のほほんタイ暮らし

<   2007年 12月 ( 52 )   > この月の画像一覧




2007年

長旅からタイへ帰国したのは大晦日。
2007年を惜しむ間もなく、NEW YEARのカウントダウンです。



去年の年越しは、仕事で一緒にいられなかったとぉちゃんが、
なんと今年の年越しは、ラッキーなことに一緒にいられるというのです! 


カウントダウンイベントにすでに夢の中の坊ちゃんを連れて行かれず、
焼肉「金太郎」に焼肉を食べに行きました(笑)     
                  すっごく焼肉食べたかったんだもん。

2007年を振り返りつつ・・・


8ヶ月  初めてのホアヒンへ 
c0253488_10154823.jpg

(パパに抱っこされて大泣きの坊ちゃん)
仕事が忙しいとぉちゃんは、なかなか一緒に遠出することができない分、
ホアヒンで海をみて感激の連続。


10ヶ月  オフィスで金庫破り
c0253488_10162581.jpg

(クルクル回す取手が大好き。金庫も大好き)
友人が勤めるオフィスに遊びにいった時のこと。
大きな金庫を目ざとく見つけ、駆け寄って、この有様。
将来、金庫破りが本職になりませぬように・・・。


1歳3ヶ月  牧場でポニーと対面 
c0253488_1017213.jpg

(たくさんの牛と見ただけじゃなく、ここには馬もいるのだ)
牛のも馬にも、ヤギにもビビらない坊ちゃんも見て、“天才児だ”と喜んだママ。
でも・・・、この時、牛の乳絞りをするためにはずした結婚指輪をなくしてしまい、
なくしたかぁちゃんより、とぉちゃんがうなだれていたのだった。   
                  後日、新しいの買ってもらいました  あは。


1歳5ヶ月   スーパーTOPSにて  
c0253488_10173517.jpg

(カートにも乗れるほど大きくなって、買物大好き)
デリバリーサービスがある SUPER TOPS やカルフール御用達。
毎日買物にはいかないから、こうやって大量に買って1000B以上にして、
楽々手ぶらで家に帰ってます。 坊っちゃんが1番の巨大荷物だもんね。


1歳7ヶ月  インドのタージ・マハルへ 
c0253488_10182312.jpg

(タージ・マハルで、インド人のお兄さんと)
坊ちゃんが大きくなって、学校で習うだろう「タージ・マハル」
行っておかなきゃでしょー。  



来年もよい年になりますように。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-31 23:13 | 子育て

名残惜しい デリー

あっという間のようで、けっこう長かった放浪の旅も終了。


バンコク行きの飛行機の時間まで、
この数日間、毎日遊んだ“コンノート・プレイス”でまったりすることに。
芝生の上では、たくさんの家族連れがのんびり日向ぼっこしています。

コンノートで出会うインド人の皆さんは、とても友好的です。 
スワンナプーム空港の話が弾んだり (来タイ経験のある若者)、
家族連れから果物を分けてもらったり・・・。

読書しながらゴロゴロしていると、
坊ちゃんは、いつの間にかお姉ちゃんとボール遊びをしていました。
c0253488_1073376.jpg

(坊ちゃんのわがまま遊びにつきあってくれました)



テクテク、芝生を歩いていると、
ちょいワル風ファッションのダンディーなオジ様が声をかけてきました。

オジ様 「日本人? 韓国人? 中国人? どこから?」
かぁ   「日本人です。」
オジ様 「most welcome 」 と言い、握手をして去って行きました。

もしかしてインド人は親日家?  
という思いが瞬時に駆け巡りました。




そうこうしていると、坊ちゃんは、
とある家族の皆さんに遊んでもらい・・・、家族の記念写真にまでおさまりました。
c0253488_1092694.jpg

(かぁちゃんも、ちゃっかり1枚撮影しちゃいました)


ここにいると、もしかして、もしかして・・・
ここ数週間 抱いていたインド人のイメージは偏見だったかも?
と、反省してしまうほど、明るくて笑いの絶えない優しい人々ばかり。

最後のこの数日間、
ネパールから インドに戻って来て、本当に良かった。 としみじみ。



あまりの長旅だったので、少しバンコクでパワーを充電してから・・・
今度はやはり、西インド・南インド・東インドも旅してみたい思います。
                         

そんなことを思いながら見る、
デリーでの最後の夕日は、あいかわらずキレイでした。
c0253488_10115551.jpg

(コンノート・プレイスで見る夕日)


これから、我が家のあるバンコクへ戻ります―。


           とぉちゃん、私たちを旅に行かせてくれてどうもありがとう。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-31 10:05 | 旅‐インド

バザール巡り@デリー

3週間に及んだ母子旅、最終日を迎えました。

こんな日は何をしようかと考えてみるものの・・・、
ショッピングという気分でもないけど、バザールを廻ってみることにしました。

デリーのバザールは、タイのタラート(市場)と同じような感じかな。



有名どころバザールを押さえることに。
“メイン・バザール”へ向かうことにしました

デリー・メトロ(地下鉄)で、“Ashram Marg 駅”へ。
メインバザールは、インドを訪れるバッグパッカーはここへ立ち寄るという安宿街。
ニューデリー駅に近いこともあって、若者にとっては便利な滞在エリア。

これまた、朝早い時間だったので、
メインバザールにはあまり人がいなくて、牛ばかりが目立って、心細くなり・・・。
c0253488_9571679.jpg

(ようやく西洋人のお姉さんとすれ違いました)
こんな時、外国人を目にすると、心底ホッとしてしまいます。 
完全にアウェーな存在よね。

この周辺は、魔の通りでもあります。
おいしい勧誘には乗らないことです。  声かけの数がスゴかった!

異国の旅で心細くなりがちで、日本語を聞くと嬉しくなっちゃいますが・・・、
日本語には反応せず、会話は英語のみでするほうが無難な気がします。
                 

昼になるに連れ、メインバザールも人がどこからともなく湧いてきました。
c0253488_9582060.jpg

(まさに、バンコクのカオサン通りをちょっと庶民的にした感じの通り)

野良牛に自分のナンを与え、手を合わせている身なりのいいオジさんを見かけました。
                    これぞ宗教の違いだと、感心しちゃいました・・・。


メイン・バザールで、本日のパワーの80%を使い果たしてしまい・・・
フラフラ弱りながらコンノート・プレイスへ戻ってきました。

気づけば、年末。
コンノート・プレイス周辺の店も閉まっている所が多く・・・




苦し紛れに、コンノート・プレイス F ブロック周辺の地下にある
“パリカ・バザール” Palika Bazar へ潜ってみることにしました。
c0253488_1004774.jpg

(地下にあって、店が並ぶ細い道はつい迷子になってしまいそうなほど)

お土産ならここで揃いそうな、安値の服や雑貨が売られています。
タイのナイトバザールのデリー地下版みたいな雰囲気です。
c0253488_101288.jpg

(ここでは、100R(約300円)でインドの正装子供服っぽいのを買ってみました)




“どうして、もっと早くここで買物しなかったのか” と後悔した穴場店が、
Central Cottage Industries Emporium
             セントラル・コテージ・インダストリーズ・エンポリウム。
c0253488_1021267.jpg

(コンノート・プレイスからJanpath通りを下って、徒歩10分くらいの場所)

れっきとした政府の物産店で、適正な値段で各地方の物産品を販売をして、
アクセサリーや服、おもちゃ、布地、家具、なんでも揃っていて1店で用が足りる。

何に驚いたかっていうと、
インド各地で交渉しながら値切って買ったモノのどれもが、
ここのエンポリウムの価格の方が安値! 品質もよいものが揃っている!
                          苦労して値引き交渉したのに~。

インド土産は、政府正規店エンポリウムで買うことをオススメします。


悔しさの中で、バザール巡りは終了。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-30 09:53 | 旅‐インド

赤い砦 ラール・キラー

ジャマー・マスジット(インド最大のモスク)から歩いて15分のところに、
インドを代表する建造物があります。

ムガール帝国の5代皇帝シャー・ジャハーンが、
アーグラからデリーに都を移し、築城した「赤い砦」ラール・キラーです。
c0253488_9465529.jpg

赤い砦=レッド・フォートとも呼ばれている、赤砂岩でできた城で、
セポイの反乱後はイギリス軍が駐屯し、破壊された部分があるけど勇壮な佇まいは健在。

午前中の早い時間に行ったにも関わらず、
年末で、休暇でデリーを訪れている観光客も多いようで・・・、入場には長蛇の列。

そんな中、とても親切に声をかけてくれたツーリストポリスの方。
子連れだから別ゲートからどうぞ促してくれたけど、
他の家族も並んでいるのでお断りした。 心遣い、ありがたい(インドで初の親切)
c0253488_9485221.jpg

(ベビーカーで行かれるバリアフリー道を案内してくれたり、親切なポリスマン)



城内の造りは、アーグラ城に似ているものがあると感じました。
白亜の大理石の建物には、サファイヤやルビーが埋め込まれていたらしいけど・・・
今の姿は閑散。

坊ちゃんは、そんな城見学よりなにより、
かつてのきらびやかな玉座や、謁見の間を遠くから眺めるベンチ周辺で遊びます。
c0253488_9493784.jpg

(ベンチに腰掛けるお年寄りや、庭師さんと遊ぶ坊ちゃん)



その昔は、この周辺も宮殿があったと思われる広い敷地には、
今は芝生が敷き詰められ、ちょっとした庭園になっています。
c0253488_950296.jpg

(坊ちゃん、気持ちよさそうに駆け回ります)

デリー観光でちょっぴり疲れた足を休めるのに、
ここでしばしゴロンと寝転がって休憩するのもいいかもしれません。
私たちは、ここで1時間ほどゴロゴロしてみました。




ここを出てからが、地獄だった・・・。
ラール・キラーの前に伸びる大通り Chandni Chowk 。(デリー版 浅草みたい)

最寄りの地下鉄の “Chandni Chowk 駅”へ行くには、ここを歩かねばなりません。
両側には店が所狭しと並び、寺院もあることから、人人人のおしくらまんじゅう状態。
c0253488_9511899.jpg

(人だけではなく、車道も大渋滞で、無法地帯。)

こうなると、というかここにいるインド人は、インド人らしいインド人なのか?・・・・
「自分さえよければよし」=他人は視界に入らぬ 状態。

ベビーカー押してようが、トラックが坊ちゃんにあと5cmまで近づこうが、
押しのけてぐいぐい進んでゆく・・・


インドでは、自分の身はもちろんのこと、
子供の身は、命を張って、親が守らねばならない。  と学びました。



子供が大切な存在で、子連れに寛容なタイの社会、 万歳。 
        
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-29 09:43 | 旅‐インド

オールドデリー

インドでの交通移動手段って、人力リクシャーとか、オートリクシャーとか、
せいぜいタクシーに乗れたら充分なんて思っていたけれども・・・。

いま滞在しているホテルがあるコンノート・プレイスは、
地下鉄 「デリー・メトロ」が2路線交差する“Rajiv Chowk駅”がすぐ下にある。

デリー移動は、地下鉄を駆使することに決定。
c0253488_9362784.jpg

(地下鉄の駅内。とても近代的で雰囲気は、バンコクの地下鉄MRTに似ている)

駅への入口は、とてもセキュリティーが厳しく、
バンコクの地下鉄で、形式的に行っているチェックとは違い、
軍人風の2人組ががっちり調べます。
  ・・・といっても、子連れなので大目にみてもらった感はあるんですけど、ね。
                    

このインドの デリー・メトロは、
日本の国際協力銀行からの政府開発援助(ODA)で、
現在も路線を延ばしている最中です。
地下鉄の製作費の約6割を、日本が資金援助しているとのこと。

バンコクの地下鉄も日本のODAが関わっているのを知ったし、
なんだか海外に出た方が、ODA(税金の使い道)を実感するな。
               


そのデリー・メトロ、とにかく利用しやすい。
c0253488_9391085.jpg

(これ、トラベルカード。デポジット+ルピーをチャージして使用)

行き先を表示している案内看板。
例えば、観光名所などの建物の写真も表示しているから、観光客にも一目瞭然。


坊ちゃんと共に、デリー・メトロでレッツゴー
目指すは、“Chawri Bazar 駅”。  
c0253488_9394578.jpg

(いくつかのバザールがここで繋がる交差点で、
                    人も牛もロバも、リクシャーも入り乱れ状態)

この一帯は、「オールドデリー」Old Delhi とされているエリアです。
ムガール帝国時代の都として栄えたエリアで、古めかしい庶民の町が広がっています。

その交差点から、Chawri Bazar を通り抜けて・・・
c0253488_9403018.jpg

(早朝なので、まだまだ人の姿はあまりありません)

目指すは、奥にドーンと見える大きなモスク。



“ジャマー・マスジット ” Jamma Masjidです。
ムガール帝国5代皇帝シャー・ジャハーンが1658年に完成させたインド最大のモスク。

遠くからでも均等のとれた美しいモスク。
世界史で習った「セポイの反乱」の時は、ここは死体の山となったとか・・・。

赤砂岩と白大理石の色の対比も、素敵です。
c0253488_942728.jpg

(坊ちゃん、ひたすら鳩に大興奮・・・  母、階段登るの大変だった。)

インドってすごい。
大帝国を築いた偉大な国だったんだ 、と今さら 妙に感心してしまいました。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-29 09:33 | 旅‐インド

コンノート・プレイス

母子2人旅、残るところ・・・あと3日。
ネパールで、心身ともに、すっかり生き返りました。

カトマンズ国際空港。
デリー~カトマンズ間は、しょっちゅう飛行機が遅れるとは聞いていたけど・・・
案の定・・・ 、5時間遅れ。

しかし、乗客は、皆 TVに釘付け。
c0253488_7324625.jpg

(パキスタンのブット元首相 暗殺のニュースに見入る人々)

インドと中国という大きな国に挟まれたネパール。
そのインドとパキスタンは、決して平穏な関係ではなく・・・
          (カシミール問題、パキスタンと中国の軍事協力など)
パキスタンの情勢は、ネパール国民にとっても関心の高い出来事のようです。



ネパールの人々はタイの政治にも関心を寄せています。

23日のタイの選挙について、何度もTVで放送。 (タクシン元首相のインタビューも)。
タイから来たことを伝えると、
多くのネパール人は選挙の結果、政権が交代することを知っていました。


とうとう、カトマンズとお別れです。    
また、いつか必ず来るよ~
c0253488_7352667.jpg

(世界遺産に登録されているカトマンズ盆地を惜しむ)






1時間半の飛行―。 インド・デリー到着。

インド滞在の後半は、
滞在先を “コンノート・プレイス” Connaught Place に選びました。
イギリスが計画的に、駐留するイギリス人のために造ったエリアで、
円形に緑の芝生広場と、それに沿うように道が走っているオシャレな一角。
c0253488_7362976.jpg

(マクドナルドも、オシャレな外資系ショップもある、整然とした綺麗なエリア)

インド滞在前半にかなりインドに疲れてしまった経緯から、
どうなることか・・・と心配したけど、
コンノート・プレイスに集うインド人の和やかなムードに安堵。 夕日もキレイ。
c0253488_7371183.jpg

(坊ちゃんも、芝生の上を思いっきり走り回って遊びます)


インドのホテルにはうなだれの連続だったけど・・・
後半滞在、たまたま予約を入れたホテルが大当たり。快適。
c0253488_737545.jpg

(モダンなインテリアに24時間ポカポカの部屋。PCを持参すればネット使用可)

洒落たカフェとレストラン併設のデザイナーズホテル風。  
しかも1泊$130と、デリーでは安め。

宿泊先が充実していると、こんなにも気分が違うものか・・・と、
“ホテル選びの重要性” をインドでは実感しました。



すっかり気分が上々になり・・・
明日から、未知のデリーをテクテク散策してみます。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-28 07:29 | 旅‐インド

チベット仏教の巡礼地

ネパールは、
ヒンズー教と仏教が絶妙なバランスで調和している国といわれています。

ヒンズー教徒が多いとはいえ、ネパール南部には→仏教の聖地があるし・・・、
古くから、ラサと交易が盛んだったこともあってチベット仏教との関わりも深く・・・。



多くのチベット人が交易にやってきた時、
無事にヒマラヤを越えて来られたことに感謝するために訪れた、
“ボダナート”  Boudhanath。
c0253488_724687.jpg

(ネパール最大の仏塔ストゥーパがある)
カトマンズから約6km東にあるボダナートは、昔からチベット仏教徒の巡礼地で、
中国のチベット併合後は、多くのチベット人がこの周辺に亡命してきました。
                     

ボナタートの仏塔周辺は、チベット人の巡礼者が本当に多いです。
c0253488_7243437.jpg

(仏塔周辺にはチベット人が営む土産屋が軒を連ねています)

この仏塔の周りには、小さな鐘のようなモノ=マニ車があって、
これを一つ一つ回しながら仏塔を廻っていくのです。  長さ30cmくらいの鐘です。
c0253488_7245237.jpg

(マニ車には“真言”が刻まれているのだそう)

よくタイの寺院では、小さなコインのようなモノを仏像前の壺に入れていきますけど、
それに似た感じなのでしょうか。
                           

さらに、仏塔の周りを右回りに歩いていきます。    
c0253488_7251378.jpg

(おびただしい数の巡礼者が毎日ここを訪れるそうですが、この時間帯は少なめ。)

特にこの時季は、寒さから逃れるために
ブータンや近隣各国のチベット系の人々が巡礼にくるのだそう。





ここの周辺の土産物屋は、品質がいいと聞きました。
同じようなものがカトマンズの町中でも売られていますけど、
                 「買うのならここ」と、ガイドがボソっと囁きました。

坊ちゃんのこのポンチョは、$5(米)で売られていました。
c0253488_7255957.jpg

(刺繍も入っていて、あったかです)



ネパールの各地でタイ人と出会いました。
     (12/23の選挙以降にネパールに来たタイ観光客多し、な感じでした)

タイとネパールは、タイ航空の直行便が出ていて、訪れやすい国でもあります。
ネパールの政治情勢が不安定ということから
旅先として避けているケースが多いと聞きますが、ネパールお薦めです。


穏やかな日々をネパールで過ごすことができたので、
これからまたインドへ戻らねばならないのは、気が重いんですけど、
仕方がない。 航空便の関係で・・・。

これからインドへ向かいます―。




あまりにも素晴らしい ガイド+コーディネイトだったので、
ネパール旅行のお供にオススメしたい。

Shangrila Tours
1804 Kantipath , Kathmandu, Nepal 電話 44-6138
http://www.nepalshangrila.com
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-28 07:22 | 旅‐ネパール

クマリと王様

カトマンズのダルバール広場には、いくつかの寺院や旧王宮などがあります。
その中でも、ひときわ神秘で妖艶な建物がこちら。
c0253488_7175890.jpg

(バクタプルでも見ることができる精巧木彫り窓枠が素晴らしい)

ここは、“クマリの館” です。
生き神であるクマリは幼い少女で、実際にここに住んでいます。
強靭な女神の化身とされていて、人々に敬われ恐れられる存在だとか。
c0253488_718213.jpg

(ここに身の世話をする老女と暮らします。生活感がある住居。)

何より驚いたのは、クマリを選定する条件。
血統のいい家系の女児であり、血の汚れがなく(怪我無し、初潮前)、
目鼻立ちクッキリの美人。

最終的には5人ほどにしぼられた後は・・・
暗室に牛の生首を置き、それを見ても動じない5歳くらいの少女が選ばれるとか・・・。
                    5歳くらいじゃ、普通怖くて泣いちゃうよねー。
c0253488_7185910.jpg

(クマリの住む館の間口のひとつ。幼いながら両親から離れ、人々に祈願を行います)

年に一度の祭りでは、ネパール国王もひざまずくという幼女のクマリ。
初潮を迎え、大人になった歴代クマリは、不幸な人生を辿ることが多いと聞きました。
       




そうそう、話はそれますけど
ネパールには国王がいますが・・・、これがまた評判悪い。

ガイドはこう言っていました。
「ネパールってどこ?という人が多かったが、
         2001年の事件で世界中に知られる国となった」
当時の国王一家を含む約10名の王族が王太子の銃の乱射によって殺害された事件。

王族のなかでも、
現国王ギャネンドラ国王一家(前国王の弟)だけ生き残ったという不自然さと、
その後の、議会停止などの専制的な政治がネパール国民の反感をかっているそう。

「前国王ビレンドラ国王は民主的だった。
      尊敬を集めていたほどではないが、現国王よりずっとよかった。」(ガイド談)


という言葉を納得させるかのように、
いろんなところで、前国王ビレンドラ国王・王妃の肖像を見かけました。
c0253488_720736.jpg

(前国王のビレンドラ国王と、アイシュワリャ王妃)

去年の議会で、現国王の政治的権力は剥奪され、
すっかり王制も存在感のないもの=(王族は一般人と同じ)になったとのこと。


ネパール紙幣を見てみると、
前国王ビレンドラ国王の紙幣、
現国王ギャネンドラ国王の紙幣、最新の紙幣はエベレストのデザイン。




あらためて、タイ国民にこんなにも慕われ尊敬を集めているプミポン国王陛下の
偉大さを、感じずにはいられませんでした。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-27 07:13 | 旅‐ネパール

カトマンズを歩く

カトマンズの街の、朝の風景。
住民の家の屋上には憩いのスペースがあって、
洗濯物を干したり、朝食をとったり・・・ こっそり眺めちゃいました。
c0253488_258770.jpg

(ネパールの首都とはいえ、高層の建物もなく、住宅地はこんな感じで広がります。)

きょうは、パタン(カトマンズ盆地のかつての3王国の1つ)へ行く予定でした。

ところが・・・、ガイドから連絡が入りました。
「カトマンズでデモ発生。 石油の高騰に抗議しているものです。」

話を聞くところ、投石はしているものの、そう危険はないとのこと。
ただ、警官と国民があれやこれやすることで、道は渋滞しそうだと・・・。  
石に当たっても痛いし・・・

ということで、“本日は適当に街歩きを楽しんで~” と言われたのでした。




そこで急遽、カトマンズをテクテク歩きすることに。

出発は、“タメルチョーク”。
そこから南下して、Uターンをするように地元のバザールを通って戻ってくるルートに。

ただいま南下中  ダルバール広場へ向けて・・・。
カトマンズの比較的交通量の多い通り、Chhetrapati →Nhyokha Toleに進行。
c0253488_2592581.jpg

(歩道はありません。人力リクシャーと車に気をつけて歩かねばなりません)

その間にも、野良牛の家族がゾロゾロ歩く列とすれ違ったり、異国情緒楽しめます
ダルバール広場に到達し、そこからV字に北東へ進むと・・・、


“インドラ・チョーク” Indra Chowk へ。
c0253488_301489.jpg

(ここも中世から変わらないような雰囲気のバザールで、観光客も地元人も行き交う)

すでに、坊ちゃんはベビーカーで爆睡していて、かぁちゃん気ままにお散歩。
ネパール旅行にベビーカーは欠かせません。



雰囲気としては、タイで例えるなら、
カオサン通り と、サンペンレーン市場 を足して割った感じかな。

売られているモノは、土産物から生活用品から、食料品までさまざまです。



そうこうしているうちに、“アサン チョーク ” Asan Chowkです。
数本の道が交差するところ=Chowk は、一際人々の賑わいがあります

この周辺には、地元住民が買出しに来るような、スパイス屋や八百屋がズラリ。
c0253488_311852.jpg

(山のように盛られたスパイス。 カトマンズの中でも活気のある場所の一つ)



ベビーカーで眠り続ける坊ちゃんは、お気軽でよし。
さすがに少々疲れてきたかぁちゃん・・・    
               どうしても美味しいカフェラテが飲みたくなった!

カトマンズ初心者ゆえ、ゆっくりできるカフェの検討がつかず・・・
ひたすら北上すること約1Km。



タメル地区に再び戻り、西洋人が多く出入りしているカフェを発見。
ここで、タイミングよく目覚めた坊ちゃんと一服
c0253488_32044.jpg

(カトマンズって、外国人がじつは多いことを知った場所です!)


古都巡りが、意外にも街歩きになった1日。
外国を旅するのに、自分の足で歩くことは、楽しいもんだなーと感じたりもしました。

                                           疲れましたけど・・・




街中には“こん棒” みたいなモノを持った警察官がウロウロしていたので、
デモが街のどこかであったんだなと、感じました。

ネパールもガソリン高いです。
1L=約100円くらいかな。 これ、ネパールの物価でいうと、激激激高!!
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-27 02:56 | 旅‐ネパール

バクタプルの町

15世紀から18世紀にかけて、
王国(カトマンズ盆地に君臨した3王国のひとつ)の首都であったバクタプル。

ネワール族によって築かれた町で、精巧な木造彫刻や、レンガ造りの町並み、
人々の暮らしは今でも中世にあるかのような、文化的にも貴重な古都です。
c0253488_2505749.jpg

(バクタプルの大通りに面した八百屋には新鮮な野菜が並ぶ)

1時間もあればグルリと町を一周できそうなほどの町ですけど、
バクタプルの町の中は、レンガ造りの建物の間に細い路地が入り組んでいて、
つい迷子になりそう。

この町に詳しいガイドと散策できたのは、ラッキーでした。

町の中には、ほとんど車がなく、
300~400年前とほとんど変わらない暮らしをしていると思えるほどの風景。




ここは、小学校です。
児童が校舎から元気よく出てくる姿、教員がくつろぐ姿、自習する生徒の姿があります。
c0253488_2521346.jpg

(バクタプル周辺には15万人もの人々が住んでいるそう、だから学校も多いとか)

町の生活通りを歩いていても、
なんだかタイムスリップしたかと錯覚に陥るくらい!

このバクタプル、映画「リトル・ブッダ」の撮影にも使われたそうです。  
時代の進化とは、まったく無縁とも思える人々の暮らし、町の風景・・・。




テクテクと路地の中へ進んでみることにしました。

4世代家族が編み物をしているところに遭遇、ここで団欒することに。
ガイドがネワール語が話せて助かりました。    
ここに住む人々はネワール語しか話せません。
c0253488_2542335.jpg

(生後10ヶ月ほどの女の子の赤ちゃんと坊ちゃん)

女の子の赤ちゃんの目の周りに、黒いアイラインが引いてあります。

これ、この周辺では乳児~少女によく見かけたので、聞いたところ、
「目の病気をしないように」という風習のようなもので、
漢方に似たモノで目を保護しているのだとか。



ここに集まる女性達の中で、1番の長老の お婆ちゃん。
c0253488_2544663.jpg

(近くにいた鶏にビビり、お婆ちゃんに抱っこされて・・・ 少々べそかき坊ちゃん)

お婆ちゃんの歳を尋ねたところ、
「んーと、だいたい80歳くらいかな?80は越えているか。 はっきりと知らないのよ。」 

ここでは、年齢は大して重要なことではなく・・・、
また、お婆ちゃんは生まれてから、1度もこのバクタプルから出たことがないのだそう。




発展し続けている都会、バンコクから来た私たち母子にとって、
ここでの暮らしに触れることは、歴史探索に近い体験です。
c0253488_2554659.jpg

(町の広場をゆく住民を眺める坊ちゃん)

最盛期のネワール文化が花開いた、
芸術の集合体、ダルバール広場は必見。  

なんとも言えぬ、余韻を記憶に残して、
カトマンズへ戻るべく、バクタプルを後にしました。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-12-26 02:49 | 旅‐ネパール

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧