「ほっ」と。キャンペーン

のほほんタイ暮らし

<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧




戦場に架ける橋

『戦場に架ける橋』とは、アカデミー作品賞の映画の題名です。

カンチャナブリのクェー川に架かる鉄橋にまるわる実話を映画にしたもので、
第二次大戦中に 日本軍が連合軍捕虜と強制労働者(タイ人 ビルマ人 インドネシア人など)に
過酷な労働を課して、多くの犠牲と引き換えに完成させた 悲劇の建造物です。

c0253488_23403439.jpg

(戦争中に完成したものは連合軍の空爆で破壊、これは戦後に架けられた橋)


なんでもこのクェー川、わずか幅200~300mほどの距離を渡って軍需品を運ぶ事が
戦いの命運を左右したそうです。 

この橋と、ビルマ(当時)へ伸びる鉄道を建設するのに、
連合軍の捕虜 約1万6千人、アジア人(タイや周辺国)労働者10万人が死亡したとのこと。



現在、クェー鉄橋を歩くことができます。
c0253488_23405388.jpg

(1mだけ、坊っちゃんも自分の足でハイハイしながら進んでみました)

私たちがこの橋を渡っているとき、欧米人の観光客の会話が聞こえてきました。
「日本軍が作らせた・・・・  」 

戦争中の出来事であったとしても、日本人の私たちとしてはひどく心の痛む瞬間です。

また、この街を訪れている観光客はヨーロッパからの人々が多い印象。
オーストラリア人、イギリス人・・・ 
元連合軍の各国からの来ている人も大勢いるのだと思う。




この橋と切っても切り離せない関係の場所、JEATH 戦争博物館。
J-日本、E-イギリス、 A-オーストラリア、 T-タイ、 H-オランダ
日本軍と、連合軍捕虜、そしてタイの頭文字と「DAETH」をかけているそうだ。
c0253488_2341657.jpg

(鉄道建設に従事させられた捕虜の住居を復元)

なかには、当時の写真や捕虜の遺品が展示されています。
竹でできた住居は狭く、ここに押し込められるように寝ていたことが想像できます。
c0253488_2342153.jpg


工事も後半になると、証拠が残るのを恐れた日本軍は撮影や記録を禁じたとのこと。
生き残った捕虜たちの証言によって描かれた拷問のスケッチ等は、ひどく残酷。

c0253488_23414886.jpg

博物館の入口の左にある小さな建物に、遺品が多く飾ってある場所があります。
捕虜だった人が生き残って帰国し、その後家族と撮影された写真が張り出されています。


目頭が熱くなりました。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-31 23:39 | カンチャナブリ

カンチャナブリ へ

『亭主元気で留守~』状態という環境なもので、
母子で小旅行へ。

行き先は、
「カンチャナブリ」 KANCHANABURI です。
バンコクから南東約130km、ミャンマー国境近く。
戦争の歴史と大自然が広がる場所で、タイ人にも人気の観光地。
 
マイカーで行くことに。 約2時間半のドライブ。
カンチャナブリ手前の街を過ぎた辺りで、『WELCOME~』の看板。
c0253488_23374363.jpg

(看板のモチーフはシンボル的な、クェー川に架かる鉄橋です)

バンコクから4号線、途中から323号線でカンチャナブリまで。
街に到着しても、メインストリートは323号線Saeng Chuto Rd ですが・・・
クェー ヤイ川寄りに並行に走るPatthana Rdはこんなふうにレトロな感じ。
c0253488_23375039.jpg

(ゲストハウス、レンタルバイク、湖畔レストランなどがある通り)


とりあえずは、宿泊するホテルへ向かいます
街中や通りにも、ホテルの案内看板はとても小さく出ているのでわかりにくい。

迷いながらやっと到着。
ネットで探して行き当たりばったりだけど、ホテルのゆぐ横が
クェー ヤイ川で、とてもローケーション抜群
c0253488_23383173.jpg

(PUNG WAAN RESORTネット価格 1泊1500B)


しばらくここに滞在しながら、
母子2人旅、カンチャナブリ巡りに励みます。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-31 23:33 | カンチャナブリ

こどもの床屋

生後10ヶ月ともなると髪も伸びてきました。

屋内遊園地“Yo Yo Land” で有名な
「Seacon Square」 に買物に行ったついでに、
こども向け床屋があったので、カットすることに。
c0253488_23244420.jpg

その名も “KID KUT” 4F 。
カットのみ 200Bだけど、まっいいか。
                  
先客がいたので、さっそく大物に乗車してその時を待ちます。
c0253488_23255024.jpg



ちなみにタイの子供たちの定番ヘアースタイルは
 「おぼっちゃまくん系」上キノコ風、下カリアゲ  。

店にあったKIDS ヘアースタイルBOOKを見せて発注。
ハッキリと『髪の毛ないのにどこ切るの?』 なんて言われちゃったりして。

それでも、襟足気になるんです。 
c0253488_23271333.jpg

(かぶりを嫌がるので裸でカット台に。黄色のスポーツカーに乗車して)

あれよあれよ・・・という間に完成です。
すっきりしました。
c0253488_23274633.jpg



c0253488_23305163.jpg

【Seacon Square】
www.seaconsquare.com
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-29 23:21 | 子育て

家事の役割分担

タイに駐在している家庭の多くがメイドと関わっていると思われます。

そのスタイルはいろいろで、
住み込みで家事のいっさいを任せてしまうタイプ、
日帰りで、日中に 掃除 洗濯 料理 子守りなど、
半日で 掃除 洗濯のみ など・・・


我が家は、通いで週3日、半日 という形態。

ただ、メイドさんとして通ってくれているプーちゃんは、
メイド業が本業ではなく、
しかも家族ぐるみで付き合いのあるタイ人の友人の1人。

駐在家庭が雇用している一般的なメイドとマダムとの間柄とは
微妙に、私たちの場合異なります。


すべての家事を委託するのではく、
できることは自分でやって、その他をプーちゃんにお願いする
“家事の分担” スタイルです。

プーちゃん、床掃除中。
c0253488_23171574.jpg

(掃除する行く先々をくっついていきます。邪魔しているともいいます・・・)

洗濯は、かぁちゃん担当。
c0253488_23183238.jpg

(たたむのは苦手なのでプーちゃんお願い~)

プーちゃん、テラスの掃除中。
c0253488_23192236.jpg

(テラスを眺める坊っちゃんと猫うらら。こちらは交互担当な感じ。)


そうこうしているうちに、家中がピカピカになりました。
こーなると、ヤツらがはりきりだします
c0253488_2320728.jpg

(安全クッションを外し、うららに「おら~おら~」と見せつけます)


日々、子供による散らかし→掃除、
いたちごっこみたいなもの。 とほほ。

なにはともあれ、プーちゃん、
 いつもありがとう。    助かってます。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-28 23:09 | メイド

カモメ観賞@Bang Pu

バンコクは海の近くのはずなのに、
ビーチには行ったけど、海をあまり見ていません。


タイ人の友人が以前連れて行ってくれて、
私たち母子とも、お気に入りになっている場所があります。

“カモメが飛んでいる海” 


バンコクのお隣のSamut Prakanサムップラカン県、
タイ湾にのぞむ桟橋『Bang Pu 』です。  

高速でグーンっとBang Na まで行った後、南下。
なんと馴染みのスクンビット通りに合流しました。(ソイ3桁というエリア)
c0253488_2335523.jpg

スクンビット通りの果てはこんなにのどかな雰囲気なんです。

スクンビット通り(3号線)を走っているとBang Pu Reorstという看板がちらほら。
  (地図でみるとスワンナプーム空港のちょうど南下した海沿いあたり)
入口のゲートは政府機関の建物の雰囲気。


さぁ到着です!!
坊っちゃ~ん  大きなカモメが飛んでるよぉぉぉ~
c0253488_235558.jpg

(クエックエッ鳴きながら、こんなに近くまで飛んできてくれます)

桟橋付近でもたくさんのカモメが休んでいたり飛んでいたり・・・
桟橋先の建物の奥にあるレストランのさらに先をいくと、目前に海!
c0253488_2354825.jpg



休日ともなると、家族連れやカップルでにぎわいます。 
以前来たときは週末でした。 大盛況でしたよ。
海岸線に沈む夕日も素敵ですって。   ←友人談


まぁ、それはさておき・・・  
気になるのは、カモメがデブということ。
c0253488_236528.jpg

(桟橋で売っているエサを高く投げると、飛びながらキャッチしにくるのです)

そのエサが、ブタの皮の揚げ物なんです。 
ビールのつまみにイケるアレをカモメにあげるのです。 びっくり。

そりゃ、メタボにもなりますよね、カモメ達。



帰路の車中では、気持ち良さそうに熟睡。
なんだかとてもとても愛らしかったので、
信号待ちの時、こっそり手をつないじゃいました。
c0253488_2374493.jpg



                       

【Bang Pu】
Bang Pu Resort の先の桟橋  Sai 1 Rd ,Sukhumvit Rd,
入口には、青地に白文字の長い看板。
Bang Puのロゴはまさにペプシ柄の中心にカモメシルエット。 
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-27 22:58 | おでかけ (郊外)

ビフォーアフター

朝から坊っちゃんも猫2匹も大暴れ。

坊っちゃんのお気に入りの椅子に寝転がる
猫かすみを追いだすのに、ひと騒動。            
c0253488_16465386.jpg

(こんな事ぐらいじゃ、もちろん場所を譲るわけもありません)

今日は大事な用事があって、午後は家にいなくてはならないのです。
だから、どんなに抗議行動に出ようと、おでかけはできません!

まさに破壊行動。 
もはや遊んでいるなんて状態ではありません。
c0253488_16474728.jpg

(なのに、かすみが坊っちゃんエリアで何か企んでいる様子)

リビングは惨状。
振り返ると、自分の場所を奪回した誇らしげな姿が。
c0253488_16484921.jpg



もうやだ。
誰がこれ掃除すると思っているんだか・・・。

っと、そこにピンポーン。

そうだった! きょうは週3日お願いしている
メイドさんのプーちゃんが来る日だったわ!
c0253488_16501573.jpg

(きょうは月曜日。タイの人々は国王生誕80年の今年も黄色シャツ続行です)

プーちゃん、ありがとう。
救世主です。



しばらくして・・・
再び、かすみが例の場所を取り返してしまいました。
坊っちゃん、獣のように、タイルをはがし抗議。
c0253488_1651275.jpg


・・・仕方がない。
もう夕方ですが、これから夕食もかねて出かけるか。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-26 16:42 | メイド

SAFARI WORLD (0歳)

「SAFARI WORLD」 へ行きました。
訳すとたしかに “ 野生世界 ” ですね。
c0253488_1617891.jpg

(サファリワールドのエントランス)

ドンムアン空港の東へ車で約30分 
  『暑いから今の時期はやめた方がいい』 と友人に言われていたものの、
時間を持て余して行ってしまいました。


入場料はタイ人価格(タイ在住者)で2つパーク計390B
サファリのみ=200B  マリンパークのみ=330B  →タイ在住価格 
 (ちなみにツーリスト価格は計700B)
             ↓
 マイカーならたぶん地元価格。
 タクシーで行くなら在住を証明できるID持参がよいかと思います。
 ちなみにチェンマイのナイトサファリではワークパーミット見せてと言われました。



タイのサファリ、侮れません。
本当にサファリパークです。

こんなにも近くにシマウマを見るができて、坊っちゃん興奮。
c0253488_1621674.jpg

(終始、「ダーッダーッダー と絶叫。10ヶ月でもわかるんだな~と感心」)

ペリカンに、バッファローに、クマ、サイ、ラクダ・・・至近距離で見られます。
ドゥシット動物園とは違います。

マイカーにダチョウが近づいてきました。
っていうか、ボンネットで巨体を休めています。
c0253488_16232356.jpg

(かわいいけど何度も車突かれました。 高級車で来ない方がいいですよ)

こんな眺めをみると、あぁ、サファリだわ、と浸ってしまいます。
ここで停車し、のんびりキリン鑑賞。
c0253488_16245235.jpg

(外は猛暑でも車内は涼しくってサバーイ♪サバーイ♪ ですから)

次に、猛獣のエリアへもそのまま突入。

いた。いた。 獰猛な王者 ライオン。
c0253488_16254653.jpg

(坊っちゃん、車の中からだから余裕です ライオン見るなり、この顔ですわ)
ネコ科の動物全般OK? みたいな余裕ぶり。



SAFARI WORLD は、
『SAFARI PARK』と『MARINE PARK』で構成されてます。

次は車を降りてマリンパークへ。
(サファリエリアでは車体が埃まみれになるので、後日洗車おススメ)

『MARINE PARK』内にも動物園あり。ワニ、猿類、ゾウ、シロクマ、魚類・・・
しかも、動物SHOWが楽しめるので大人も子どもも楽しめます。

本日のバンコクの最高気温は36度 。炎天下。
c0253488_16292365.jpg

(園内は霧吹き仕様ですが焼石に水状態で・・・)

ここらへんで、やはり友人の“今の時季はやめとけ”アドバイス
聞き入れておけばよかったと、深く後悔・・・。  暑い。



今、バンコクの地元学校は休みに入っていて、
マリーンパークにはタイの子ども達が大勢来てましたよ。 

少しでも涼しい所へ・・・イルカショー。
c0253488_16324918.jpg

(観覧席は熱気がこもってサウナ状態)

しかも、坊っちゃんったら
イルカの芸より、上にぶらさがるボールしか見てないし。

ネコ科動物、やっぱりOK?
坊っちゃん、子トラも全く平気。
c0253488_16342775.jpg

(無料じゃありませんよー 80Bね。生後1ヶ月の子トラ。ガシガシ撫でて大満足)
とても良心的で20枚くらい撮らせてくれました。

抱っこひもは無謀。 母子 互いに湯たんぽ状態。
どうしても、お子が歩くのぐずっちゃった場合・・・

便利でかわゆいストローラーのレンタルもできますので安心。
c0253488_16355826.jpg

(エントランスを入り奥の方へ、土産物屋さんの前で1h/40B、1d/300B でレンタル)

オラウータン ショーは、器用なオラちゃん達がムエタイしてました。
さすがタイ。


そして、クライマックスといえば、
“キリンの餌付けテラス” 

なかなか日本では経験できませんよね。
しかし、キリンの頭でか!
c0253488_16372490.jpg

(キリンの舌ってどす黒い色で、30cmくらいの長さなの!ベロベロ手舐められた)

キリン20本バナナあげで、
あまりの暑さに頭の血管が切れて、フラフラ状態。

これにて、退散―。




【SAFARI WORLD】
99 Ramindre Rd,km.9 Klongsamwa Bangkok10510

Expressway 出口降りて、東へ(右へ)
outer ring Rd との交差地点に看板があるが、わかりにくい。
見過ごした場合は、Ram Intra Rd を進み soi 109 を左折 、
2つ目の大きな交差点(信号なし)Liab Khlong Song Rdを右折。
その通り沿い左手にエントランスあり。

地図でみると大きな公園でどこが入口かわかりにくいが、
南側 Lab Khlong Song Rdから園内に入ることができます。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-25 15:09 | おでかけ (BKK)

本帰国の時期

この季節は、日本へ本帰国する人が多いです。

駐在妻仲間としてのお別れ以上に、仲のよかった子ども同士は
もっともっと寂しい思いをしているのかもしれません。

本帰国する友人のお別れ会に行ってきましたよ
大勢のお友達が集ったのは、Mulberry House (インターの幼稚園)です。
c0253488_1553738.jpg

(BAMBIのPlay group プルンチット班はここの教室です。
                       Soi Tonson にある素敵な校舎)

いろんな国の沢山のお友達が集まって、
お別れまでの短い時間を一緒に遊んで楽しみます。
c0253488_1563035.jpg


初ポップコーンをほおばってご満悦
c0253488_157722.jpg


お友達は園庭にある砂場でも大はしゃぎ。
バンコクでも砂場ってあるのね。初めてみました。
c0253488_1574063.jpg

(父や母も一緒に遊んでます。)


みーんなで遊んだ時間もいい思い出です。
最後は一同に集まって、飛行機のケーキをカット、一緒に食べて・・・

日本へ本帰国する兄弟は2人ともバンコク生まれ。
そう、日本で生活するのは初めてなんです。  がんばってね。
c0253488_1581740.jpg

(大くん、友くん を囲んで・・・)


タイの駐在は、3~5年の任期がほとんど。
数年滞在している間も、出会いと別れの繰り返しです。

日本人の多いバンコクとはいえ、日本とは違った特殊な環境での駐在生活を
ともにした友人たちは、親にとっても、子にとっても、
友情の絆は自然と強いものになると思います。

日本に戻っても、いい友人でいてくださいね。
ありがとう、元気でね。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-24 15:04 | 暮らし

ワット・サケート

周辺に小高い山すらないバンコク。
なのに、バンコクの街が一望できる丘があるとか。
    
「ワット・サケート」 Wat Sakhet  です。
高さ78mの黄金の仏塔がある丘の上にたつ寺院で人々は「黄金の丘」と呼ぶそう。



マイカーを走らせ、民主記念塔の近くまで。
(民主記念塔から東へ伸びるLan Luang Rd 南側、
  マハナーク運河とオンアーン運河が交わる辺りに位置)

遥か高くそびえるあの金仏塔です。
c0253488_151473.jpg

(人工の丘ですが、仏塔までえっこらえっこら螺旋階段を昇らねば)

緩やかな階段を寺院のまわりをグルグル昇っていくと・・・
そこには、まさにバンコクの景色がドドーンと広がっていました。
c0253488_1513039.jpg

(奥の方でキラキラ光るのは、ワット・プラ・ケオエメラルド寺院の屋根です)


寺院には仏舎利が納められているとのこと。
さっそく、蓮の花をお供えします。
c0253488_1514680.jpg


ここに来たからには、存分に眺めを楽しまなきゃ。
さすがは丘。
寺院の階段に腰を下ろすと最高の眺めと天然扇風機で気持ちよし。
c0253488_152396.jpg

(何人かの僧の姿もあり。とにかくボワーっと風が通り抜けていくので気分よし)

坊っちゃんは、ゆっぴと遊んでもらっています。
彼女は5月からバンコク駐在で引っ越してくる予定の友人。


まずは、これから数年住むことになる街を“ガツンと見舞い”というわけで、
えっこらえっこら昇ったわけです。


最後はやはりここ。 黄金の仏塔。
c0253488_1531985.jpg

しかし、暑かった。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-23 14:58 | おでかけ (寺院)

テウェート市場

愛情を注ぎ足りないわけでもなかろう・・・。
しかし、どうしてもテラスの植物が枯れてしまうのです。


そこで、救いの手立てを考えた末・・・
植木を増やしてなんとかすることに。

植物なんでも揃います。
「テウェート市場」  へ急行 。
c0253488_14563698.jpg

(チャオプラヤー川のテウェート船着場から運河沿いにのびる市場 )

植木市はクルン・カセム通り Krung Kasem Rdに沿って連なっています。
辺りは旧市街が広がるところで、バンコクの古き良き雰囲気も味わえます。



長細く、こんな感じで植木が売られてます。
大きめの鉢植えや、草花、サボテン・・・ とにかく安値で驚きました。
c0253488_1456547.jpg

(200mほど植木屋さんが続く。子連れはベビーカーあると便利ね。が、店内は狭し)


安いし、植木そのものも質がよさそう。 買いだわっ 買い!
しかし、困った。 どうやって持ち帰るのだ? 

運河もすぐ横を流れているし、その方面へ行く人は、小船でも使うのだろうか。
c0253488_14573654.jpg

(植木市のすぐ後ろは、パドゥン・クルン・カーヤム運河が流れている)


ここまで来たにも関わらず・・・
小さい植木ボール6個+中サイズ花鉢2個 で手を打った。
20B×6 + 60B×2 = でも 、計200Bにおまけ。  
c0253488_14575648.jpg

(植木屋さんのお兄さんとお姉さん、 坊っちゃんここでもよく遊んでもらいました)



さてさて、我が家のテラス。   
ここに 陶器の宝庫 クレット島 で買った鉢にもっと緑を植え替えてみるとしよう。
c0253488_14582192.jpg




                 
[PR]



by thailand-2006 | 2007-03-22 14:54 | 市場

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らし
住宅
交通
メイド
タイ社会
タイ社会 (王室)
タイ社会 (行事)
タイ社会 (人物)
駐妻
子育て
妊娠・出産
病院・病気
託児・幼稚園
ビザ関連

おでかけ (BKK)
おでかけ (郊外)
おでかけ (寺院)
市場
買物
買物(こども)
買物(デパート)
食べもの
食事(屋台)
食事(レストラン)
パタヤ
ホアヒン
チェンマイ
カンチャナブリ
クラビ
スリン
ミャンマー国境
旅‐カンボジア
旅‐ラオス
旅‐インド
旅‐ネパール
旅‐マレーシア
旅‐シンガポール
旅‐香港・マカオ
日本一時帰国
未分類

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧