のほほんタイ暮らし

タイの名家 ククリット家 

きのう、新聞を少し にぎやかせたククリット家の騒動。

シーロムに行く用事があり、ちょうどその近所に渦中の邸宅があるので、
寄ってみることにしました。   <一般公開は土日祝のみ、50B>
c0253488_2412925.jpg

(昨日のBangkok Post の紙面で取り上げられるお家騒動。 奥は父、手前は息子)
↑上記の邸宅は、タイ首相も務めたククリット・プラモート氏(Kukurut Pramoj/故人)
の住居で、王族の血を引く一族でもあります。

で、何が騒動だったかっていうと・・・
その邸宅の敷地に財団は美術館などの施設を建てたい、
ククリット氏の息子は、父親が生きていた当時のまま残したい、 ってこと。

結局、そのままを維持ってことで落ち着いたようで。
c0253488_2414885.jpg

(タイの伝統的な建築様式の邸宅で庭も素敵。)

実際に中を見ることができるんですけど、さすがに書籍の数はなかなかのもの。

文学者で(「王朝第四記」)、ジャーナリストで(タイの政治紙「サイアムラット社」創設)、
政治家(元首相(75'-76') 民主党 創設に参加) を思わず納得です。
c0253488_2421821.jpg

(芸術も愛していたとのこと、点在してます。 壁にかかるのはラマ5世の肖像画です)

ラマ5世とククリット氏の曾祖父がラマ2世ってことで、
遠いのか近いのかよく分からない王族の血筋・・・。


建物内は撮影禁止なのですが、
とても生活感が残る部屋ばかりで、見応えあり。 意外と質素です。
c0253488_2424964.jpg

(在バンコクの外国人が多く来ていたよう。案内のお姉さん達も英語でアテンド)


行くと驚くのが、飼い犬の多さ。
ククリット氏は、プミポン国王同様 犬好きだったらしく、多くの野良犬を保護して
飼っていたそうです。  今もね。

なので、こーんな広い庭があっても、犬たちには必要なスペースなので
余計な施設を建てる場所はないよー っというのが息子の主張だそうです
c0253488_2431146.jpg

(ふわふわの芝生で坊ちゃんも立つ練習したりして。他の家族も寛いでいましたよ)




Mr.Kukurit's Heritage House
Suan Phlu soi 1, Satorn soi 3, Satorn Rd
(サトーン ソイ3 を入って約300m行き、右折、道なりS字のカーブ進み、左手にあり)
[PR]



by thailand-2006 | 2007-06-16 02:38 | おでかけ (BKK)

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧