のほほんタイ暮らし

<   2006年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧




アンコールワット

アジアを代表する遺跡の1つ
アンコールワットへ向かいました

12世紀に建造されたもので、ヒンズー教と仏教の影響を反映した
東西1500m、南北1300mの巨大な寺院遺跡です。


c0253488_11384784.jpg

(すごく暑い。抱っこヒモ、日傘、携帯扇風機を駆使して、坊ちゃんの暑さしのぐ)

聖池の前にて。
長ーい参道を歩いて近づいていくと池が広がっています。
幻想的な風景です。

近くに仏教寺院があるようで、池の横に僧たちがいました。
アンコールワットで出会う僧衣は一層鮮やかに感じられます。
c0253488_11391667.jpg



建造物としても、当然カンボジアにとっても、
かけがえのない財産であるにも関わらず、虚しい歴史のあとが残ります。

c0253488_11392243.jpg

(柱には銃痕がはっきりと刻まれています。)


c0253488_11393693.jpg

(首のない仏像の数々)


回廊には細かい彫刻でクメール(カンボジア)の歴史が
表現されています。

c0253488_11395175.jpg

(隣国ベトナム・タイとの争いが刻まれています。けっこう残酷な内容もあります)



カンボジアの暑さ(遺跡巡りは日差しを避けられる場所少なし)には、
「乳児連れの観光は無理」との助言もたくさんあったけど、
なんとかかんとかココまで乗り越えてきた。

が、このあと、内部に進むにつれ、
その意味を痛感することになるのでした。

                         
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-08 11:31 | 旅‐カンボジア

クメールの微笑み

 ドンッ
ものすごく鈍い音とともに、号泣です。

坊ちゃん、ベッドから落下しました。
大事には至らず、大きくて赤いタンコブ出現ですんでなにより。

c0253488_11404273.jpg

(後頭部に真っ赤に腫れるコブが。相当痛かったようで、しばらく思い出し泣きを繰り返してた)


そんな騒ぎから始まった、アンコール遺跡巡り。
まずは、アンコール・トムへ向かいました
クメール語で「大きな都市」を意味するアンコール・トム。
城壁+城門+仏教寺院から成る、巨大な都城跡です。

5つの城門のなかでも特に有名なのが、南大門

c0253488_11405338.jpg

(かぁちゃん父母は「THE観光客」ごとく、坊ちゃんをDVDカメラで撮影しています。)

城壁の中には、バイヨンという巨大な寺院があります。
アンコール王朝が栄えているときの造営で、彫刻の多さと雄大さが見事です。

c0253488_11411865.jpg

(坊ちゃんも遺跡巡りに参加。色彩がないので彼にはつまんなかったと思う。)

それにしても、暑い。
暑さにやられながらフラフラになりつつ、ふと壁面を見てみた。
これはーっ!

c0253488_11413488.jpg

(隣国と戦う様子を彫刻した壁。これはカンボジア(クメール人)兵。)
カンボジア兵の特徴は、大きな耳たぶとオールバックの髪型だという。

じつは・・・
坊ちゃんも、けっこう耳大きいのよね。

さて、バイヨンを中へ進んでいくと、
これ。見覚えどこかであります。

c0253488_11413855.jpg

(まさにバイヨンの顔ともいうべき「四面仏」。カンボジアのお金にも登場しているとか)
「クメールの微笑み」と言われる観音菩薩。
なんとも言えぬ笑みが目から焼きついて離れません。


まだまだ遺跡の一部。
これから、アンコール・ワットに向かいます。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-08 11:28 | 旅‐カンボジア

オールドマーケット

小さな町のシェムリアップ。
遺跡が点在することもあって、世界各国から観光客がやってきます。

地元の人々と町を訪れた人々が行き交うのが オールドマーケット。
町の南に位置していて、小さめの市場です。
屋内にひしめき合うように店が並ぶ感じは、バンコクのウィークエンドマーケットに
共通するところがあるかも。

とにかく活気であふれている!
市場内だけをまわっていると、カンボジアが抱える問題のひとつの「貧困」は感じられず、
なんと物が豊富なんだろうっと思ってしまいます。


c0253488_11154061.jpg

(野菜やくだものが所狭しと並びます。)

この市場で売られているものは、こういった食べ物だけではなくて、
日用製品全般。衣類も、雑貨も、服のお直しから、床屋まで・・・
市場の一角で、美容院を見つけちゃいました。


c0253488_1116417.jpg

(横で肉が売られていても、ここだけは美容院の世界。シャンプーもセットもここでします)


そう、小さなこの市場には何でもあります。
お次は肉屋さん。豚肉・牛肉・鶏肉それぞれ専門店がある感じですねー。


c0253488_11162790.jpg

(カンボジアはタイに負けず劣らず暑いです。かぁちゃん、肉の保存状態を気にしてしまいましたが・・・)


こういった市場の中には、みやげ物屋さんもあるのです。
売っているものは中にはタイのおみやげに共通するものがあるけれど、
格段カンボジアの方が値段が安くて驚きました。
かぁちゃん、ここで象のかばんとヤモリのかばんを格安で購入しました。

さらに、
カンボジアの人々も子ども好きです。


c0253488_11163135.jpg

(坊ちゃんを抱っこしたくてたまらない様子だったお兄ちゃん。坊ちゃんも嬉しそう)


カンボジア土産はほぼここでゲットしました。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-07 02:34 | 旅‐カンボジア

トレンサップ湖

お昼前には カンボジアのシェムリアップに到着。 

アンコール遺跡群で世界的に有名な地。
でも、ここに来たらぜひ行ってみるといいと薦められていたところがあります。

トンレサップ湖。 
東南アジア最大の湖で、ここで水上生活をしている人々がいるというのです。


c0253488_1117387.jpg

(ボートに乗って、湖の奥のほうへと進んでいきます。雨期の影響で水量はかなり増しています)

この湖上で暮らす人々は、カンボジア各地の貧しい家族だったり、
隣国ベトナムから移り住んできた(難民も含む)家族などで、生活はひどく質素です。

湖の上に家があります。
高床式の家屋で、雨期で水嵩が増えても大丈夫なつくりになっているんですって。


c0253488_1118680.jpg

(家屋は風通しがよさそうな感じ。家から釣りをしたり、ハンモックに揺られてたり・・・)


ここで、とても印象的だったのは、
子どもの笑顔が超キュートなこと。
こうやって、桶のなかに入って棒で漕いで近くにやってくるんです。


c0253488_11182194.jpg

(みんな愛くるしいです。でも「1ドルちょうだい」とせがんでいます。)

子供達は、かぁちゃんが飲んでいたジュースにも興味あり。
(湖上でボートで売りに来た少女から1ドルで購入した飲み物なんだけど)
屈託のない笑顔で「ちょうだい」と言われ、あげてしまいました。

表現が不謹慎かもしれないけど、
行動は“物乞い”に近いものがあるが、“あっけらかん”と貧しい感じ?
なんとも不思議な感じがしました。


でも・・・、5ヶ月の子どもがいる母親として、胸も痛みました。


c0253488_11183125.jpg

(ハンモックには坊ちゃんと同じくらいの赤ちゃん。世話をする子ども、母親は私達に手を差し出します)


湖上で生活する人たちのために、
日本が寄付した水上校舎(湖に浮かぶ学校)もありました。(水上グラウンドも!)


彼らに、私たちは何ができるだろう?
と考えてしまいました。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-07 01:33 | 旅‐カンボジア

シェムリアップへ

坊ちゃん、初めての海外旅行です。
いよいよ、パスポートを使うときがやってきました。


行き先は、カンボジア シェムリアップ(SIEM REAP)。
アンコール遺跡で有名な町です。


まずはタイの空の玄関、スワンナプーム空港へ
この旅行はかぁちゃんの両親も一緒です。
つまり、坊ちゃんはずーとおじいちゃんにくっついての移動というわけ。
つまり、かぁちゃん身軽というわけ。


c0253488_11195146.jpg

(おじいちゃんに連れられ、飛行機の搭乗口へ向かいます。早朝の便で、朝陽がキレイでした)


朝5時起きの坊ちゃん、飛行機に乗る前にはもうぐっすりです。
バンコク~シェムリアップはプロペラ機が飛ぶことも多いみたいです。
このたび乗る飛行機はこちら。


c0253488_11202185.jpg

(おじいちゃんに抱っこされ、ものすごい顔で寝ています。気持ちよく寝られているんだろうか?)


飛行時間はわずか50分あまり。
カンボジアに到着です。
空港で、短期滞在ビザを取ることができるんです。 写真+20ドル持参。
5ヶ月の坊ちゃんも一人前にビザ申請し、取得!


さぁ、シェムリアップの町へ飛び出します


c0253488_11202874.jpg

(シェムリアップ空港からホテルへ向かう途中の風景)

タイとの国境からも近い町シェムリアップ。
こんなにものどかな風景が広がっています。
時代をタイムスリップしたような錯覚におちいりました。

カンボジアへ訪れるときの注意項目として、「タイについてむやみに口にしないこと」とある。
時代背景の関係だろうか、近隣国との仲は芳しくないのかも。

ガイドに尋ねてみた。
すると、こんな説明をしてくれました。
「シェムリアップ SIEM REAP の SIEMは前のタイ国の呼び名で、REAPは追い出す
という意味です。つまり“タイは出て行け”という意味の町名ですよ」

もっと歴史を勉強してくるべきだった、と反省。


隣国だけに似たところもけっこうある。
言葉の発音だったり、文字だったり。
それにこんなものも。


c0253488_11205144.jpg

(道はほとんど舗装されていないなか、けっこうお客さんを乗せ走っている)

タイのトゥクトゥクのような乗り物ですね。
でも三輪車じゃなくって、二輪バイクで引っ張って走るとても原始的スタイル。


さぁ、ここシェムリアップではどんな旅が楽しめるでしょうか?
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-07 00:01 | 旅‐カンボジア

祖父と孫

いま、両親がバンコクに滞在しています。
父は昔は仕事で不在がちだったこともあり、娘にとって厳格なイメージがありました。

学生時代に親元を離れ、社会人になって、結婚もして・・・
その間にどんどん父親の本当の姿(優しかったり、涙もろかったり、スネる一面など)を知り、
娘としてはかなり笑えました。


しかし、
坊ちゃん(孫)と接する父(おじいちゃん)の変貌ぶりは、
えっ? どこのどなたですか? ってなくらい別人。
c0253488_10261649.jpg

(坊ちゃんを抱っこしたまま、離しません。暑さが和らいだといってもタイ暑いです。)

初孫は、チビッコギャング(6歳/おんな/幼稚園児)です。
                   
それでも、孫の存在が嬉しいんでしょう。
2人のこんな表情をみていると、こちらまで幸せになっちゃいます。
c0253488_10264283.jpg

(坊ちゃんの笑い顔がたまらんようで、父も目尻下がりっぱなし)

おじいちゃんと坊ちゃんは、一緒に船に乗っておでかけしました。
チャオプラヤー川を船で上っていきます。
c0253488_1027735.jpg

(サトーン船乗場から13B払って河巡りです。風が気持ちいい時季になりました)

三島由起夫の『暁の寺』で有名な、ワット・アルンも河から眺めます。
c0253488_1027426.jpg




結局、1日中ずーっと抱っこしていたおじいちゃん。
かぁちゃんがオムツ替えでトイレに行くときは、入口の外で待機するほど。

この歳でやっと実感。
これが親孝行か。   えっ?坊ちゃんの方が?
c0253488_10275394.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-06 10:25 | 子育て

ロイ・クラトーン(水燈祭)

満月の今夜は、ロイ・クラトーン(水燈祭)です。


タイ国中が今夜の燈篭流しへ向けて準備を進めていた1日。
バンコクの街中を歩いているといたるところで、
バナナの葉と花で繊細に作られた燈篭が売られていました。
c0253488_10214597.jpg

(大きさは様々、大人も子どもも燈篭を買い求めます)


ロイ・クラトーンとは・・・
豊作に感謝しつつ、
罪や汚れを水に流し魂を清めるという祈りを燈篭に込め
雨期が明けた満月の夜に川(池)に流す      

タイでは、4月の正月ソンクラーンと並んで大きなイベントの一つです。


タイの行事を大切にするとぉちゃんの薦めと、
タイ人の友人たちの「今夜は素晴らしいよ」という声に応えて、
かぁちゃん達一家も燈篭流しをすることに。


なんといっても、日本から大きなお財布=両親がバンコクに来ている

というわけで、言葉巧みに誘い、幸いなことに両親はノリノリ
やっほ~。
タイで初の水燈祭はオリエンタルホテルディナー。

ホテルでは、大きな燈篭が飾られたり(燈篭コンテストあり)、
燈篭流しに至るまでのいろんな儀式が行われている。
c0253488_10221492.jpg

(オリエンタルホテルのプールにて)

チャオプラヤー川沿いにあるオリエンタルホテル。
タイでも伝統があって最高級ホテルとして地位を確立=つまりあまり縁がない
初めて足を踏み入れたかぁちゃん、その素敵さにひっくり返りました。
c0253488_10222652.jpg

(ディナー会場までのアプローチ)


さぁ、ここからがクライマックス。
汚れ度= とぉちゃん>かぁちゃんなのに、なぜか同じ大きさの燈篭に
納得がいかない気持ちを押さえつつ・・・
c0253488_10224096.jpg

(左がとぉちゃん燈篭、右がかぁちゃん燈篭)

夫婦2人で大河に流しに行きました。
汚れを流し気持ち新たに、坊ちゃん+猫2匹、家族仲良く暮らしましょうね。


最後は、この花火です!!
c0253488_10225021.jpg

(川向かいのペニンシュラホテルと花火)

チャオプラヤー川沿いには有名ホテルが林立しています。
オリエンタルホテル、ペニンシュラホテル、シャングリラホテル、
そしてミレニアムヒルトンが協力して、
派手な花火パフォーマンスを競演


素敵な満月の夜を楽しみました。

お父さん、お母さん、おごってくれてありがと。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-05 10:20 | タイ社会 (行事)

爺婆の参上

孫とは4ヶ月半ぶりの再会です。

ただいまバンコクにかぁちゃんの両親が来ています。
坊ちゃんにとっての祖父と祖母です。

昔の記憶にある「おじいちゃん」や「おばあちゃん」というものは、
とてもお年寄りなイメージだった。
でも、こうやって両親がその立場になったのを見ていると、
なんと若い爺婆だろう・・・と思っちゃいます。



今夜は、おじいちゃんと坊ちゃんが一緒にお風呂に入りました。
産後3週間の姿しかみていないので、ずいぶんな成長ぶりに驚きの連続です。
c0253488_1018525.jpg

(お風呂でゴシゴシ洗ってもらう坊ちゃん。5ヶ月。)

こちら生後3週間の坊ちゃん
c0253488_1019539.jpg





とりあえず、
母、大助かりですわ。

おじいちゃんとおばあちゃんは、ずっと孫の面倒をみては楽しんでいます。
母、しばし休息。

毎日、こうやって坊ちゃんの見張り番をしていたうららも
しばし休息といったところかな。
c0253488_10192020.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-04 10:17 | 子育て

メイドさん考

本日は大掃除をしました。 本気でやりました。

昨日ママ友のお宅を2軒訪問して、ウチやばっ・・・と。
両家ともメイドさん(=タイでは「アヤさん」という)がいて、
突然お邪魔したにも関わらず、ピッカピッカなんです。

我が家にはメイドさんはいません
育児をしながら、なんとかやって来られました。


しかし、最近のこと。
とぉちゃん『メイドさん週3回くらいお願いしようか?』
と、育児疲れを気遣ってか? アイロンかかってないシャツに不満か? 尋ねてくる。
              (毎日通い(半日)で、4000Bくらい(約1万2千円)が給料の相場)

こう返答しています。
『自分でやるので結構です』
(小心者なのでメイドさんとモメるのが嫌 →けっこうメイドさん関連でモメ事があると聞くから)



でも・・・、今日はマジで考えちゃったな。

早朝から、坊ちゃんのプレイエリアの大掃除。
c0253488_10144748.jpg

(おもちゃを全部消毒して、布ものは洗濯してしまい、坊ちゃん泣いてます。)
どうやらウルトラマンもRODYもきょうはお呼びでないようだ。

次に、テラスの掃除。
c0253488_1015013.jpg

(細かい砂埃が舞っているようで、タイルを拭くと雑巾は汚れてる!)
柵を拭いていると、テラスにいた隣のお宅のメイドさんと目が合った。
“えっ? マダムですよね?”みたいな不思議な視線が寄せられる。
                                
おそらく、ここのアパートメントでメイドさんを雇っていないお宅はないと思う。 
                    (うち以外ね) 


いちおう、洗濯物を自分で干しているところをあまり見られないようにしたり、
坊ちゃんを中庭に連れていくときは部屋着から着替えたりしてみてる。



午後になって、掃除魂に拍車がかかってしまい、
坊ちゃんのお世話を友人にしてもらうことに。

掃除は物だけではありません。こうなったら2匹の猫も洗濯です。
いつものあのパターンで2匹をシャンプーし、フワフワ毛に →シャンプーについて
坊ちゃんは、友人とご機嫌に遊んでくれてます。超助かる。
c0253488_1015432.jpg

(洗い立てのおもちゃと、洗い立ての猫 うららとかすみ の2匹)

でも、ここまでで限界っす。
台所は手が付けられず・・・。
c0253488_10155717.jpg

(油飛び散りまくり+埃もついてる キッチン)


あ~あぁ・・・。
メイドさん、こういうこと全部やってくれるってママ友言ってたな。

今日ばかりはちょっぴりメイドさん欲したのです。

今夜は、かぁちゃんの両親がバンコクへやってくる。
実は彼ら、家事こなしが超敏速、かつ丁寧、かつ趣味(→これは父のみ)である。

とりあえずは、キッチンお願いしちゃおうっかなー なーんてね。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-03 10:12 | メイド

わんぱくミーティング

今さらですが、バンコクには日本人がいっぱい です。
在タイ邦人数は3万~5万とも言われています。(在留届なしの人も含めての予想)

タイに進出する企業の駐在員や、こちらで起業するひと、留学、
ここで活躍するアーティスト・・・等。
つまり、それに伴う家族もいっぱいというわけで。

なにが言いたいかというと、
日本人の赤ちゃんもいっぱいいるということ。



きょうは、日本人会 すくすく会(在タイの妊婦・育児する母親の会)
『わんぱくミーティング』 (月1回の同月齢ベビー集合) に参加しました

今回は狙い撃ちなので、坊ちゃんに友達ができること間違いなしの予測です。
                          

赤ちゃん ごろごろ、ごろりん。微笑ましくも、すごい光景です。
・・・と、その中に坊ちゃんのアニキを発見!
(幸い寝ていますが、起きていると見事な暴れん坊将軍っぷりで、坊ちゃんの憧れの存在)
c0253488_1093194.jpg



なにがすごいって、強い。でかい。動じない。でもって甘えん坊。
日本男児たるものこうなのだ、 という7ヶ月児。

寝ているうちに、そぉ~っと記念写真。
アニキが起きていると男同士の洗礼(頭突き)が挨拶代わり。


c0253488_1095117.jpg

(坊ちゃん5ヶ月/約8kg、アニキ7ヶ月/約10kg)
あっ、写真ではわかりませんが体格は「卓球部:アメフト部」ってな感じで。

そんなアニキとの再会もあり、新たな出会いもあり・・・
アニキ並に大きい女の子5ヶ月と、坊ちゃんの弟分にしようと企んでます♪2ヶ月
c0253488_10101041.jpg





そして、午後。
木曜日の習い事『ベビーマッサージ』へ向かいました。→ベビーマッサージ

そこでは愉快な3人衆が揃います。
c0253488_10102346.jpg

(坊ちゃん5ヶ月、お友達1号くん7ヶ月、お友達2号くん7ヶ月)

ちょっぴりお兄ちゃんと一緒に過ごして、お座りも真似っこしてみたりもして、
けれど、もっと男らしくなってほしい・・・。

だって、たくさんのベビーに出会って気づきました。
坊ちゃん、のほほん赤ちゃんすぎ。
[PR]



by thailand-2006 | 2006-11-02 10:06 | 妊娠・出産

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らし
住宅
交通
メイド
タイ社会
タイ社会 (王室)
タイ社会 (行事)
タイ社会 (人物)
駐妻
子育て
妊娠・出産
病院・病気
託児・幼稚園
ビザ関連

おでかけ (BKK)
おでかけ (郊外)
おでかけ (寺院)
市場
買物
買物(こども)
買物(デパート)
食べもの
食事(屋台)
食事(レストラン)
パタヤ
ホアヒン
チェンマイ
カンチャナブリ
クラビ
スリン
ミャンマー国境
旅‐カンボジア
旅‐ラオス
旅‐インド
旅‐ネパール
旅‐マレーシア
旅‐シンガポール
旅‐香港・マカオ
日本一時帰国
未分類

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧