のほほんタイ暮らし

カテゴリ:食事(レストラン)( 27 )




LA BOULANGE

バンコクで出会った友人の中でも、
本当に素敵な友だと心底慕っている人達がいます。

ランチを一緒に食べる「定例会」なるものがあるのですが、
     (子供達が学校から帰るまでの至福タイム)
最近バタバタしていて、かぁちゃんは参加できていませんでした。


久々にそんな友達との定例会に行くことができました。
いつもは互いの子供の気分や、メンバーが都合のいい場所を決めるのですが、
今回は、コンベント通りにある“ LA BOULANGE ” へ。
c0253488_12345182.jpg

(シーロム通りからコンベント通りに入ってすぐ、スターバックスの向かい)

ここは、この近隣に勤める友人がおススメしてくれていた
フランスパンやお菓子が特に美味しいという小料理店。
c0253488_12351621.jpg

(種類も豊富です。お宅訪問の手土産にも喜ばれそうなモノ多し)

以前、夫とランチをしにきましたが、
洒落た欧米人がのんびりくつろぐ姿があって、雰囲気が気に入りました。



きょうは、サンドイッチをいただきながら話に花が咲きました。

日々バタバタしていて連絡を怠けたり、せっかくの誘いを何度も延長したり・・・
それでも親しくしてくれていたお姉さん達です。

彼女達は、基本的には今後もずっとタイで暮らす予定ですが、
きっと会いに何度も戻ってきてしまうでしょう。  よろしくね。
c0253488_12361031.jpg

(仕上げにケーキは欠かせません)

女の子3人、女の子2人のお母さんである友人達。
これからも続く海外生活での子育ての不安を聞いてもらい、アドバイスをもらい、
かなり安堵した気持になれました。   ありがとう。

さらに、次の渡航先に偶然にもいるという友人を紹介してもらったり、
その国からタイへ来たという友人について話してもらったり・・・
人との縁や繋がりの不思議と、温かさをジーンと感じた日です。


これまであっけらかんと捉えていた バンコクでのカウントダウンの時間。
いよいよ、寂しいかも・・・ と感じてきました。



それはそうと、LA BOULANGE
ほっくりできる小料理店です。
c0253488_1237499.jpg

(テラス席の横にある、ケーキ・パン類の販売コーナー)
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-15 12:32 | 食事(レストラン)

eat space COM & MUZINA

坊ちゃんを連れて、カフェへ行きました。
『eat space COM』 (イート スペース コム) です。
c0253488_23411772.jpg

(スクンビット ソイ 14 の一軒家にオープンした、
                        “ショップ+カフェ+美容室” 集合スペース)

ここは、これまで度々通った服屋 “muzina(ムジナ)” のショップ、
さらに、知人ユキちゃんが開いたカフェが同居しているナイスな場所。
c0253488_23421295.jpg

(いつもスタイリッシュなユキちゃん、カフェを徘徊する坊ちゃん)

天然節の効いているユキちゃんですが、かなりのしっかり者・・・
とはいえ、彼女がこんなにもケーキ作りの達人とは知りませんでした。

ユキちゃんの手作りケーキ、美味しい。 
c0253488_23424552.jpg

(チーズケーキとガトーショコラ  その日によってケーキが変わります)

とても良いバランスで甘さ控えめのケーキ。
男性でも食べやすいと思います。

チーズケーキは、甘さは押さえているけどクリーミー加減は豊か。
ガトーショコラは、カカオの風味が活きていて食べごたえがあります。



で、Cafe (eat space COM) と同じ空間にある『muzina』 。
ナイトバザール店 よりは品数は少なめだけど、選りすぐり品が揃う印象。

肌触りと着心地がよさそうな、オリジナルのTシャツが並べられていて
価格もお手頃でつい買い物を楽しんでしまいます。かわいいストール購入。
c0253488_234482.jpg

(タイのファッション雑誌などで『muzina』よく紹介されています)

坊ちゃんはというと・・・
ショップで見つけたハットをかぶり、
「ハットォォォ~」 と言い、自分の鏡に映る姿に惚れ惚れ していました。 
c0253488_23442559.jpg

(黒やグレー、いろんな色のハットをとっかえひっかえ試着するこだわりよう)

緑豊かな庭もあるし、静かな空間だし、
またのんびりしたいときに行こう。



eat space COM + muzina +ZAN
24/1 Sukhumvit Soi 14 (ソイ14 を約150m右手 ブルーの壁が目印)
02-653-3788  駐車場あり
昼12時~夜8時 OPEN
[PR]



by thailand-2006 | 2008-07-25 23:39 | 食事(レストラン)

VERTIGO @ Banyan Tree

6月はわたくしの誕生月。

日頃多忙であまり一緒にいることができないためか、
今月は、夫によるスペシャル接待&貢ぎ物が相次ぎます。 しかも小出し作戦。

今週のある日、“Banyan Tree” へ。
c0253488_2281454.jpg

(目指すは最上階)
61階建ての薄っぺらいバンヤンツリーホテル。
サトーン通り沿いにある、強風が吹いたら倒れちゃうんじゃないかと、
思わず心配になる高層ホテルです。 大丈夫ですよ、強風でも揺れてませんから。

この最上階のオープンエアースペースにあるのが、
“ VERTIGO Restaurant & Moon Bar ” (ヴァーティゴ) です。
c0253488_2285573.jpg

(周りに景色を隔てる高層ビルがなく、バンコクの夜景が一望できロマンチックです)

夫と意気投合して生牡蠣を食べ (タイで生ガキ食べても平気でした)
アルコールも久しぶりに味わい・・・  15分後には酔っぱらいモードのかぁちゃん。
c0253488_2210269.jpg

(まわりはカップル多し。 ドレスコード意外は立ち入り禁止です)

絡み系の酔っぱらいに変貌してしまう、酒癖があり・・・。
せっかく、せっかく、夫が努力を尽くしているのにも関わらず・・・。

 『あなたには良いとこなんてまったくないわよ』 と口走ってしまい・・・   
とーぜん、売り言葉に買い言葉で・・・。  とほほほほほほ・・・・。


ギャーギャーと、あーいえばこーいうみたいな痴話喧嘩@VERTIGO、
いつもの私たち夫婦っぽい、素敵な時間を過ごしている間―、

愛息坊ちゃんは、大好きなバナナを食べながら、
最近ハマってる「セサミストリート」バナナ話を楽しんでました。(メイドちゃん談)
c0253488_22135836.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2008-06-20 22:04 | 食事(レストラン)

OUTER ROOM cafe&bar

『一杯、飲みいかねぇ?』
めずらしく、とぉちゃんから誘いがありました。

子育て中だと、多忙の夫とは生活のリズムがまったく合わず、
顔を合わすことのない日だって多い。
嬉しい、お誘いです。

乳児がいる家庭で、こんな“夫婦で夜飲みにいく” ことができるのも、
メイドさんに子供のお世話をお願いできるから、です。 感謝。



『ユージさんの店に行こうぜ』 ってことで、
“OUTER ROOM CAFE&BAR ” (スクンビット23~31へ抜ける道の途中にあり)
c0253488_737859.jpg

(在タイ日本人が集まる 一人でも入りやすいカフェバー)

このお店のオーナー、ユージさんは前に一緒に仕事をした仲間の1人、
高校時代、学校こそ違いますが同じ某国で過ごしていたことも判明。 とても奇遇。

すっかり気分は、うひうひ酔いモード。
c0253488_7404893.jpg


とか何とかいって、
結局、この席にはもう1人友人が加わることになっていまして・・・ 
夫婦2人じゃなくて、ぜんぜんいいんです。
だって、夫より、ずーっとイケメン。 " LOVEな男性" なんですもの。

愛しの友人がやって来る前に、しっかり食べておこう。
一押しの たらこスパゲティー。   激 うま。
c0253488_7425613.jpg

(コクがあってクリーミー。 こんなパスタ久しぶり。)

その愛しの友人(私たち夫婦の友人)が合流して間もなく・・・
あ、もう帰る時間。 かぁちゃんはね。
愛息坊ちゃんが、絵本を片手に待っている。

楽しいひと時、さようならぁ~。


帰宅すると、
坊ちゃん、お絵描きしながら待っていてくれました。
c0253488_7443815.jpg

(まったく寝る気配なく夜更かし幼児です)

たまには、新婚の頃のように夫婦で1杯飲むのもいいですよね。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-06-16 07:31 | 食事(レストラン)

BANANA LEAF

2歳になった坊ちゃん、絶好調です。

外出ついでにタイ料理を食べにいきました。  
手頃価格と入店のしやすさで、よく利用します。
タイ料理店 “ BANANA LEAF ” @Siom Complex
c0253488_21425551.jpg

そうそう、坊ちゃんよくこんな恰好します。 ↑
この姿を見て、タイ人の友人は「かぁちゃん、第2子できたんじゃない?」 と言います。

子供がこの恰好をすると “母親は妊娠する” というタイの言い伝えがあるそうで・・・。

              タイの育児習慣や迷信を取材した “日タイ育児比較文化”
              「まるごとタイランド100+8号」で、執筆しました。 よかったら。


さっそく晩ご飯をいただきましょー。 
かぁちゃん只今 イカを材料に使ったタイ料理にハマってます。
c0253488_2145677.jpg


坊ちゃんは只今 エビ狂ですので、
チャーハンもエビ入り、野菜炒めのエビだけ完食、ヤムウンセンのエビも狙います。
c0253488_21454441.jpg

(2歳児の坊ちゃん、一皿一人で食べるほど大食いです)

ここはタイ人の家族連れなども一家で食事に来る感じのタイ料理店で、
そこそこ安いのが気に入っています。  料理サボる時、御用達―みたいな。
c0253488_21461022.jpg

(いつの間にかちょっとだけモダンな雰囲気になったレストラン内)


ササーっとご飯を食べて、そそくさと家路につきます。
その前に朝食用に、これまた坊ちゃんの大好物のバナナを仕入れにいかねば。
c0253488_21463037.jpg

(「バナナー」と言える坊ちゃん。バナナを愛してます)

タイ料理、最高。
大好き。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-05-24 21:40 | 食事(レストラン)

BURI TARA

今夜は眺めのよい川沿いレストランへ行きました。
家族3人で食事できるのは、久しぶりのことです。

ラマ3世通りをぐんぐんチャオプラヤー川の方へ進んでいき
しばらくして、『ここだ! 左曲がって!』  いつも突然 道を指示され、
“第2のナイトバザール”と言われるバザールを通りぬけ、
1番奥(川沿い)に到着しました。

『 BURI TARA Bar&Rastaurant 』
c0253488_2145813.jpg

(テラス席と屋内席がありますが、もちろん川沿いのテラスへ)

センスのよいインテリアで、仄かな照明やソファー席もオシャレ。
見渡せば、すぐ横をチャオプラヤー川が流れ、奥にはライトアップされた橋も見えます。
c0253488_2153027.jpg

(位置的に見えるのはラマ4世橋だと思います。 もしかしてクルンテープ橋か?)


特に気取った雰囲気はなく、液晶大画面ではスポーツ放映をしているし、
ランダムにテラスで生演奏があるのも心地よいです。
c0253488_2155054.jpg

(坊ちゃんシンガーの歌に聴き惚れています)

タイへ来て初めて生ガキ を食べました。
生は食べない方がいいと忠告を方々から受けますが、
とぉちゃんが 大丈夫だと言うんで・・・・。
c0253488_2174578.jpg

(生ガキはタイの香草や薬味をたっぷり一緒にいただきます。 激うま~)

夫婦2人で、1ダース食べちゃいました。  
坊ちゃんは大好物のエビ炒飯をたんまり食べてました。

川沿いで眺めがよく、プライベート感が保てるオシャレなレストラン。
久々の妻子接待で、かなりポイントをUP させたとぉちゃんでした。


                       ごちそうさまでした~。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-05-20 21:00 | 食事(レストラン)

お粥屋 ニヨーム

金曜日の夕方って、本当に道が混雑してイライラしますね。
                    
坊ちゃんを託児所(ナーサリー)に迎えに行ったあと、
家族3人でご飯を食べに行きました。

向かった先は、ココ。
時興飯店(ニヨーム・レストラン) NIYOM RESTAURANT
c0253488_22372591.jpg

(SILOM PLAZA内にあるいつもにぎわっているレストラン)

もともと、タイで働いているとぉちゃんの友人から教わった店で、
お粥が激ウマ なのです。

店先には、豚肉の腸詰め薫製や干し魚など、食材がずらーりと並びます。
c0253488_22374784.jpg

これらは、お粥とともに食べるおかずとして絶妙な組合わせでテーブルに上がります。


例えば、メニューの一部を紹介しますと・・・
「干し魚とヤシの実を入れて煮たもの」
「梅干しと中国魚の頭を蒸したもの」
「魚の胃袋を醤油で煮たもの」        などなど。 (メニューは日本語も併記)

私たち家族の大好物が、これ。
「干し魚と豚ひき肉蒸し」
c0253488_22381565.jpg

(干し魚の深い味と、肉のプリプリ食感、ショウガ味が最高の一皿)

単品では濃い味付けで、お粥に入れて食べると何杯でも食べられます。
いつも大人ならお粥2~3椀って感じです。


離乳食が始まった頃、緩い食事=(離乳食みたいな)が外で食べられる店として
とぉちゃんに初めて連れて来てもらって以来、坊ちゃんも大好きです。
c0253488_22385365.jpg

(調子がいいと、こうやって自分で食べたがります)

調理エリアの前には、新鮮な緑の野菜が10種類ほど並べられていて、
「野菜炒め」を注文したとぉちゃんは、たくさんの野菜の中から実際に見て選択。
c0253488_22402523.jpg

あっさりしたお粥を、具で自分流にアレンジできるのがよし。

胃が疲れている人、さらりと食事したい妊婦さん、離乳食中の子連れの家族、
朝方4時半までオープンしているので、飲み帰りに軽く・・・ にもよし。



【ニヨーム・レストラン】
シーロム通りとナラティワート通りの交差点から100mほど川沿いへ進んだところ。
(シーロム通り沿い「Silom Plaza内」 遼寧餃子館のシーロム通り挟んだ向かい側)
最寄りは、BTS(高架鉄道)「チョンノンシー駅」徒歩5分ほど。 17時頃開店。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-22 22:35 | 食事(レストラン)

中国水餃

今夜もふらりと、“おいしい餃子が食べられる店”へ行きました。
c0253488_2214579.jpg

(在タイ歴の長い知人から教えてもらった、水餃子が特においしい店)

いろいろな具の餃子がありますが、
とりあえず水餃子と焼き餃子ってことで。
c0253488_22151895.jpg

(水餃子のぷりっぷり加減が最高です。)

坊ちゃんは、餃子 大好物です。  
具を食べて周辺の皮は残してしまう、ワルな食べ方をするんですけど、
ここの餃子では、まず皮を全部食べてから具に移行っていうスタイルです・・・。
c0253488_22154752.jpg

(水餃子の皮をおいしく頬張っている坊ちゃん)


その他、野菜炒め(インゲン豆炒め)やエビ入りチャーハンを平らげ・・・。
ひき肉あんがたっぷりのった、麺ものもかなりイケます。
c0253488_22161094.jpg

(これも熱々と食べると最高です)

母子2人でどんだけ食べるんじゃ、て感じですけど、
お腹いっぱい食べても300B前後。

『中国水餃』 って看板が目印。
c0253488_22164734.jpg




場所:ラマ4世通り(ナイトバザール向かい)沿い、
    タイ銀行の角の道を入って約10m。
   
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-19 22:13 | 食事(レストラン)

8番らーめん

坊ちゃんの大好物が、『8番らーめん』のラーメンと炒飯です。

日頃買物に行く CWP(セントラルワールドプラザ)や、カルフールや
シーロムコンプレックスにあるという便利さもあるんですけど、
素朴な中華麺の味も懐かしいし、何より安い!

というわけで、私たち母子は
2週間に1度くらいのペースでお世話になってます。 
                    2人で満腹食べて150Bほど。
c0253488_1615547.jpg

(8番らーめん、タイ第1号店のシーロムコンプレックス店にて)

8番らーめんの店に入ると、いつもタイ人のお客さんで大盛況ですけど、
れっきとした日本で歴史のあるラーメン店です。

もともと昭和42年に石川県 加賀市の国道8号線に開店したのが始まりで、
タイには1992年に進出し、今ではタイ国内に約80店展開中の人気店です。



坊ちゃん定番のラーメンと炒飯を注文。
c0253488_16155537.jpg

(最近では、ラーメン1杯と炒飯半分を坊ちゃん一人で食べちゃいます)

モリモリ食べます。
ラーメンが来ると我慢ができなく、暴れ始めます。
         かぁちゃん必死で、麺を短く坊ちゃん仕様に切ります。
c0253488_16161795.jpg

(ラーメン大好き坊ちゃんです)


タイ人がたくさん訪れる日本食レストランにいると、
驚くような食べ方をしていたり、味付けをしていることが多々あります。
つまり、タイ人の仰天味覚。

タイ料理は香草や香辛料も豊富で、味にもパンチがあります。
その味覚に慣れ親しんだタイの人々が和食を食べる時、やたらわさびを導入します。

8番らーめんで最近見かけた技。
なっなんと!餃子にわさび!!
c0253488_16225513.jpg

(餃子タレにたっぷりわさび 思わず隠し撮りしちゃいました。)

驚きました。  
                                   以上、おしまい。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-12 16:13 | 食事(レストラン)

桂花ラーメン

タイで駐在暮らしをするようになって1年9ヶ月。
その間にもバンコクには、新しい日本料理店が続々オープンしています。

特にラーメン店にいたっては、
筑豊ラーメン「山小屋ラーメン」など次から次に開店。
しかも、海外で食べられるラーメンのレベルとしてはかなり高いと思われます。



すでにラーメン激戦区となりつつあるバンコクですけど、
とうとう一昨日には、熊本ラーメン「桂花ラーメン」がパラゴンにオープン。
c0253488_1564676.jpg

(サイアムパラゴンのG Floor (高級版フードコートがあった場所))

ラーメン大好きのとぉちゃんが、" 桂花ラーメン タイ進出 " を知った瞬間、
叫んだほど、熱烈なファンを持つ、ラーメン通の間では名店だという。(とぉちゃん談)



とりあえず、基本は「桂花ラーメン」(150B)でしょ、てことで。
c0253488_1573123.jpg

(熊本ラーメン独特のニンニクが効いたとんこつスープ)

ニンニク風味がかなり効いているので、
濃いめの味に感じますけど、美味しい。   

大盛りにして、坊ちゃんと分けっこしました。
c0253488_158849.jpg

(ペロリとスープまで全部たいらげた私たち)



おかしかったのは、タイ人のお客さん達。
味見もしないで、タイ料理と同じように、テーブル上の調味料をガンガン入れて・・・

あー、もったいない。 
せっかくの桂花の味がぁぁぁー なーんて。


そんな、桂花ラーメンを支えているのは彼ら。
c0253488_1584065.jpg

(東京の桂花ラーメンからきたマネージャー池さんを始め、修行をつんだスタッフ達)

今後は、トンローにも開店予定とか。
         
        


今日は、中国正月の大晦日。  
バラゴンでも旧正月らしい飾り付けがあちこちに・・・。
c0253488_1592918.jpg

(大きな獅子の前でポースをとる坊ちゃん)

今夜は、私たち夫婦が慕っている華僑のご夫妻のお宅にお邪魔します。
  
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-06 15:04 | 食事(レストラン)

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧