のほほんタイ暮らし

バンコクの街並み

タイへ引っ越してきて、驚いたことは山ほどあります。

日本は規則がきっちりあって、しかも守るための規則。
タイはもちろん規則はあっても、時と場合によって ゆるゆるだったり・・・。

もはやタイ(東南アジア)名物といってもいい、
バイクの数人乗りは、完全に自己責任で運転するしかありません。
c0253488_2524292.jpg

(バイクの前に荷台がくっついていて、そこにも人が乗る4人乗り。しかもノーヘルメット)


驚いたことのトップ10に入るのが、
街のいたるところで見る事ができる 乱雑な電線です!!
c0253488_25332.jpg

(これはまだまだキレイな方です)

百本以上が絡まり合っているんじゃないかと思うほどの電線が、電柱に密集していて、
いったい配線は大丈夫だろうか、はたまた漏電は大丈夫だろうかと心配してしまいます。

数日前には、バイクの運転手が垂れた電線に引っかかり、
バスにひかれるという事故も発生しています。

電線泥棒による感電死の事故も後を絶たないようだし・・・。



大通りから一歩中へ入ると、民家がズラリと並んでいて、
ごく一般的な人々が暮らすエリアにも電線は張り巡らされて、生活を支えています。
c0253488_2534168.jpg

(朝早い時間の住宅エリアの様子、朝から屋台が出てここで朝食を済ませたりもします)



そして、バンコクは想像していた以上に大都会であるということ。
まだまだ開発途中で、真新しい高層ビルと、古めかしい住宅が同居する街中。

バンコクの商業中心地とされるエリアの CWP付近も見渡せば、
すぐ隣には廃墟同然の低層ビルや、地元の人々の住宅が広がっていたりします。
c0253488_2541427.jpg

(CWPセントラルワールドプラザから→プラトゥナーム方面(北西)を見た風景)


じつは、パタヤでは、スワンナプーム空港開港前から、
少しずつ景観改善に取組んでいて、一部の電線はすでに地下に埋まっています。

ようやくバンコクも「電線地下埋没化」がエネルギー政策委員会で承認。
いくつかの承認を経て、トンロー通りやエカマイ通りを含むいくつかの
大通りの電線が地下へ移ることになりそうです。 
~2022年までに、という計画ですけど。   ずいぶん先。(笑)


坊ちゃんが大人になる頃には、
街が少しすっきりして、景観もよく、電線事故のない安全な道になっているかな。
c0253488_2554947.jpg

(とうとう坊ちゃんのバギー遊びは、CWPまで出張してしまいました・・・とほほ。)
[PR]



by thailand-2006 | 2007-11-08 09:34 | 暮らし

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧