のほほんタイ暮らし

<   2008年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧




タイを発つ

タイを発つ日。

約2年半前、大きなお腹の妊婦で猫2匹を連れて
どきどきしながら訪れたバンコク暮らしの出発点だったサービスアパート
『Oakwood City Residence』を最後の数日の場所に決めていました。

早朝にもかかわらず、
タイの友人達がスワンナプーム空港まで見送ってくれました。
c0253488_15211748.jpg

(坊ちゃん、まるで小旅行へ行くかのようにはしゃいでます)


なんだかんだ感傷に浸っている余裕はなく、
バーツをドルに変えたり、猫の検疫書類を提出して預けたりと、やること満載。

事前に動物検疫の書類を取得しておけば、
渡航日当日は、書類を搭乗手続きの際に提出するだけでOK。
(航空チケット予約時に、ペットが同行することを伝えておく必要あり)
c0253488_15213865.jpg

(タイ輸出許可書と渡航先国 輸入許可書(コピー)をゲージに貼付ける)



あっという間に、出国手続きの時間です。

坊ちゃん、
この2年半いーっぱい面倒を見てくれた友人とお別れの最中。
c0253488_15215633.jpg

(友人が泣きそうな顔をしているを見て、神妙になる坊ちゃん)


お別れ、といっても
一生会えないわけじゃない。

でも、ここ数日、よく泣けてきました。
それだけタイ暮らしが多くの人とのつながりで、素敵なものだったのだと思います。



皆さん、心からありがとうございました。

さようなら~ バンコク。
c0253488_15221625.jpg

(バンコク郊外の風景を眼下に上昇するタイ航空機)

次なる国は、  
c0253488_15223634.jpg


そんなわけで、
『のほほんマニラ暮らし』   よかったら、ぜひ。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-30 15:19 | 暮らし

Littele Maple Nursery

安心して子供を預けられる場所がある―。
これはバンコクで育児をしていて、重要で、また恵まれたことでした。

バンコクで育つ日本人の子供たちは、
1歳半~ Pre-school などの学校へ通うことができます。

“BAMBI”などが主催する Playgroup へ出かけてみたり、
日本人幼稚園やインターナショナル幼稚園が行っている プレイグループや、
園庭開放もあったりで、友達作り+子供遊びの環境は豊富だと思います。



坊ちゃんは、ナーサリー(託児所)を選択しました。
体験入学や転園なども経験し、辿り着いたのが、ここ。
 『Littele Maple Nursery』 でした。
c0253488_15162289.jpg

(スクンビットエリア・シーロムエリアに教室あり) 
                    参照:www.littlemaplenursery.com

我が家は、日中の長時間 坊ちゃんの世話をするメイドさんがいたわけではなく、
さらに、不定期、不規則な時間で、ママが外出をすることもあったりで、
ナーサリーの 朝7:00~夕方6:30 という開園時間は、融通が効いて大助かり。

ナーサリーで調理した給食、昼寝やおやつタイム、生活習慣の教育、
外遊びの時間、英語での保育、季節毎の社会見学アクティビティー・・・

恥ずかしながら、初めての育児で、足りない母親の子育てを、
多角的にサポートしてもらっていたのも事実です。   
c0253488_15242932.jpg

(坊ちゃんのシンボルマーク“PIGGY” 印の靴箱)



タイを離れる前日までナーサリーに通うことを希望しました。
きっと坊ちゃんも、託児所の先生やお友達もそうだろうと思ったからです。

夕方3時。
とうとう、最後のお迎えの時間がやってきました。

坊ちゃんは、みんなで中庭の横でおやつタイムを過ごしていました。
いつもと様子が違う先生からの “ バイバイ ” のハグに、坊ちゃん気づきません。
c0253488_15261928.jpg

(育児経験を活かしたアドバイスをくれるイギリス人の英語の先生)

坊ちゃんが最上級で大好きだった Jam先生
ママに叱られた後、Jam先生に登園直後に飛びつき得意顔をする坊ちゃんでした。
c0253488_15264072.jpg

(このあと号泣し、坊ちゃんとの別れを寂しがってくれた先生)

毎日毎日の坊ちゃんの大事な場所だったナーサリー。
たくさんのお友達と遊んで、お勉強した楽しい場所。
c0253488_1527383.jpg

(先生やお友達にバイバイして、園舎を振り返る坊ちゃん)

ありがとうございました。
バンコクに来たら、必ず立ち寄ります。


子供を預ける母親にとっても心強い場所でした。
つい、かぁちゃんも号泣。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-29 15:14 | 託児・幼稚園

涙の夜

私、幼い頃から転勤族暮らしだったので、
一つの場所(地方または国)には執着しないタチで、この30年以上生きてきました。

でも、このたび
タイを離れることが名残惜しくて、寂しいです。


たった1年9ヶ月のつきあいだった、外出の相棒マイカーを手放し、さようなら。
テラスを彩っっていた植木たちともお別れ・・・。(タイの友人宅に一括で里子へ)

そんな、“お別れ” の連続で気分が凹んでいるところ・・・



限られた短い時間に、友人たちが時間を合わせて、
サービスアパートまで会いにきてくれたのは、嬉しい出来事でした。
c0253488_151025100.jpg

(坊ちゃんとかぁちゃん共々、仲良くしてくれて本当にありがとう)



怒濤の1日が過ぎた頃、
坊ちゃんがぐっすり寝静まったあと、ソファーに腰掛けて、
友人が贈ってくれた1冊のアルバムをパラパラと眺めてみました。

それは、友人作の入魂の1冊。
坊ちゃん(母子)の 『スクラップ ブック 誕生~今日まで編@タイ生活』
c0253488_1511356.jpg

(このブログの写真や、個人的に友人が撮影した写真を織り交ぜて・・・)

すごい。
母親でも、こんな手のこんだ記録アルバム作っていないのに、
年表形式ページ、ハプニングページ、旅行記ページ・・・ 

そして、友人達からのメッセージページもたっぷりと。
坊ちゃんの保育園の先生全員からのメッセージと写真も添えられている。
                       (よく内密でここまで製作したもんだ!)

みんな本当にありがとう。
静かに涙が流れて、止まりません。




そんな今夜、
坊ちゃんさえ早寝していなければ・・・
愛しの男性 =大関 正義 さんとの“別れを惜しむ会”に出かけていたはず(泣)

私たち夫婦の大切な友人である大関正義さん。
海外で俳優として活躍していくのは、並大抵の苦労ではないと思うけど、
彼の頑張り屋(プロ意識)なところと、おおらかな性格が大好きです。
c0253488_15123885.jpg

(うふふなツーショット)  

妻子を置いて、
愛しの男性との時間を過ごしているとぉちゃん・・・。  涙。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-28 15:07 | 暮らし

中華街

サービスアパートに移った瞬間、ホッとして
一瞬 何も予定がない時間ができました。

最後に 「ワット・プラケオを見たい」 とか言い出すもんだから(とぉちゃんが)
          タイの締めくくりの外出として、ワットプラケオへ向かうことに。


途中、ヤワラー(中華街)を通ります。
毎年この時期は、菜食習慣=『斎』キンジェー が始まります。
主に中華系のタイ人は、一定期間、肉類を口にしません。

そんな『斎』ムードあふれる中華街のヤワラー通りを進みます。
c0253488_154178.jpg

(中華街の風景にぴったりハマるトゥクトゥク)

すると、なんだかお腹が減ってきちゃいました。
暗黙の了解で、ヤワラー通りでタクシーを降りた私たち・・・。
c0253488_1543261.jpg

(屋台がズラリと出る中華街。週末はいつもすごい賑わいです)

数十年変わらないといわれている風景の中華街。
ブラブラ歩きをするだけでも異国情緒を感じられる特別なエリアです。
c0253488_1545761.jpg

(中華街の一角の交差点にて。すっかり坊ちゃん寝てます)



飲茶を食べたかったのですが、
ちょうど昼の時間を過ぎてしまい夕食時間まで一時閉店する店が多く・・・。

結局、中華街での食事で、困ったときにいつも立ち寄る
馴染みの店 『Hua Seng Hong』 で遅めのランチです。
c0253488_1551960.jpg

(日本から来客の時などによく訪れました)

奮発して、ふかひれスープなどを注文。
タイはふかひれスープやあわびご飯が安値で食べられると有名ですが、
じつは、わたくしタイ在住2年半の間で3度目のふかひれです。 少なすぎ・・・                   
c0253488_1563525.jpg

(おいしくいただきました)



タイはまだまだ雨期。
突然の大雨に降られ、中華街で雨宿りしている間に、
ワット・プラケオが閉まる時間 になってしまいました・・・。 ガーン。

残念。無念。
中華街の風景を目に焼き付けて、帰路につきました。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-27 15:07 | おでかけ (BKK)

引っ越し

とうとう、アパートメントから引っ越す日がやってきました。
次の赴任先は、タイからそう遠くない国なので空便・船便を同時に荷出しです。

自分たちで荷造り・・・といっても、
どうしようもない物が最後までバラバラと残ってしまい、やばい・・・と思ってたところ、
朝、引っ越し業者の皆さんが来て、どどーっとパッキングしていく姿に脱帽。


大好きだったこのアパートメント。
毎日お散歩した中庭。 これで見納めです。
c0253488_145638100.jpg

(時には母子でベビーカーでお散歩、歩行練習や三輪車の練習もした芝生の庭)


荷出しはささーっと3時間くらいで終わり・・・
その足で、ずいぶん前から約束していたタイの友人達とのランチ会へ。

坊ちゃんがまだお腹にいる頃から、タイのいろんなことを教わり・・・、

出産直後(初産!)にも関わらず夫が出張で長期で国外へ行ってしまった時も、
家族のように日々お見舞いへ来てくれ、(産後いいという食事の差し入れも・・・)
その後も坊ちゃんの育児には心強い助っ人にもなってくれた大好きな姉さん達。
c0253488_1459974.jpg

(坊ちゃんのタイネームの名付け親にもなってくれた友人たちと坊ちゃん)

坊ちゃん、ママ以外にも
たくさんの「母」がここにいるわけで、とても幸せな子供です。

引っ越し作業で坊ちゃん疲れたのか、
ランチ会が終わったらすっかり寝始めてしまいました。
いつもいつも坊ちゃんと遊んでくれていた友人に抱っこされてスヤスヤ・・・
c0253488_14594863.jpg

(車に乗ると3分で寝る男児です)



さてさて、引っ越し作業ととのに行わなきゃいけないのが、
在タイ日本国大使館 領事部に在留の取り消し届けの提出です。
c0253488_1503939.jpg

(大使館の1Fにある領事部)

日本の運転免許証の更新時に一時帰国できないことも考え、
念のため、タイの在留証明書を申請し、取得しておきました。
c0253488_151339.jpg

(在留取り消し前に申請。バンコクの住所を証明する書類一式・パスポートが必要)


これから数日はサービスアパートメントに滞在。
バタバタだった最近、いよいよ引っ越して少し身体が休まります。



さようなら。
大好きだった我が家。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-26 14:54 | 暮らし

動物検疫 (タイ出国)

タイで飼っているペットを国外へ連れていくのに、
何かと手続きを踏まなければなりません・・・

犬に比べると猫はまだ条件などは緩いので、少し助かります。


いよいよ、猫がタイ国外へ出るための道=動物検疫 、5 段階目です。
1段階 →マイクロチップ挿入
2段階 →狂犬病注射(その他予防接種)
3段階 →健康診断書
4段階 →渡航先の国のペット輸入許可書 申請+取得
      (航空会社へ予約(便名)、英文の健康診断書(Certificate)が必要)


ドンムアン空港からスワンナプーム空港になって、
動物検疫もかなりスムーズなシステムになったと聞きました。

今では、最短で“渡航日当日”に動物検疫手続きができるようになったと、
動物病院で情報を得ましたが、何かの不備があった場合・・・、
飛行機にペットが乗れないケースも考えると、
渡航の3~4日前にスワンナプーム空港にある“動物検疫所”で、
事前に手続きを済ませるのが安心。



動物検疫での手続きは、あらかじめ予約が必要。
 【Suvarnbhumi Airport Animal Quarantine Station 】
 02-134-0731,02-134-0732  fax: 02-134-3640 
 E-mail: qsap_bkk@dld.go.th

そのスワンナプーム空港の動物検疫所はコチラ。
c0253488_1449138.jpg

(Customs Export Clearance Bulding にあります)
バンコクから高速で来ると、
       空港側へ道が右湾曲する辺り右手に見える低層の建物群です。
そのビルへ車でゲートを入ると、1番手前(左手)にあります。
赤い番号札 17~20 周辺です。
c0253488_14495266.jpg

(辺りは倉庫風、すぐ近所にOCSなどの配送会社のオフィスがあったりする)



【持参するモノ・・・】
 ペット(猫3匹)
 英文健康診断書(マイクロチップNo.・狂犬病・予防接種 済み明記)
 渡航先国の輸入許可書
 航空券
 パスポート(同時に渡航する家族全員分)
 マイクロチップ挿入証明書
 タイ入国時の輸入許可書
 ペットパスポート
     ↑ (タイ入国~ 予防接種経歴の医師サイン+シールが貼ってある手帳原本)
c0253488_1451744.jpg

(タイ航空の飛行機で3匹一緒のゲージでOKをもらい、一安心の猫達)



これでバッチリ! 
と、思ったのもつかの間・・・。

渡航先の国の条件にある " タイ出国前 寄生虫駆除 " を見落としていて、
急遽 行わないとこの日には検疫手続きはできないと・・・。

検疫所に紹介してもらった空港近くにある地元の動物病院ですぐに行えば
手続きを続行してくれるとのこと。 大急ぎで向かいました。車で10分くらいの所。

ペットパスポートに寄生虫駆除済みの日付・医師サインをもらって再びダッシュ~



ようやく、
動物検疫所の獣医師の健康チェックを受診できるまでに。 ふぅ・・・。
c0253488_1452645.jpg

(マイクロチップナンバー、体温、触診などなど)

ここで健康チェックを受け、タイ動物検疫所が発行する健康診断書が
渡航先の入国に不可欠な書類になります。 
                 (入国の時点では病院の健康診断書はもはや不要)

無事、すべての書類が揃い、日付や条件も一致し、
猫たちも(入国条件を満たし)健康に問題がないと診断を受けたら、終了!
c0253488_14523567.jpg

(途中 動物病院へ急行というハプニングの末、即日発行された検疫書類)

 “輸出許可書”+“タイ動物検疫発行 健康診断書”  を取得。



これにて、
渡航日はチェックインの際に書類を見せるとスムーズに猫たちを預けられます。 
                                     よかった、よかった。

タイ動物検疫手続き 費用
猫1匹50B×3匹=150B



Animal Quarantine Station
月~金 8:30-12:00, 13:00-16:30
土日祝は休み
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-25 14:44 |

日タイのママ友

今日は、タイのママ友のお宅に昼食に招待され、でかけました。

タイへ来てすぐに知り合った彼女(我が家が借りているコンドミニアムのオーナー)、
 『小さな子がいる同志、友達になりましょうね。』
                      という言葉をかけてくれたにもかかわらず・・・
当時、タイ暮らしが始まったばかり+産後 で、なかなか連絡を取らず・・・。

タイを離れる日が近づくにつれ、何度もランチを一緒に食べたりして
急接近で、仲良しママ友に・・・ という私たち。
              もっともっと早く仲良くなっておけばよかったと海より深く後悔。


タイ人のママ友、といっても、
彼女には日本人の親友もいたりして、とっても日本的な感覚を持っているので
気張らずに話せたり、子連れで遊べたりする友人です。
           (お父様の仕事で、家族が日本で暮らしていた経験もあり)

ランチを日タイのママ友3組が集まって食べた後は、
子供たちはうひうひ遊び始めました。   
c0253488_14402546.jpg

(3歳のN君はハッピーバースデーごっこが大好き)

2歳~3歳の男女の幼児が集まると、
ときに1人遊び、ときに友達を意識した遊び、ときにつるんで大暴れ・・・
と、遊びも気分とタイミングによっていろいろ。

きょう 紅一点だったMちゃんとソファーに座って、坊ちゃんまったり。
c0253488_1441347.jpg

(記念写真を撮影しようとしても、どうしても3人が静止してくれず・・・(泣))

ママ同士はきっとこれからも連絡を取り合って友情はつながっていくけど、
2歳くらいの子ども達は、この頃のこと忘れちゃうのかな・・・と思うと切ない。


せっかく縁あって友達になれた子ども達、
国境を越えてなんとか友情を育む方法ってないかな。
純粋タイ(N君)・日タイ ハーフ(Mちゃん)・純粋 日本(坊ちゃん)を眺めながら思います。




タイ暮らし、残すところ1週間。

友達、バンコクの街、タイ料理、すべてを惜しむ気持でいっぱいの中、
ついつい今晩の夕食は手抜き。 
c0253488_14422513.jpg

(お弁当宅配の「えびす」のからあげ弁当)

バンコクの駐妻の皆さん御用達のお弁当宅配。
例にもれずに、我が家も大変お世話になりました。

スクンビット エリア ではない我が家(サトーン)にも届けてくれる
“オレンジハウス” と“ えびす” には、大変助けられました。 
     (デリバリー料50B)

オレンジハウス 02-261-1128
    えびす  02-713-8540
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-24 14:32 | 子育て

バンコク国際映画祭

きょうからスタートした バンコク国際映画祭。
             ( Bangkok International Film Festival )
世界各国の約80作品が、会期中の30日まで続々上映されます。
主な上映会場となる セントラルワールドのSFシネマへ。
c0253488_14195581.jpg

(今年で6回目を迎えるBIFF。9/23~9/30開催)

どれほど映画を鑑賞できるかわかりませんが、
世界中の注目の映画が一挙に観られる絶好の機会なので、
ゲスト登録をしておきました。

ゲストパスを取得しておくと、
会期中に行われるワークショップやセミナーや式典にも参加できる上に、
1日2映画まで無料でチケットをゲットできるのです。

というわけで、GUEST ホルダーをいただきました。
c0253488_14211869.jpg

(事前にBIFFへ申し込みをしておくと、本日取得できます)

今回はゴールデンキンナリ-賞の受賞式に ウボンラット王女(国王陛下の長女)
がいらっしゃることなどもあり、セキュリティーに力が入っています。
パスを取得するのに、経歴や職歴についての質問のやりとりが何度かありました。

IDを提示してめでたくパスをゲット。
これ、バンコク在住者にはものすごく有り難いシステムだと思うんですが、
残念ながら今日の時点で、
日本人のパス取得者(プレス除く)は希望者も少なく 、たったの5人なのだとか。


とても活発で元気のよいBIFFスタッフ達。
c0253488_1424175.jpg

(世界中から人が集まってくることもあって、各国の言葉を喋るスタッフがいます)

さっそく、上映される映画をこまめにチェックし、
引っ越し作業の空き時間を見つけては映画鑑賞に来たいです。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-23 14:16 | 暮らし

タイ国家警察 本署へ

坊っちゃんにとって、なくてはならない存在の人。
ママパパ以外にも、“坊っちゃんLOVE” の人物がバンコクにいるのです。

いつも多忙を極める方ですが、
彼が忙しくない時は、ある意味 “つかの間の平和” を意味するわけで・・・

お誘いの言葉に甘えて、
ある日、坊っちゃん オフィスへ遊びに行かせてもらいました。


“タイ国家警察 本署” へ(SCDD.ROYAL THAI POLICE HEAD QUARTERS)
c0253488_13201334.jpg

(サイアムのラマ1世通りに沿ってあるタイ警察本署。正門から正面にある建物にて)

坊っちゃんにとっては、まさにお爺ちゃんみたいな存在、
もしママに怒られてもすぐに抱っこしてもらえ、
               その時は『無敵』になれると2歳児ながらわかっている。

つまり相思相愛な間柄ってわけで・・・ 
坊っちゃんがオフィスにお邪魔するとなると、
わざわざサイアムの駅改札まで迎えにきてくれるという、溺愛ぶり。  
c0253488_1320518.jpg

(出会った瞬間、抱っこしてもらって大満足の坊っちゃん)


坊っちゃんが大好きな、その方・・・
タイ国家警察 科学捜査局  戸島国雄 大佐 です。
c0253488_1321666.jpg

(パトカーのおもちゃをもらってウヒヒな坊っちゃんと戸島さん)

坊っちゃんといるときは、とても穏やかな表情の戸島さんですが、
もともとは、警視庁 鑑識のスペシャリストです。

タイ国家警察は厳格な階級序列がありますが、
その中でも高位を与えられ、
タイ国内での様々な事件の解決に現役で貢献している方です。



そんなのどこ吹く風~
“ いつでもどこでもボクと遊んでくれるお爺ちゃん ” てことで、
戸島さんの仕事場の特等席に座って、やりたい放題の坊っちゃんです。
c0253488_13215180.jpg

(戸島さんがこれまで仕込んできた芸を披露する坊ちゃん)

ミャンマー国境への旅(カレン族の村) 同行者の1人であった戸島さん。
坊ちゃんともども、旅の最中もずいぶんお世話になりました。 



坊ちゃんと戸島さんが遊んでいる間、
2004年末に発生した スマトラ島沖地震での写真を見せてもらいました。
                          (見せてもらえる範囲内のスナップ写真)

戸島さんは、津波発生後、カオラックにて
鑑識のプロとして、遺体の身元確認のための指紋照合などに奮闘しましたが、
その様子は凄まじいものでした。 遺体の腐食との闘いや惨状の写真に、言葉が出ず。

普段の戸島さんの笑顔からは想像できないような、
淡々とした顔(仕事ぶり)を見た瞬間でした。



そんな戸島さんを立たせて仕事をさせ、
特等席でジュースを飲む坊ちゃん・・・。     将来、大物になるんだよ。
c0253488_13232421.jpg

(すっかりくつろぐ坊ちゃん。 パソコンでメールや写真をチェックする戸島さん)



これまでのように気軽に会えなくなることをとても寂しがってくれている戸島さん。
マメに坊ちゃんの成長写真を送る約束をして、しばしお別れです・・・。

お身体を大切に。
また会いに戻ってきますね。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-22 13:06 | 暮らし

ママ友 集合

世の中にこんなにもたくさんいる妊婦の中で、偶然にも同じタイで出産し、
1年間で 日本人の赤ちゃんが500人以上生まれているタイで、
ママ同志・子供同志が友達になれたという、ミラクルな状況で友情を育んだ私達。

ママ友 達よ・・・。
c0253488_125950100.jpg

(いつも ママ友集会の場となっているお宅にて)

私たちママ友の間で、すこぶる評判のいい、
スーパーアヤさん(メイド@タイを差す呼称)の “ソムチドさん”が作る
タイ料理を心行くまで堪能できるよう、ソムチドさんが腕を振るってくれたという
「ママ友ランチ会」が、満を持して本日決行されました。

今回は、わたくしの好きなタイ料理メニューずくしにしてくれるとのことで、
オーダーしたのは “ラープ・ムー” やら“ トムヤムクン” など・・・・・・。
うっかり、最大級で好きな “ヤムウンセン” をオーダーするの忘れました。
c0253488_1315732.jpg

(最高に美味 のソムチドさんのタイ料理。 でも普段は和食を料理するそう)
きょうも美味しかったです。 ありがとう、ソムチドさん。
彼女の料理が食べられなくなるのも、タイを離れる寂しさの1つです(泣) 



海外育児って、本当に特異な状況での子育てです。
すぐ近くに何でも言えて頼れる家族はいないし、
日本に比べると設備は不十分で、外出の際の体力的負担はかなりのもの。
(歩道でベビーカー困難、とか横断歩道ナシに等しい車道とか)

でも、そんな状況だからこそ、
人と人との隔たりが柔軟になって、すぐに心を開けるし、弱音も吐けるという、
“ 強がらない (強がれない)” 自分になれるというメリットがあるのかも。

ママ友の前では、涙を流すこともできたし、ふんふん怒ることもできたし、
悩みを打ち明けることもできたし、怠け者にもなれたし・・・。

楽しそうなことには、気軽に誘って一緒にハッピーになれることもできたし。



何より、子供同士が仲良く遊べる “ 仲間 ” になれたことが最高。
c0253488_1335456.jpg

(とか言いつつ、2歳児になってもあいかわらず協調性なく、
                           みんな一人遊びに励んでるけど・・・)
残念なのか、幸いなのか・・・
2歳のこどもって、「お別れ」=「引っ越してしばらく会えない」が分からないよう。

もう、バイバイなんだよ。 と言っても、
『また明日遊ぼうね~ 。 ニッコリ』 ってノリで・・・



そんな私たちママ友、残りわずかな日数の中で、
一瞬でも会える時間を絞りだし、再会する約束をするのでした。

まるで、別れを惜しむ恋人同士のごとく。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-19 12:56 | 子育て

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らし
住宅
交通
メイド
タイ社会
タイ社会 (王室)
タイ社会 (行事)
タイ社会 (人物)
駐妻
子育て
妊娠・出産
病院・病気
託児・幼稚園
ビザ関連

おでかけ (BKK)
おでかけ (郊外)
おでかけ (寺院)
市場
買物
買物(こども)
買物(デパート)
食べもの
食事(屋台)
食事(レストラン)
パタヤ
ホアヒン
チェンマイ
カンチャナブリ
クラビ
スリン
ミャンマー国境
旅‐カンボジア
旅‐ラオス
旅‐インド
旅‐ネパール
旅‐マレーシア
旅‐シンガポール
旅‐香港・マカオ
日本一時帰国
未分類

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧