんですけど、
スタッフによれば、「バンコクで購入する方が香港より割高だよ」と言っていました・・・。




さぁ、心残りもなく・・・
空港で搭乗手続きも済ませ、バンコク行きの飛行機を待ちます。

ゲート前で、坊ちゃんよりちょっと歳上のお兄ちゃんと仲良くなりました。
まさに「日中友好の現場」です
c0253488_13523881.jpg

(お互いのお菓子を交換して食べあっこから始まりました)

中国といえども、香港で生まれ育ってきた人々は「香港人」ともいうべき、
独特の友好的な性格と余裕があるような気がします。



日本の一時帰国から始まって、ここ香港へ運んでもらい、
次はいよいよバンコクへ―。
c0253488_1354985.jpg

(行きも帰りも搭乗ゲートが変更。空港を走りまくりました。よくあることなのかなー?)
                           
バンコクまで約2時間半、ひとっ飛び~
                          さようなら、香港。




バンコク、暑っ!!  一気にふやける感じ。
c0253488_1353550.jpg

(香港からの荷物を引き取る坊ちゃん、一気に夏の服装に変身です)

ただいま、バンコク。
                     さすがに、しばらく旅には出ません。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-25 13:11 | 旅‐香港・マカオ

ザ・ペニンシュラ香港

「ペニンシュラ」といえば、
バンコク在住でならチャオプラヤー川沿いにある高級ホテル。
c0253488_13394772.jpg

(高級ホテルが集まる川沿いに佇むペニンシュラホテル@バンコク)
                       
ペニンシュラ バンコクは、
世界のホテルランキングでも上位に必ずランクインしてくる一流ホテルだし、
バンコク駐妻の間でも、ここでのランチやアフタヌーンティーは人気があります。
                    



そのペニンシュラの本家本元親的な存在、
“ザ・ペニンシュラ香港” へ行ってみました。
c0253488_13414846.jpg

(ホテル前にはロールスロイスも数台停められている最高級ホテル前にて)

1928年創業のペニンシュラホテル、
現在は世界の8つの都市に展開中(2009年に上海オープン)。
第二次世界大戦中は日本軍が占拠、また336号室では、
日本軍・英国軍が降伏文書を取り交わした歴史あり。

てっきり香港人がオーナーと思ってましたけど ユダヤ系英国人が所有しているそう。



凡人母子旅の私たちはこのような1泊5万円以上もするホテルに宿泊はできず・・・
アフタヌンティーで定評がある、『The Lobby』でほっくりすることに。
c0253488_13435739.jpg

(どーもー。1歳8ヶ月になった坊ちゃんです。銀スプーンはひと味違いますな。)

ここは、各ホテルにもあるロビーにあるカフェ&レストランみたいなモノですけど、
せめてセミフォーマル風の服装でないと、気まずい雰囲気です・・・。
                         坊ちゃん、まるで普通の恰好でやばい。

座っていると、ロビーを出入りする人々をウォッチングできたりもします。
香港ハイソ、上品な西洋人、 それに 団体の日本人観光客・・・(たぶん宿泊客)

格式を大切にする場に出入りするときは、
やはり服装もソレ相応である必要がありますね。   と、肝に命じました・・・。



アフタフーンティーで、スコーンとお茶+ジュースくらいな気分で来たにも関わらず、
お腹が減ってしまって、パスタをオーダーしてしまいました。
c0253488_13445688.jpg

(“ほっぺが落ちる”という感覚 ひさびさ。 坊ちゃん一皿1人で平らげましたよ)

さすがは、サービスも極上で、
このような乳児連れのお客の心をすべて読み取っているかのような、アシストぶり。

痒いところすべてに、即座にスタッフから手が伸びてきました。


世界のペニンシュラ、脱帽です。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-24 13:38 | 旅‐香港・マカオ

香港の夜 @ 旺角

夕方から地下鉄に乗って、
ちょっくら 九龍半島 の方へ出かけることにしました。

目指すは、看板と人が溢れている 香港らしいエリアという
“旺角” ウォンコッ。
c0253488_13322398.jpg

(大通りネイザンロードから1本中に入った通りは、まさにネオン通り!)

ずっと香港島にいたので、海を渡った九龍半島についてよくわかりません。

とぉちゃんにヘルプ電して、おススメを聞くことに。
電話で出てくるのは
「女人街」とか「花園街」とか、やたら艶っぽい地名ばかりなんですよね・・・。
                                       
ま、とりあえず行ってみることに
ネイザンロードと並行に伸びている通りに、それぞれの通りがあります。

近いほうから、 “女人街”。
c0253488_13342153.jpg

女人街はトンチョイストリートともいわれていて、1970年頃の石油危機の後、
失業者がこの周辺で商売することを許可されて以来このような形になったそう。
その名の通り、女性用の下着や服やアクセサリー露店がズラリと並びます。

バンコクのカオサン通りの女性版みたいなノリかな。
子ども用のチャイナ服とか、中国語をもじったユニークなTシャツなどが安いです。



続いて、さらにもう1本お隣、“花園街”へ。
てっきり、女性のオシャレの為のマッサージ店でも並んでいるかと思いきや・・・
c0253488_1335545.jpg

(まるっきり予想は大ハズレ、スポーツ用品通りでした。)
ここへわざわざ妻子を派遣するとは、
“お土産にスニーカーでも買ってきてもらおう” という魂胆だろうが、
残念ながら、夫の靴のサイズ知りません。 
  
その代わりといっちゃなんですが、愛息 坊ちゃんには、
お子様サイズのサッカーボールを購入しましたよ。 
c0253488_13353492.jpg

(将来はサッカー選手になるってのもありあり♪)


夕飯は、とぉちゃん推薦
「 潮州 楽園飯店」にて、激ウマ料理をたらふく食しました。
c0253488_1336194.jpg

(すごく混雑している人気店なので、ここでも相席。)



母子の香港夜遊びはここまで。 
地下鉄で、ビューンと海の下を潜ってあっという間に香港島へ。 約10分。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-23 13:29 | 旅‐香港・マカオ

北京オリンピックムード

香港を歩けば、時々感じる「もうすぐオリンピックだ」ということ。
特別行政区といえども、ここは中国。

オリンピックが中国初開催(アジアでは夏季オリンピックは20年ぶり)
ということで、さぞ盛り上がっているだろう・・・と思いきや、
じつは街中ではそう目にしません。


香港国際空港では、ところどころでこんな感じ。
c0253488_1327138.jpg

(北京オリンピックのマスコットのポスターなどが時々表示されてるくらい)

ちなみに、北京オリンピックのマスコットは、
マスコットでは最多の5つで、5体まとめた愛称は「福娃」(フーワー)。
c0253488_13275069.jpg

(歓歓ホアンホアンは聖火、貝貝ベイベイは魚、晶晶ジンジンはパンダ、
               迎迎インインはチベットアンテロープ、ニーニーはツバメ)

観光案内所のような場所では、オリンピックブースを設けてはいますけど、
遥か遠くの北京で行われるオリンピックとあっては、実感に欠けるのかも。
c0253488_13281120.jpg

(オリンピックグッズもいろいろ出ているよう)


香港の地下鉄 「中環駅 セントラル」と「香港駅」を繋ぐ地下道にある
北京オリンピック カウントダウンボート。
c0253488_13283024.jpg

(2008年8月8日、午後8時8分 開幕 に合わせてカウントダウン中)
                      「8」は中国人にとって縁起のいい数字


いろんな問題が囁かれている北京オリンピックですけど・・・
開幕まで、200日を切ったんですね。

なにはともあれ、日本代表選手+タイ代表選手は精一杯応援したいです。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-22 13:25 | 旅‐香港・マカオ

フィッシャマンズ・ワーフ@マカオ

香港は、美味しい料理を食べるためだけに訪れてもいいくらい。

香港滞在中は「食」 にはハズレがないくらい美味しい食事に恵まれてます。
         どこに入っても美味しいってのもあるんですけど、ね。

坊ちゃんが大好物のワンタン+麺の組合わせが豊富なのも嬉しい限り。
1日1食は、坊ちゃん1人でコレ平らげます。
c0253488_137442.jpg

(マカオの料理店で食べた麺。マジうま!! 何杯ても食べられそうなくらい)

店が混雑していると、たいていは相席になります。
この日のランチは、お爺ちゃんと同席。
c0253488_138288.jpg

(あちらの料理も美味しそうでしたけど、このエビ卵ご飯も美味しかった)



そんな腹ごしらえをして、港の方へ向かいました。

マカオ側のフェリーターミナル(新港澳碼頭)から歩いて約10分のところには、
“マカオ・フッシャーマンズ・ワーフ” Macau Fisherman's Wharf があります。
c0253488_1384391.jpg

(海を眺める。風が少し冷たく感じます)

約2年前にオープンしたこちら、子供向けのアトラクションもあれば、
各国の街を再現したレストラン・ショップもあるし、古代を再現したテーマパークと盛りだくさん。

小さな子連れなら、子供も自由に歩き回れるし、食事の選択肢も多いし、
何よりセンスのいいショップが集合しているので、買物はここでOK! って感じです。
c0253488_1394315.jpg

(海沿いのレストランからの眺めもよし)


マカオらしいお土産を買い忘れてしまったんですけど、(自宅用にね)
“ポルトガル専門店”なんぞあったりして、ポルトガル直輸入品が店内にズラリ。
c0253488_13102274.jpg

バルセロスの鶏 (Galo de Barcelos) の特大像を買ってしまった。 (笑)
といっても、長さ20cmちょっとくらいですよ。重たいので。


香港に来たからこそ、訪問できたマカオ。
ここまで来てよかったなー。    

                        香港旅に、ぜひマカオも。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-21 13:05 | 旅‐香港・マカオ

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧