のほほんタイ暮らし

ワット・シェントーン@ルアンパバーン

ラオスの古都 ルアンパバーンでの愉しみは、何も決めずに散歩すること。

町の中心は横長にせいぜい2kmくらいなもので、
メイン通りを端から端まで歩いても充分余力はあります。

メコン川の舟旅を決行し、
今だにお尻にヒリヒリ感が残るので  (露店で座布団買うべきでした)
1日気ままにルアンパバーンの町を歩くことにしました。



メイン通りの端っこ(北西)、 町のにぎわっている場所からみると、
1番奥に位置する Wat Xiengthong (ワット・シェントーン)へ行きました。
c0253488_1250610.jpg

1560年頃に当時の王によって建立されたという、ルアンパバーン様式の寺院。
ラオスの寺院の中では最も美しいと言われているとか。 
                      湾曲した屋根がルアンパバーンの特徴です。

これまで、数多くの寺院へ足を運んできた坊ちゃん。 
条件反射なのか、テクテクと本堂目がけて歩いて入っていきました。
c0253488_12503694.jpg

(黒地に金の装飾が優雅さを演出しています。 扉の金の彫刻も見事でした)

本堂へ入って、いったい何を始めるのかと思いきや・・・
最近、寺院ではこうするものだと身体が覚えているようで・・・
タイ式 スタイルの参拝を始めた坊ちゃん。   
c0253488_12505939.jpg

(手を合わせたあとに、頭を床につける参拝スタイル。なかなか様になっています)


無事? 参拝を済ませ、境内へ出たところ・・・
外はかなり暑いことに気づき、
速攻で向かい側にある小さめの建造物へ飛び込みました。

お~ 。  これはなんだ?
c0253488_12512760.jpg

(黄金の龍が雄々と天井の高い御座神輿のようなものを引く形の乗り物)

よくよく説明を読むと、
なんと! 霊柩車なのだそうだ。

約50年前、シーサワンウォン国王の葬儀で実際に使われたもので、
つまり、ここは霊柩車庫みたいな建物というわけで・・・

奥の方には、埃をいっぱい被った仏像や装飾品、葬儀の備品などが置かれています。
なによりも美しいかったのは、キラキラ光るモザイクの壁画です。
c0253488_12515078.jpg

(旧王宮(ルアンパバーン国立博物館)の国王謁見の間もこのような装飾が見事でした)


たぶん、どれも貴重なモノだろうに
無造作に置かれていたり、埃を被っているのがちょっと意外でした。

と同時に、こんな近くで、触れられるくらいの距離で見られたこともラッキ~。




                       
[PR]



by thailand-2006 | 2008-04-21 12:45 | 旅‐ラオス

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧