のほほんタイ暮らし

カテゴリ:託児・幼稚園( 8 )




オイスカ幼稚園@バンコク

第2子出産の前後で、約3~4ヶ月バンコクに滞在することになるので、
その間、坊っちゃんの通う幼稚園も大切なこと。


バンコクには日本語幼稚園だけでも12園くらいあるから、
海外といえども日本語での保育環境には困らない感じ。

さらにインター幼稚園はもっと数があるから、幼稚園の選択肢としては
教育方針や保育時間・月謝、立地や、給食・スクールバスの有無とか、
幅広い中から選べるってこと。

でも、その中でも人気の幼稚園は、
ウエイティングがあるとかないとか、いろいろ噂は聞きます。



さて、坊っちゃんがマニラで通っているオイスカ幼稚園は、
バンコクにも姉妹園があり、期間限定編入させてもらえることに。

幼稚園の保育スタイルやカリキュラムが同じなので、
きっとすぐに馴染めるんじゃないかな、と期待しています。
c0253488_12394432.jpg

(バンコクの幼稚園にご挨拶にお邪魔しました)

坊っちゃんの大好きな砂場もあり、(砂場がある幼稚園はごく稀@マニラ)
ご挨拶に同行していた坊っちゃん、さっそく駆け寄ってました。
c0253488_1240118.jpg

(清潔に保たれていて、緑も多い園庭の一角にあります)



その後は、友人と一緒に、甘いものでも食べてリラックスしよう、ってことで、
トンローソイ13にある「After you」へ。
c0253488_1241408.jpg

(ちょっとどころじゃなく、がっつり食べました)

オイスカバンコク幼稚園もずいぶん気にいった様子。よかった、安心。
園庭を駆け回って、ご機嫌の坊っちゃんでした。
c0253488_12421942.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2009-11-16 12:36 | 託児・幼稚園

Littele Maple Nursery

安心して子供を預けられる場所がある―。
これはバンコクで育児をしていて、重要で、また恵まれたことでした。

バンコクで育つ日本人の子供たちは、
1歳半~ Pre-school などの学校へ通うことができます。

“BAMBI”などが主催する Playgroup へ出かけてみたり、
日本人幼稚園やインターナショナル幼稚園が行っている プレイグループや、
園庭開放もあったりで、友達作り+子供遊びの環境は豊富だと思います。



坊ちゃんは、ナーサリー(託児所)を選択しました。
体験入学や転園なども経験し、辿り着いたのが、ここ。
 『Littele Maple Nursery』 でした。
c0253488_15162289.jpg

(スクンビットエリア・シーロムエリアに教室あり) 
                    参照:www.littlemaplenursery.com

我が家は、日中の長時間 坊ちゃんの世話をするメイドさんがいたわけではなく、
さらに、不定期、不規則な時間で、ママが外出をすることもあったりで、
ナーサリーの 朝7:00~夕方6:30 という開園時間は、融通が効いて大助かり。

ナーサリーで調理した給食、昼寝やおやつタイム、生活習慣の教育、
外遊びの時間、英語での保育、季節毎の社会見学アクティビティー・・・

恥ずかしながら、初めての育児で、足りない母親の子育てを、
多角的にサポートしてもらっていたのも事実です。   
c0253488_15242932.jpg

(坊ちゃんのシンボルマーク“PIGGY” 印の靴箱)



タイを離れる前日までナーサリーに通うことを希望しました。
きっと坊ちゃんも、託児所の先生やお友達もそうだろうと思ったからです。

夕方3時。
とうとう、最後のお迎えの時間がやってきました。

坊ちゃんは、みんなで中庭の横でおやつタイムを過ごしていました。
いつもと様子が違う先生からの “ バイバイ ” のハグに、坊ちゃん気づきません。
c0253488_15261928.jpg

(育児経験を活かしたアドバイスをくれるイギリス人の英語の先生)

坊ちゃんが最上級で大好きだった Jam先生
ママに叱られた後、Jam先生に登園直後に飛びつき得意顔をする坊ちゃんでした。
c0253488_15264072.jpg

(このあと号泣し、坊ちゃんとの別れを寂しがってくれた先生)

毎日毎日の坊ちゃんの大事な場所だったナーサリー。
たくさんのお友達と遊んで、お勉強した楽しい場所。
c0253488_1527383.jpg

(先生やお友達にバイバイして、園舎を振り返る坊ちゃん)

ありがとうございました。
バンコクに来たら、必ず立ち寄ります。


子供を預ける母親にとっても心強い場所でした。
つい、かぁちゃんも号泣。
[PR]



by thailand-2006 | 2008-09-29 15:14 | 託児・幼稚園

オイスカ日本語幼稚園

タイに在留届を出している日本人の数だけでも、4万人を越えているそう。
届けを出していない在タイ日本人も多いので、実際は5万人超と思われます。

在留する世帯が増えれば、子供も数も多い。
というわけで、バンコク日本人学校(泰日協会学校)の生徒数も、
日本人学校(1校分)としては世界最多だそうで・・・。


タイへ来て驚いたのが、『日本人幼稚園』の存在。
現在、バンコクに12園も日本人幼稚園(日本語で保育)があります。

遠い昔、とある欧州の国に暮らしていた私。
妹は現地の幼稚園しか選択肢がなく、異文化の中へ放り込まれ通っていました。
日本語もままならない幼少時だったので、妹はかなりビビっていました。

と考えると、今は海外暮らしでも恵まれた育児環境があって本当に助かります。




たまたま縁があって、何度かお邪魔している オイスカ日本語幼稚園。
今年2008年1月に開園したバンコクでは最も新しい幼稚園です。 
                        (幼稚園の許可を得て、写真/情報を記述)
c0253488_0511664.jpg

(エカマイ ソイ 4にある邸宅風の幼稚園。
            前 Harrow International Scool がオイスカ幼稚園に。)

多くの情報誌に掲載されているので、ご存知の方も多いと思いますが、
20年前に香港に日本語幼稚園を設立して、上海やマニラなどを次々に開園、
バンコクは8園目になります。
(日本人学校に付属する日本語幼稚園として依頼され設立にいたったとのこと)

海外でのNGO活動をする「OISCA」が母体となって運営している幼稚園です。


他国のオイスカ幼稚園がとても評判がよく、
              その人気の秘密は何なのか気になっていました。


お邪魔する時は、いつも坊ちゃんナシなんですけど、
坊っちゃんも今年2歳を迎えるにあたって「幼稚園選び」は他人事ではありません。
1児の母としての目線で、幼稚園を見てみたりもします。

へぇ~ と思ったのは、
『子ども達が野菜を育てている 畑』 があること。
c0253488_0532756.jpg

(キュウリや大根などを園内でただいま栽培中)
「食育」=食べること、を子ども達とともに考えたいってことで。


子ども達の様子を少しのぞいてみると・・・
きゃ~ やりたい放題 超楽しそう。

水に、絵の具に、何がなんだかわからないほどにごっちゃまぜ!
とーても楽しそうに描いたり作ったり。
先生も子ども達も一緒になって創作している姿がなんとも良い。



先生がはつらつとしている
子どもを預けるときに、大切なことの一つだと思います。  

他国のオイスカ幼稚園から転勤してきた先生とお話しすると、こう言っていました。
『その子のもつ探究心をのばしたい!』 と。 オイスカの教師は皆日本人です。

c0253488_0542853.jpg

子どもの仕事は、おもいっきり遊ぶこと。

規則や学習はおいおい身に付いていくもの。
遊びのなかから身に付くことの方が大切な時期ってありますよね。

坊ちゃんには、ぜひそうあってほしいな、 と思っています。



今は毎週 火曜、水曜、土曜の9時半~
オイスカ幼稚園の園庭解放中!(予約不要)

月曜、木曜、金曜の10時~11時半開催中!(有料)
新学期に向けて、プレイグループ。


                       一度、親子で遊びにいってみてくださいね。 

オイスカ幼稚園
エカマイ ソイ 4入って約100m 左手。 (ソイ 6(Big-c 角の道)からでも入れます)
電話  02-381-8721
メール oiscathaikinder@hotmail.co.jp
[PR]



by thailand-2006 | 2008-03-07 00:46 | 託児・幼稚園

新ナーサリー登園

突然の高熱は3日間ほど続きましたが、すっかり熱も下がり回復しました。

そこで、延ばし延ばしになっていた
坊ちゃんのナーサリーの新設された“新教室”へドキドキの初登園です。

大通りから少し入っていくと・・・、大きな邸宅が並びます。
その一角に、新教室がありました。
c0253488_14574987.jpg

(この託児所は家庭のような環境の中で、生活習慣を遊びながら学ぶという方針です)

坊ちゃん、ナーサリーの場所が変わって、ちょっぴりオロオロ。
教室の中へ入っていくと、いつもの優しい先生方に迎えられ安心した様子。

普通の邸宅をナーサリー仕様にリノベーションしたスタイルで、
遊びの部屋、リビング風の部屋、食事の部屋、昼寝の部屋、奥には庭や砂場もあります。



さぁ、坊ちゃん今日からここでいっぱいお友達と遊ぼうね。
ばいばーい。 
c0253488_14584134.jpg

(かぁちゃんが帰ろうとするとべそをかき始めました)


新教室の立地上、
この周辺に勤める人の子ども達(タイ人or 日タイハーフの子)が多いようです。

また、(日本人の子どもでは)お父さんが出勤とともに子どもを連れてきて、
夕方にお母さんがピックアップに来るというスタイルもあるとか・・・ なるほど。



じゃ、坊ちゃん、
夕方に迎えに来るねー 
[PR]



by thailand-2006 | 2008-02-04 14:55 | 託児・幼稚園

ナーサリー転園

坊ちゃんが日々楽しく通ってきたナーサリー(託児所) 。

ここ2ヶ月は、長期旅行などが重なって
お休みすることが多かったんですけど、ナーサリー通い再開です。
c0253488_1483497.jpg

(香港の上海灘(シャンハイタン)で買った 通園リュック)

久しぶりの同じ年頃の子供たちとの遊びで、大ハッスルした様子。
昼過ぎに迎えに行ったときは、この通りぐっすり夢の中・・・
c0253488_1484798.jpg

(0~1歳児用のお昼寝ルームでお友達と眠る坊ちゃん)



じつは、坊ちゃん、
この通い慣れたナーサリーに来るのは、きょうが最後なんです。
ナーサリーが今月から、新しい教室を別エリアにオープンさせました。

坊ちゃんはその新教室の方へ通うことになります。


同じナーサリーの教室違いってことで、先生も数人があちらへ異動。
大好きな園長も、ときどき新教室に来るとのこと。 ホッ 
c0253488_1494179.jpg

(園長と、先生に抱っこされる坊ちゃん)


どうもありがとう。 お世話になりました。
これからもどうぞよろしく―。


   
                 
[PR]



by thailand-2006 | 2008-01-28 14:06 | 託児・幼稚園

託児所“KIDO”@ CWP

金曜日。

バンコクはそこここで渋滞が勃発していますけど、
毎週金曜日は、夕方になるとどこもかしこもとくに渋滞します。 
 
普段、金曜日の坊ちゃんのナーサリー(託児所)のお迎えは、
夕方の早い時間のうちにと心がけています。                   

ところが、不幸なことに・・・
金曜日+月末+給料日後 という3拍子が揃ってしまい・・・。



きょう用事があるセントラル ワールド プラザ(CWP)に一緒に行って、
CWP内の託児所に臨時で行ってみよう。 すると時間と労力のロスが激減

そこで、ここ。 
託児所 『KIDO』
c0253488_13405279.jpg

(CWP 6F 。トイザラスのすぐ近くにあります)

CWPの教室は初めての利用だったんですけど、
特にデポジットみたいなものは不用。 
預かり時間 250B/時間   
         (半日/650B、1日/750B もあって得だけど、要予約電話)

ちょっと高めだけど、こんな日はそれでも大助かり。



・・・2時間後。
c0253488_1344231.jpg

(坊ちゃんプレイグループ中)     撮影許可あり

なかなか いい感じで、お友達と一緒に絵本を読んでもらっているなぁ
っと思ったのもつかの間・・・。
c0253488_13453581.jpg

かぁちゃんを見るなり号泣しながら突進してきました。
話をきくと、母親を定期的に思い出しては泣いての繰り返しだったとのこと。
                           坊ちゃん、すまんの。

馴染みの顔がある、いつものナーサリーが坊ちゃんにとっては1番だったね。
でも、ちょっとした時間、子どもを預けられるKIDOはありがたい存在です。


その後、そのままいつもの流れで トイザラスへ。
ビービー泣きすぎて顔が腫れてます。
c0253488_13464350.jpg

                



おまけ―。
今日の地元紙を見てみると、昨日行われた ナタリーとパラドーンの挙式
の写真がどどーんと一面に。        お幸せに~
c0253488_13471093.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2007-11-30 13:47 | 託児・幼稚園

ナーサリー通園中

わずか7ヶ月でナ―サリー(託児所)デビューを果たした坊っちゃん。
出だしは快調で、このままナーサリーに楽しく通園できる・・・と思っていました。

ところが、その後、
ママ追い の月齢に突入してしまい
日本へ一時帰国 なんぞしている間に、すっかりママベッタリ乳児に変身。

1歳(12ヶ月)になる頃に、復活じゃ~!! と気合いを入れてみたものの・・・
友達や先生と楽しい時間を過ごす、という目的も感じられないくらい
号泣の日々は続いてしまい・・・。

ナーサリーによって、こどもとの相性もあるかもしれない。 と考えなおし、
ナーサリーを変え、トライアルを経て、再挑戦。
(決して前通ったナーサリーに落ち度があったわけではなく、
託児スタイルや先生、カリキュラム、周囲の人種・性格などが子供と合うかどうか)




そして、現在・・・
毎日毎日、坊っちゃん 楽しく通っているんですよ
c0253488_14591619.jpg

(坊っちゃん専用の下駄箱。)

1~5歳までの子どもたちが通うナーサリーでは、いろんなことを学んできます。
最近のおしゃべり現象も、ダンスの上達ぶりも、おもちゃでの遊び方の幅も・・・ 
なによりグッスリ夜寝ること!
 
1日、1日、その変化と成長ぶりを感じることができています。
きょうは、お別れの時に『サワッディー カップ』と手を合わせることができました。
c0253488_150342.jpg

(先生にお別れ挨拶をして、ご満悦な坊っちゃん)


ナーサリーで過ごす時間は、日によって(ママの都合なども含め) 違います。
早めのお迎えに行って、こっそりのぞいてみたりしました。
お昼寝から覚めて、英語のお遊びレッスンで大はしゃぎの最中にお邪魔。
c0253488_1511527.jpg

(ママの姿を発見して、猛ダッシュで近づいてきた坊っちゃん)

何より、嬉しいのは、
ナーサリーから毎日手渡される 保育日誌 です
いつも速攻で "坊っちゃんどう過ごしていたんだろう" と読んでしまいます。



いろいろ賢くなっていく分、喜怒哀楽もハッキリしてきまして・・・
家では、ワル乳児 全開ってこともしばしば。
c0253488_1514141.jpg

(大声で叫んで、キッチンにいるかぁちゃんを呼び寄せます)

いいこともいっぱい。
同じナーサリーに通うガールフレンドとは、より仲良しに。
c0253488_152478.jpg



バンコクは、数多くのナーサリーがあって、スタイルも様々です。
その中から子どもに合った所を選べる贅沢、
待機することなく、希望通りに預けることができる環境も育児ママには嬉しい限り。

坊っちゃんが楽しそうにしているので、
このままナーサリー通園は続けるつもりです。
[PR]



by thailand-2006 | 2007-10-08 14:51 | 託児・幼稚園

託児所デビュー

坊っちゃん託児所デビュー(Baby Day Care)しました。

ママは特別忙しいわけでもないんだけど、坊っちゃんパワーに
ついていけない気がしてしまって・・・

また、母子でずっといるより
お友達との絡みはどうかな? と気にもなって。


今朝は6時からずっとこんな調子。
c0253488_22405123.jpg

(おもちゃ棚から絵本や積木やぜんぶ引っ張り出してパワー全開)


そこで無料の入園体験へ参加することに。
知り合いの方が、ずいぶん前から薦めてくれていたナーサリー(Day Care)で、
初回は迷わずここを選択しました。


バンコクでは日本人幼稚園・インターナショナルスクール・タイの幼稚園と
選択肢も様々だし、
Pre schoolに1歳半くらいから入園する子どもも多いよう。

それより小さいベビーは、、ナーサリーはいくつもあれど1歳未満は不可というところも。
このたび坊っちゃん7ヶ月ですが、受け入れてもらえました。
しかし、どうやら在園児のなかでは7ヶ月は最年少とのこと。
c0253488_22425112.jpg

(お姉ちゃんたちが工作するのを離乳食を食べながら眺める)



3時間後・・・
こっそり覗いてみると、なんとも勇ましい坊っちゃんの姿がありました。
c0253488_22431774.jpg

(お姉ちゃんたちにハイハイをお披露目。)

c0253488_22434249.jpg

(これまでの坊っちゃんとは別人のごとく、お友達にアタック!!)

ここに集う子どもたちは多国籍です。
会話は英語(中にはタイ語を話す子も)ですが、充分に子ども同士交流してます。


大はしゃぎして遊ぶ坊っちゃん(お兄ちゃんお姉ちゃん達に遊んでもらってる)をみて、
よかったなぁー、体験入学。とつくづく思いました。


でもって、帰り際に、
『ブーンチュー(坊っちゃんのタイ名) ByeBye~』とお友達に手を振られている
息子を見て、 母  感激。

おっお友達ができたのねぇぇぇ~ 坊っちゃ~ん。




これからたびたび通ってもいいかな。
c0253488_2245199.jpg

[PR]



by thailand-2006 | 2007-01-10 22:37 | 託児・幼稚園

バンコク駐在+出産と子育て ふだんの生活・食べもの・ひと・お出かけ情報など 何でもありのつぶやき日記です
by かぁちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らし
住宅
交通
メイド
タイ社会
タイ社会 (王室)
タイ社会 (行事)
タイ社会 (人物)
駐妻
子育て
妊娠・出産
病院・病気
託児・幼稚園
ビザ関連

おでかけ (BKK)
おでかけ (郊外)
おでかけ (寺院)
市場
買物
買物(こども)
買物(デパート)
食べもの
食事(屋台)
食事(レストラン)
パタヤ
ホアヒン
チェンマイ
カンチャナブリ
クラビ
スリン
ミャンマー国境
旅‐カンボジア
旅‐ラオス
旅‐インド
旅‐ネパール
旅‐マレーシア
旅‐シンガポール
旅‐香港・マカオ
日本一時帰国
未分類

検索

ブログジャンル

最新の記事

クロコダイルファーム
at 2012-01-25 09:53
SIAM OCEAN WOR..
at 2012-01-24 13:34
ラチャダムリへ引っ越し
at 2012-01-22 11:03
PLATINUM Fashi..
at 2012-01-21 15:31
Central Chidlo..
at 2012-01-20 09:43
大型車輪のベビーカー
at 2012-01-19 14:07
オオトカゲ捜索
at 2012-01-18 13:40
再生! Central Wo..
at 2012-01-17 12:19
40度越えの発熱
at 2012-01-16 11:38
Northern Villa..
at 2012-01-15 22:35
Chiangmai Zoo
at 2012-01-14 14:33
ワット・プラタート・ドイ・ス..
at 2012-01-14 13:46
モン族の村
at 2012-01-13 13:25
Mae Sa Elephan..
at 2012-01-12 12:33
Fern Paradise@..
at 2012-01-11 22:12
日本‐タイ(チェンマイ)渡航..
at 2012-01-10 22:28
タイガーテンプル@Natio..
at 2010-09-13 22:44
お宮参り @ ワット・ポー
at 2010-05-24 22:39
外出禁止令 @ バンコク
at 2010-05-19 13:06
パスポート取得@ 生後1ヶ月
at 2010-05-17 13:15

お気に入りブログ

画像一覧