「ほっ」と。キャンペーン

のほほんタイ暮らし

<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧




タクシン元首相 帰国

ここ数日タイは大騒ぎ。
「タクシン元首相が28日にタイへ帰国するらしい」 ってことで。

今朝の朝刊も帰国に備えた→スワンナプーム空港の厳戒態勢について
一面で報じています。
c0253488_2335092.jpg

(タクシン氏帰国を伝える The Nation紙 と Bangkok Post紙)


で、きょう午前に、本当に
タクシン元首相が香港より1年5ヶ月ぶりにタイへ帰国しました。

香港を発つ前に受けたインタビューでは、
"政界に復帰するつもりはない” という意向を語ったというタクシン氏。
空港に降り立つなり、地面(自国の地)にひれ伏す姿は印象的でしたね・・・。

汚職防止法違反罪などで起訴されているため、即刻 逮捕され、
900万Bの保釈金で釈放され・・・と、帰国するなり騒がしい様子です。
c0253488_23354828.jpg

(家族同伴で記者会見するタクシン氏。両脇にはポッチャマン夫人と娘(たぶん次女))

去年末に行われた下院選挙で、
タクシン派の「国民の力党」が第一党になって政権を主導することになりました。     

1年半ほど前に起きたクーデター や、
その後繰り広げられたデモ などの騒ぎは、いったい何だったのだろう?
 


  
と、こんな具合にタイは一騒動なんですけど、
もう1つ喜ばしいニュースを見かけました。

ミャンマー国境沿いで地雷を踏んで、前足の一部を失った子象のモーシャに、
このほど義足がつけられたそうです!

ランパーンの象病院を訪問したときに、保護されているモーシャに会った私たち。
成長するにつれ数トンにもなる体重をこれでちゃんと上手に支えられるようになりました。
c0253488_23373298.jpg

↑newsclip より
(義足をつけたモーシャ!3本の足で体重を支えるのは大変と聞きましたから)


しばらくタイは騒がしくなりそうですね。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-28 23:33 | タイ社会

運転免許証の更新

日本の運転免許証をタイの運転免許証に書き換えて1年数ヶ月・・・
取得していたのは、一時免許証(Temporary Driving License) なので、
正規のタイ運転免許証(5年間有効)に書き換えなくてはなりません。


タイ運転免許証の更新に必要な書類を集めました。

まず、在留証明書(英文)です。 ワークパーミットがある人はコレ必要ありません。
ルンピニー公園横にある 在タイ日本大使館 領事部へ取りにいきました。
c0253488_23261189.jpg

(すぐ発行してもらえます。 在留証明書 発行料 680B)

次に、健康診断書(英文)のため バンコククリスチャン病院へ。
さすがにタイ暮らしも1年9ヶ月になるので、地元病院でも一人で行きました。

色盲チェック、体重に血圧に問診に・・・ 約10分で終了。
c0253488_23265641.jpg

(多くのタイ人が同じく健康診断にきていました)

じつは、先月もここに健康診断書をとりにきました。
   陸運局にいくのをサボっていたら有効期限の1ヶ月を過ぎてしまい、本日リベンジ。
きょうの健康診断書の料金=380B。
先月、とぉちゃんと来たときは240Bでした・・・(いきなり値上げか?かぁちゃん料金か?)


と、こんな具合に5点が揃いました。
*パスポート原本
*パスポートコピー(ビザ部分も必要)     
*在留証明書 (又はワークパーミット:労働許可証)
*健康診断書
*古い免許証
c0253488_23281972.jpg

(証明書類は発行から1ヶ月のみ有効。要注意)


ウィークエンドマーケットの隣にある陸運局は午後3時半まで。
2Fへ上がっていき、インフォメーションのような場所で整理券もらい・・・

外国人は特別窓口(窓口 No.16or18)で、ほとんど待つことがありません。

あら、まぁ。
いつの間にか、タイの運転免許証もこんなに進化していたのですね。
c0253488_2329356.jpg

(ハイテク風のちゃんとしたカード式の免許証が導入されていました)

しかも、これまで必要だった「写真1枚持参」も廃止。
その場でデジカメで撮影し、30秒ほどでカード式免許証が発行されます。
 (さすが更新料金もアップし(これまでの更新代金は505B)、陸運局での支払い=605B)



タイで運転し始めて1年ちょっとが過ぎました。  

「バンコクでの運転は危ない」と言われますが、
大きな事故もなく運転できてきた今日までに感謝。、
                    という気分で、信号待ちにジャスミンの花輪を購入。                           
c0253488_2330583.jpg

(たいてい20B均一で、ジャスミンのいい香りが車内に広がってアロマ効果大)


さぁ、明日からも安全運転でいきます。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-27 23:10 | 交通

PAGARUNG Restaurant@バンセ―ン

久々の海の眺めを楽しんでいる
バンセーンビーチBangsaen Beachでのひととき。

坊ちゃんは、海岸でモリモリ 砂遊びに没頭中です。
託児所からの保育日誌に
“ブーンチューは初めての砂遊び時間にを叫びながら大興奮” と。
バンコクの公園には砂場がほとんどないのでその様子を初観察。
c0253488_235022.jpg

(砂をすくっては貝殻を見つけて眺めて・・・の繰り返し)
  
ここバンセーンには
『バンセーン砂の仏塔祭り』という古くから伝わるお祭りがあります。
タイの正月であるソンクラーンの頃に、僧侶を海岸へ招いて町の人々がタンブンした後、
砂で作った仏塔の美しさを競うコンテストが行われるそうです。



そんなビーチからそう遠くない海辺のレストランに入ってみました。
タイ人のお客さんでにぎわっている店をチェックし、入店。

坊ちゃん、さっそくジュースに吸い付きます。
c0253488_2355043.jpg

(坊ちゃんがストローで一生懸命飲む姿、かぁちゃん大好きです)
 
海辺なので、とにかく魚介類が新鮮です
ここぞとばかりに、かぁちゃんの大好物の ヤムウンセン を注文!
c0253488_2361052.jpg

(エビもイカもとーても美味しい! 食欲そそる一品です。おかわりしようかと思ったほど。)

タマリンドのスープに、牡蠣料理、焼きイカ・・・ 海鮮づくしの食事を堪能。
坊ちゃんはビーチでのタイ料理店では定番の「カニチャーハン」です。

日も暮れかかってきた頃・・・、
 厚い雲の間から夕日が浮かび上がりました。
c0253488_2363893.jpg

(真っ赤な燃えるような夕日をみたのは久しぶりでした)

ひょっこり入った料理店ですが、
眺めもよし、料理もよし、値段もよし(ローカル価格よりは高めの設定ですけど) でした。
『PAGARUNG Restaurant』
c0253488_2365234.jpg

(まるで海に浮かぶように突き出しているレストラン)

ヤムウンセンが恋しくなって、また来てしまいそうです。


【Pagarung Restaurant】
178 Bangsaen Sai 1 Rd., TEL: 03-838-2088
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-26 23:02 | おでかけ (郊外)

バンセーン ビーチ

バンコクから車で約1時間のところにあるビーチ、バンセーンBANGSAEN。
パタヤへ向かう途中、ちょうど真ん中あたりに位置します。

にぎやかなパタヤとは違って、のんびりしています。
マイカーを走らせビーチまで遊びに行ってきました。
c0253488_22584032.jpg

(バンセーンビーチの屋台や露店が並ぶ砂道を歩く坊ちゃん)

あいにくの天気だったにも関わらず、
タイ人の家族連れが気持良さそうに海水浴を楽しんでいます!

パタヤでも見られる風景なんですけど
タイ人の皆さんって、服着たまま 泳ぎます ・・・。
c0253488_225949.jpg

(老若男女、みんなそのまま海に入ってます)

水着がないとかっていう問題ではなくって、
タイ人は、普段着はミニスカートとか露出度の高い服装ですけど、
“水着になるのは恥ずかしい” という概念が(女性には)少しばかりあるらしいです。


坊ちゃん、砂浜を歩いて波打ち際へ近づいていきました。
そこにドラえもん浮き輪の山が!!
c0253488_2259449.jpg

(タイ人はみんな大好きなドラえもん。大人も子供もドラえもんファン多し)

ドラえもんの絵描き歌で書いたような、自作の浮き輪ですけど
なかなか上手に描けていて感心、感心・・・。 

それから、打ち寄せる波にビビリまくっている坊ちゃん。
20分ほど足ならしをして、タイの子ども達のように服のまま海へ入ってみることに。
c0253488_2302655.jpg

(顔を引きつらせながら足をつけてチビチビ歩き、それで終わりました。 )



海岸沿いの道には、魚介類を使ったタイ料理の屋台がズラリと出ています。
魚介類が入ったソムタムがとても美味しそうでしたよ。
c0253488_2311774.jpg

(ソムタム屋台のおばちゃんの手際のよさにも驚き)

そうそう、このビーチの近く(スクンビット通り沿い)には、
魚介類の塩漬けや日干しなどが並ぶ“ノンモン市場” があって、地元で大盛況。


バンコクから高速を使うとすぐなので、
海を眺めたり、海水浴のついでに魚介類の買物も楽しめる町だな、と新発見。



            
【バンセーンビーチ】
パタヤへ向かう途中、高速が途切れ一般道路に降りてしばらくいくと看板あり
バンコクとパタヤのちょど中間あたり(チョンブリー県)
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-25 22:56 | おでかけ (郊外)

ドゥシット動物園 (1歳)

パワーを持て余す1歳児。
困ったときは“動物” 頼みがよく効く。

“ドゥシット動物園” へ―。
もともとはラマ5世のプライベートな庭だった広大な敷地が、
憩いの場所として国民へプレゼントされたのが動物園の始まりだそうだ。

坊っちゃんは2度目のドゥシット動物園訪問。
ばぶばぶ期(生後3ヶ月)と違って、今ではきっと楽しんでもらえると期待。



外国人の入場料は大人100B、
車ごと動物園内に入り駐車(有料)できるので便利です。
c0253488_22505754.jpg

(湖に架かる橋を渡っている途中、僧侶とすれちがいました)


小さな動物が集まる一角、ウサギがぴょんぴょん跳ねてました。
タイ人の小さなお客さんと一緒に、坊ちゃんも見学です。
c0253488_22513615.jpg

(隣のお姉ちゃんに“ちょっとーほら見てみて” なんて肩叩かれたりして)

カワイイ動物ばかりではありません。
見応えのある、すごいヤツらだって、ちゃんといます。
ホワイト ベンガル タイガー(White Bengal Tiger)
c0253488_22522195.jpg

昼間、ぐんぐん気温が上がってすっかり寝そべってますけど。

この虎エリアの近くに、猿やらオラウータンがいるエリアがあり。
そこには、タイではこの動物園だけにしかいないという『レッサーパンダ』も。


次に見たのはキリン。
いつぞやのキリン餌付け記憶が鮮明なので、これくらいの距離がちょうどよい。
c0253488_22535869.jpg

(へへへー。ボク、余裕でキリンを眺められるよ。)

ドゥシット動物園には、2000頭をこえる動物がいるらしいですけど、
最近の日中は、かなり暑い。   全部は見られません・・・。
c0253488_22543549.jpg

(坊ちゃん象は慣れたもの。)


動物園を半分くらいまわったところで、母ギブアップ。
坊ちゃんコックリコックリ眠りそうになったんで、約2時間で退散~。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-23 22:56 | おでかけ (BKK)

お粥屋 ニヨーム

金曜日の夕方って、本当に道が混雑してイライラしますね。
                    
坊ちゃんを託児所(ナーサリー)に迎えに行ったあと、
家族3人でご飯を食べに行きました。

向かった先は、ココ。
時興飯店(ニヨーム・レストラン) NIYOM RESTAURANT
c0253488_22372591.jpg

(SILOM PLAZA内にあるいつもにぎわっているレストラン)

もともと、タイで働いているとぉちゃんの友人から教わった店で、
お粥が激ウマ なのです。

店先には、豚肉の腸詰め薫製や干し魚など、食材がずらーりと並びます。
c0253488_22374784.jpg

これらは、お粥とともに食べるおかずとして絶妙な組合わせでテーブルに上がります。


例えば、メニューの一部を紹介しますと・・・
「干し魚とヤシの実を入れて煮たもの」
「梅干しと中国魚の頭を蒸したもの」
「魚の胃袋を醤油で煮たもの」        などなど。 (メニューは日本語も併記)

私たち家族の大好物が、これ。
「干し魚と豚ひき肉蒸し」
c0253488_22381565.jpg

(干し魚の深い味と、肉のプリプリ食感、ショウガ味が最高の一皿)

単品では濃い味付けで、お粥に入れて食べると何杯でも食べられます。
いつも大人ならお粥2~3椀って感じです。


離乳食が始まった頃、緩い食事=(離乳食みたいな)が外で食べられる店として
とぉちゃんに初めて連れて来てもらって以来、坊ちゃんも大好きです。
c0253488_22385365.jpg

(調子がいいと、こうやって自分で食べたがります)

調理エリアの前には、新鮮な緑の野菜が10種類ほど並べられていて、
「野菜炒め」を注文したとぉちゃんは、たくさんの野菜の中から実際に見て選択。
c0253488_22402523.jpg

あっさりしたお粥を、具で自分流にアレンジできるのがよし。

胃が疲れている人、さらりと食事したい妊婦さん、離乳食中の子連れの家族、
朝方4時半までオープンしているので、飲み帰りに軽く・・・ にもよし。



【ニヨーム・レストラン】
シーロム通りとナラティワート通りの交差点から100mほど川沿いへ進んだところ。
(シーロム通り沿い「Silom Plaza内」 遼寧餃子館のシーロム通り挟んだ向かい側)
最寄りは、BTS(高架鉄道)「チョンノンシー駅」徒歩5分ほど。 17時頃開店。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-22 22:35 | 食事(レストラン)

Bie (The Star)@GRAMMY

縁があって、週に数回はお邪魔している グラミービル。

G"MM' GRAMMY (グラミー) といえば、
タイで最大手の芸能プロダクションで、巨大な音楽・レコード会社でもあり、
タイのエンターテイメント業界の約70%を占めているとか。
c0253488_22303136.jpg

(スクンビット ソイ 21にある巨大ビルです)

当然、グラミーに所属しているアーティストがオフィスに出入りすることもあり、
警備は非常に厳しいです。 ビルの中では、点在するガードマンの数に驚きます。


タイ芸能界に詳しくないかぁちゃんは誰かわかりませんが、
イイ女 オーラ 放ちまくっているモデル風の女性や、
ギョーカイオーラ出てまっせー、プロデューサー風の男性が歩いていたりします。

エレベーターに乗ると、こんな感じ。
c0253488_22313063.jpg

(すごく地味なタイプのほう。
他には所属タレントがカバー飾っている雑誌の広告とかポスターとか貼ってたり)



普段あまりTVは見ないけど、時々ドラマはチェックします。
最近は日本と同様に、歌手でありながら俳優もこなすアーティストがタイでも多く・・・
                        
でもって、タイではけっこに芸能人に遭遇することも多く・・・


とあるイベントの式典で、サプライズゲストとして出席した、
Bie (The Star) (ビー) さん。     (超拡大してみました)
c0253488_22322873.jpg

(グラミー所属の人気歌手&俳優です)

Bie は、ドラマでも出演しているし、
なんてったって、SONY Cyber-shot のCMでお馴染みで、
                      あちこちで等身大ポスターも見ます。
歌もけっこうヒットしたようで、
『Grammy Best of the Year 2007』 のアルバムにもしっかり入ってます!
c0253488_22331096.jpg

(たぶん5曲目あたりに入っていた気が・・・)

それ誰よ?って思っている方もいるかと思います。

Bie は、グラミーのオーディション「The Star」の3期生で2位入賞し、
2005年にデビューしたそう。
実際にお会いするとそこら辺の女性以上に綺麗な顔立ちでした。
和食もお好きなんだそうですよ。


かぁちゃんがLOVEの俳優“大関正義さん”が載っている雑誌を見ていると、
Bie が数ページに渡ってモデルで登場していました。
c0253488_22342471.jpg

(いい男の誌面を羽交い締めにしながら寝る坊ちゃん)

ちなみに・・・、グラミー所属で、いま日本でも話題なのは、
ICE Saranyu (アイス・サランユー)とか、GOLF&MIKE(ゴルフ マイク) ですってね!

                 Bie (ビー)も、なかなかイケてますよ.



             
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-21 22:27 | タイ社会 (人物)

美しい人@ 化粧品売り場

きょうは、野暮用でサイアムパラゴンへ行きました。

1Fのホール。
ここでよく小さなイベントや展示会を行っているんですけど、
只今『ANNA SUI』 のコスメ & 新作コレクション のショールームに。
c0253488_222056.jpg

まったくここから離れる気配がない坊ちゃん。
母の稲妻が今にも落ちようかというその時・・・
アナ・スイのお姉さんが坊ちゃんと遊び始めてくれました。
c0253488_22213170.jpg

(美人でスタイルもよく愛嬌もあり。タイの女性がモテるわけです)


バンコクのデパートの化粧品売場を歩いた方なら、気づくことですけど、
コスメ売場には、オカマ(と呼ばれる部類の美しい男性)が多いです。
                       
おそらく“元男性” と思われる彼女達が、とても美しくメイクアップしている姿をみると、
みょーに納得して、そのブランドの化粧品のスゴさを感じずにはいられません。

これまで、何度かタイのメイクアップアーティストと仕事をご一緒しましたが、
“ 女性的な男性 ”または、“ 元男性の女性 ”が多かったです・・・
  


                      
次に、Mフロアーの 化粧品売場へ行ってみました。

1歳児の坊ちゃんにとって、コスメエリアはキラキラしていて、
まるでおとぎの国の遊園地のような存在で、ベビーの頃から 大好きな場所です。
c0253488_2222411.jpg

(うひうひ喜んで歩く坊ちゃん)

日本もそうですけど、
化粧品やコスメ関係に携わっている女性は、"美しさに敏感"なので
美人が多いような気がしますよね。

そんな、高い確率で 美人に出会える化粧品フロアーで、
坊ちゃん、おいっちにおいっちに・・・腕立て伏せ です。  
c0253488_22231356.jpg

(こんな場所で気合いにスイッチオンするのは、パパ譲りか・・・)


ビジュアル的な華やかさもさながら、
とーってもいい香り=キレイなお姉さんの匂いも、好きなのかもしれません。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-20 22:17 | 暮らし

中国水餃

今夜もふらりと、“おいしい餃子が食べられる店”へ行きました。
c0253488_2214579.jpg

(在タイ歴の長い知人から教えてもらった、水餃子が特においしい店)

いろいろな具の餃子がありますが、
とりあえず水餃子と焼き餃子ってことで。
c0253488_22151895.jpg

(水餃子のぷりっぷり加減が最高です。)

坊ちゃんは、餃子 大好物です。  
具を食べて周辺の皮は残してしまう、ワルな食べ方をするんですけど、
ここの餃子では、まず皮を全部食べてから具に移行っていうスタイルです・・・。
c0253488_22154752.jpg

(水餃子の皮をおいしく頬張っている坊ちゃん)


その他、野菜炒め(インゲン豆炒め)やエビ入りチャーハンを平らげ・・・。
ひき肉あんがたっぷりのった、麺ものもかなりイケます。
c0253488_22161094.jpg

(これも熱々と食べると最高です)

母子2人でどんだけ食べるんじゃ、て感じですけど、
お腹いっぱい食べても300B前後。

『中国水餃』 って看板が目印。
c0253488_22164734.jpg




場所:ラマ4世通り(ナイトバザール向かい)沿い、
    タイ銀行の角の道を入って約10m。
   
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-19 22:13 | 食事(レストラン)

ペットショップ@ナイトバザール

タイへの引っ越しが決まってから、何が忙しかったかって、
猫2匹(うらら:濃三毛、かすみ:薄三毛)を無事にタイへ渡航させる為の準備。
 
c0253488_2285811.jpg

(洗濯物の中で昼寝をする、うららとかすみ (2歳9ヶ月))

で、次に大変だったのが、
猫飼育OKの賃貸物件を探すこと。

探せばあるもんなんですけど、とりあえず、ペット全般OKの
サービスアパートメント「Oakwood City Residence」に滞在してゆっくり選びました。

心配していた 猫エサに関しては、
ヒルズ サイエンスダイエット がバンコク都内のデパートやペットイベントで
購入することができるし、いたって犬猫を飼うのに申し分ない環境です。
                               



ペットグッズやペットを買うのに便利なのが、
ウィークエンドマーケットのペットエリアとか、ナイトバザールのペットエリアです。

昼間のナイトバザールのペットエリアへ餌や砂の買い出しに。
           (ペットエリアはバザールの奥ムエタイジムの手前にある)
c0253488_22103690.jpg

(並ぶペットショップは小さいながらも、猫タワーやエサや砂などが売られてます)

中には、動物病院もあるし、(病院はバザールでは行ったことないが)
犬猫もゲージに入っていて、購入することもできます。
c0253488_22112348.jpg


テクテク歩いていると、
坊ちゃん大喜びのわんこがいました!
c0253488_22113819.jpg

ブルドックでしょうか。  この犬は。



今年中には、本格的に立ち退きが始まるといわれているナイトバザール。
猫グッズをここで購入している飼い主としては、不便になっちゃうな。
       
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-18 22:07 |

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らし
住宅
交通
メイド
タイ社会
タイ社会 (王室)
タイ社会 (行事)
タイ社会 (人物)
駐妻
子育て
妊娠・出産
病院・病気
託児・幼稚園
ビザ関連

おでかけ (BKK)
おでかけ (郊外)
おでかけ (寺院)
市場
買物
買物(こども)
買物(デパート)
食べもの
食事(屋台)
食事(レストラン)
パタヤ
ホアヒン
チェンマイ
カンチャナブリ
クラビ
スリン
ミャンマー国境
旅‐カンボジア
旅‐ラオス
旅‐インド
旅‐ネパール
旅‐マレーシア
旅‐シンガポール
旅‐香港・マカオ
日本一時帰国
未分類

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧